キヤノンが新しい高倍率ズームレンズを開発中?

Canon Rumors に、キヤノンの高倍率ズームに関する噂が掲載されています。

Superzoom Development Mentioned Again [CR2]

  • 新しい高倍率ズームに関する、以前とは別の情報を得た。焦点距離に関する情報は無く、このレンズがEF28-300mm F3.5-5.6L IS の直接の後継機かどうかも聞いていない。

    我々は開発されているレンズはシネマEOS用で、スチル用ではないのではないかと思っている。EF28-300mm F3.5-5.6L IS が、これ以上の新型のための開発費を正当化するほど人気があるとは思えない。

 

現行の28-300mm F3.5-5.6L IS は高価で大きく重いレンズなので、キヤノンにもニコンやタムロンの28-300mmのような、もう少し安価で手軽に使えるフルサイズ用の高倍率ズームがあってもいいかもしれませんね。

Canon Rumors はシネマレンズの登場を予想しているようですが、EFシネマレンズには既に高倍率ズーム(CN-E30-300mm)がラインナップされているので、ここはスチル用レンズの登場に期待したいところです。

2015年11月10日 | コメント(15)

コメント(15)

EF28-300mm F3.5-5.6L ISは私の使い方では他に代わるものが無いので非常に多用するレンズですが、重さと画質はもう少し改善して欲しいですね
重さは一本で賄えることで帳消しとしても画質はもう少し今風にして欲しいです。
望遠側ではF8くらい絞らないと周辺部が悪すぎます
暗いシーンでは困ります
昔の35-350とかの方が使いやすかったりしますが…
できれば50-400なんか作ってくれたら非常に重宝します

フルサイズ向けの高倍率ズームも悪くないですが、APS-C入門機を使う人向けに17-300とかの高倍率を出した方がいいような…?

現行機は大きく、重く、画質もイマイチときて人気がある訳がない。
ただ、高倍率ズームの需要はあると思いますので、新レンズには期待したい。

私もsabaさんと同意見で重さ大きさはある程度仕方ないとして画質面で向上したレンズを出してもらえればと思います。
携行しやすさで勝負するとなるとタムロンやAPS-Cでの高倍率ズームとの比較になりそれらには多分価格面でも手軽さでも対抗できないでしょう。
現行28-300より大きく重くなっても画質に最近の画素数に見合うような向上があれば需要はあると思うのですが。

EF-S18-200 IS STMの可能性の方が高い気がする・・・

>EF-S18-200 IS STMの可能性の方が高い気がする・・・

価格次第だと思うけど、シグマやタムロンが300mmまで出してるので、さすがに200mmでは物足りないねぇ。

一時期、EF-s18-300ISSTMの噂もでたけど、どうなったんだろう。価格面で折り合いが付かないのかなぁ。
シグタムの値段からすると定価10万円以上になりそうだけど、APS-C機を買うような層の人はレンズにそこまで出す人は少ないだろうなぁ。

キヤノンは高倍率ズームレンズに消極的なメーカーだと思っていたので、この噂が本当ならうれしいです。

EFレンズでもEF-S,EF-Mでも高倍率ズームの需要はあると思うので。

私はEF-S18-200 IS STMもアリだと思いますよ。
EF-S10-18mmみたいに、プラスチックレンズを使ってビックリするような軽いレンズを作ってくれないかなぁ。

28-300L、使用頻度が一番高いレンズです。
重いのは、ネオプレーン素材のストラップを使っててます。
画質に関しても、98%がL版でのプリントなので、
気になりません。
でも、最近のキヤノンのサイトを見るとLレンズばかりなので、
メーカー純正として、もう少し値段を抑えた廉価版のレンズを希望します。
そういう意味で、28-300の廉価版を出してほしいです。
当然、EF-SとかEF-Mではなく、EFで出してほしいです。
実売が10万以下なら嬉しいんですけどね…

こういう高倍率ズームこそdoレンズ使って軽く仕上げて欲しいものです。

広角側いってほしいなぁ。。先日特許でてたEF-S15-105希望!!

以前の催し物でキヤノンの方に聞いたことがあるのですが、高倍率ズームはキヤノンとしては許容できない劣化だとか

EF 24-250㎜ F3.5-5.6L IS USM が 良さそう?

「エンジニアの嗜み」にて、24-300mmのパテント公開の記事が取り上げられていますね。
出願日・スペック含めて現実的な気がします。

ハンドリング重視の高倍率ズームならEF-Sが好適かと思いますが
EF-S18-200mmでも定価89,000円ですからね。
ここにさらなる倍率やフルサイズ対応などがのっかるとなると
本当に価格面が怖いです。

強力な50-500が欲しい。。。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2015年11月10日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンパス7-14mm F2.8 PRO は中央の解像力は際立っているが像面湾曲が大きい」です。

次のブログ記事は「ニコンの新製品に関する噂のまとめが掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る