リコーイメージングが間もなく「GR II Silver Edition」と「マクロコンバージョンレンズGM-1」を発表?[内容更新]

読者の方に、リコーGR II シルバーエディションと、GR II / GR用のマクロコンバージョンレンズに関する情報と画像を提供していただきました。
  • リコーイメージングが、間もなく「RICOH GR II Silver Edition」と「GR II / GR用 マクロコンバージョンレンズ GM-1」を発表する。
  • RICOH GR II Silver Edition
    - 全世界3200台限定
    - 発売日: 2016年3月18日
  • RICOH GR II / GR用マクロコンバージョンレンズGM-1
    - 撮影可能距離範囲: フィルター枠前面から3.5-8.5cm
    - 最大撮影倍率: 0.35倍
    - 発売日: 2016年3月18日

 

リコーイメージングからは、ペンタックスブランドの製品以外にも、GR関連の新製品も発表されるようです。GR II Silver Edition は、以前のGR Limited Editionに比べるとオーソドックスなカラーで人気がでそうですが、限定なので、入手したい方は早く予約した方がいいかもしれませんね。

あと、マクロコンバージョンレンズは0.35倍の倍率があるので、結構本格的なクローズアップ撮影が楽しめそうです。

[追記] SilverEditionとマクロコンバージョンレンズの発表は2月16日とのことです。
-----------------------------------
情報と画像を提供して下さった方ありがとうございます。

GRII_silver_001.jpg

GRII_MacroConverter_001.jpg

2016年2月15日 | コメント(17)

コメント(17)

銀色、カッコいいなぁ。ええなぁ。
GRD2時代に購入したワイコン持ってますが、GRは単体での完成度と携帯性があってこそ、とも思うので、最近めっきり出番が減りました。僕はマクロコンバージョンレンズを持ち歩く位なら一眼レフにマクロレンズ付ける方を選ぶかなぁ…。

テレコンも出して欲しい
35mm、50mm、85mmくらい揃ってると一眼の出番が減るのに。

シルバー、シブくてかっこいいっすねえ・・・
最初から通常モデルとしてラインアップしてくれていたら良かったのにw

全世界3200台限定!?
GRのファンは多いですから値段差が相当なければ早期予約でも入手困難になりそうですね。

いま自分が持ってるGR1そっくりでびっくりです。
とはいえ、GRは次のモデルまで待ちが正解な気がします。

GRⅡは限定販売というのが多いな。
このコンバージョンレンズが出たのきっかけに、ワイコン等設定の切り替えをワンボタン登録できるようになるといいけど。

角のところちょこっと塗装削って、真鍮生地もどきの金色塗装を挿した「偽貫禄」加工したら格好良さそうですね。

こういうの見ると、K-1も限定でシルバーが出るだろうなと今から確信してしまいますね。

シルバーエディションカッコイイですね。
GRはAPS-Cになってから寄れなくなったといわれていたのでマクロレンズは有り難いです。

シルバーいいな~
これは欲しい!!

GRのワイコンはDP merrill に最適と言われてるけど、このマクロコンバージョンレンズもmerrillで使えるかな?


メインが黒なので 明るいカラーリングは惹かれますね
2006年の天使モデルも好きですが
最近のシンプルなデザインも 落ち着いて良い感じです

GM-1 ?!
マクロ・キター!!って感じです。

コンポーネント化が進んできました。
テレコンも出してくれたら、もう一眼を少し整理しようかな?
って気にもなりますね。

ズームレンズはいらないって人には、
コンバージョンレンズが充実すれば
GRって、ある意味ミラーレス1眼・一眼キラーかも?って最近思います。

連投失礼
このタイミングでの投入はX70への牽制では?とも思いました。
正直X70に少し関心が向いていましたので。

シルバーエディションは本体だけでしょうかね?
フードやらアダプターやらケースやらが付属で
高値になるのは御免です。

シルバーいいですね。GR Limitedのような樹脂製のグリップのを心待ちにしているのですが、ぜひまたLimitedで樹脂製グリップで違うカラーのも出してほしいです。

マクロコンバージョンレンズは面白そうなので、買ってみようかな。
テーブルフォト撮影の際、少し離れて撮った後、RAW現像過程でトリミングするだけでも画質的には満足なのでどうしましょう。

でもマクロコンバージョン云々となると、手ぶれ補正機能の必要性を余計に感じます。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2016年2月15日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パナソニックが「DMC-GF8」を正式発表」です。

次のブログ記事は「ペンタックスK-1の詳細スペック」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る