リコーイメージングがアクションカメラ「WG-M2」を正式発表

リコーイメージングが、4K動画対応のアクションカメラ「RICOH WG-M2」を正式に発表しました。

本格防水・耐衝撃ハイスペックアクションカメラ「RICOH WG-M2」新発売

  • リコーイメージングは、小型・軽量ボディに、優れた防水・耐衝撃性能を備えながら、超広角で臨場感溢れる映像を高画質な4K動画で撮影できるハイスペックアクションカメラ「RICOH WG-M2」を発売する。
  • 本製品は、スタンダードクラスの防水アクションカメラ「RICOH WG-M1」(2014年10月発売)の上位機種として開発した。
  • 広大な自然の中で遠近感を強調して迫力のある映像が撮影できる最大約204°のWideと、日常的な撮影で使いやすい約151°のNarrowの2種類から撮影シーンに合わせて画角を選択できる。
  • 記録画素数3840×2160ピクセルで30fps(フレーム/秒)の高画質で長時間の撮影注4が可能な4K動画撮影機能を備えており、約100Mbps高ビットレートでの記録が可能。
  • 属の水中レンズプロテクターを装着するだけで、水深20mで連続2時間の水中撮影が可能な高い防水性能(IPX8、JIS保護等級8相当に準拠)を実現。さらに、2mからの耐落下衝撃性能やホコリに強いIP6X(JIS保護等級6)相当の防塵性能、マイナス10℃でも動作が可能な耐寒構造などを備えている。

 

WG-M2は、WG-M1と比べて4K動画に対応しただけでなく、レンズやセンサーが変更され、耐水深も10mから20mに強化されているなど、別物と言っていいほど進化しているようです。レンズは204度の超広角になっているので、いろいろと面白い使い方ができそうですね。

2016年2月23日 | コメント(3)

コメント(3)

アクションカムで204度の超広角となれば、面白い使い方が出来そうですね。

これはかなり魅力的なモデルに進化しているみたいですね
サイズも小さくなって、操作性もかなり良くなっているようです
画角が204度の超広角カメラとしても使えそうですね

軽量化できたことが素晴らしいですね。
あとは価格でしょうか。。。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2016年2月23日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「リコーイメージングが「HD PENTAX-D FA★70-200mmF2.8ED DC AW」の発売日を決定」です。

次のブログ記事は「ニコンが「DL18-50 f/1.8-2.8」「DL24-85 f/1.8-2.8」「DL24-500 f/2.8-5.6」を正式発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る