ツァイスOtus 1.4/28 は高解像力だがボケがうるさい

ePHOTOzine に、ツァイスの大口径広角単焦点レンズ「Otus 28mm F1.4(Fマウント版)」のレビューが掲載されています。

Zeiss Otus 28mm f/1.4 APO Distagon T* Review

  • Otus 28mm F1.4 の最初の印象は、大きく重く豪華なレンズだということだ。鏡筒の仕上げは見事で、フォーカスリングは絹のように滑らかに動く。絞りリングは実に素晴らしい造りで、固いが使いやすい。
  • 解像力テストでは、中央は開放から既に高い値で十分に実用になる。絞ると解像力は徐々に改善し、F4で素晴らしい値になり、F11までこの値が維持される。F16では若干解像力が落ちるが、まだ完璧に実用になる。このレンズの解像力のピークはF5.6からF11だ。
  • 隅の解像力は中央に近い値だが、若干後れを取っている。しかし、この値はハイレベルで、見た目の印象としては隅から隅までシャープだ。隅の解像力のピークはF5.6からF11で、F16ではわずかに解像力が落ちる。このレンズは、画面全体の均一性が非常に高い。
  • 倍率色収差は、画面全域でおよそ1/2ピクセルで、驚くほど低い値だ。倍率色収差は、明るい空を背景にした木の枝でさえ目立たず問題はないだろう。
  • 歪曲は-1.3%タル型で、まずまずだ。歪曲は、必要なら後処理で容易に補正できる。
  • 逆光では、冬の低い太陽が直接レンズに入った場合でもフレア耐性はほとんど完璧だった。太陽が画面内でも画面外でもフレア耐性は良好で、コントラストも良く維持されている。
  • 玉ボケは若干うるさく、特に枝のようなものの後ボケはそれほど滑らかではなく、うるさく感じる。
  • このレンズのクオリティは見事なものだが、非常に大きく重い。もし、F1.4の大口径が必要で、これだけの金額を払う余裕があるならく、他に問題なのは、大きさと重さのために手軽に持ち運べないことだけだ。Otus28mm F1.4は、クオリティの面では28mmのレンズの中でベストだ。
  • 良い点: 高解像力で非常に均一性が高い、色収差が非常に少ない、画像が素敵に感じる、美しい造り、歪曲が小さい。
  • 悪い点: 価格が高い、ボケがうるさい、大きく重い、MFのみであること。

 

Otus 28mm F1.4 は、大口径の広角レンズにもかかわらず開放から隅の解像力がとても高く、これなら開放から十分に実用になりそうです。色収差もよく補正されていて、逆光耐性も優秀のようですが、ボケのうるささが指摘されているのが気になるところですね。サンプルでは、ボケ味が見て取れる作例が少ないので、もう少しサンプルを見てみたいところです。

2015年12月20日 | コメント(2)

コメント(2)

絞り開放から収差もみられずシャープですね
個人的には開放はもうちょいふんわかしててもいいのだけれど

>特に枝のようなものの後ボケはそれほど滑らかではなく、うるさく感じる。

作例を見ると「滑らかではない」程度じゃないですね
人によってはかなり厳しい評価をすると思います
撮影条件に気をつけないといけないですね


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2015年12月20日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーRX1R II のサンプル画像が多数掲載」です。

次のブログ記事は「ニコンD5がフランスの販売店で展示中?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る