ツァイスが早ければ5月にMilvus135mm F2 Apo Sonnarを発表?

Photo Rumors に、ツァイスMilvusシリーズの新しい交換レンズの噂が掲載されています。

Zeiss Milvus 135mm f/2 Apo Sonnar lens rumored to be announced next

  • ツァイスがMilvus 135mm F2 Apo Sonnar を発表すると噂されている。旧型モデルは現在400ドル安くなっており、これは後継機登場の可能性を示すもう一つの兆候だ。昨年の9月にMilvusシリーズが発表された際に、135mmはアップデートされなかった。
  • ツァイスMilvus 135mm F2 Apo Sonnarの公式発表は、今年中で、早ければ5月の発表もあり得ると噂されている。

 

Milvusシリーズのレンズでは、50mmと85mmが新設計の光学系を採用していますが、135mmは8ヶ月以上遅れて後からリニューアルされるところを見ると、このレンズも新設計の光学系を採用しているのかもしれませんね。

現行の135mm F2 は非常に高性能なレンズとして知られていますが、このレンズがリニューアルでどのように改善されてくるのか興味深いところです。

2016年3月15日 | コメント(4)

コメント(4)

現行のApo-Sonnar T* 2/135 ZF.2 を星撮り用に使っています。
当然 Milvusの方が良くなっているのでしょうが、どれ位良くなったのかが気になります。値段も良くなっているとは思いますが。
ところで新規に200ミリは考えていないのでしょうか? 需要がすくないのかな?

先代のレンズはClassicシリーズでは最後発で描写の評価も高いので光学系は引き継がれ、外装の刷新と後玉付近のレンズ間距離の微調整になる気がします。軽量化されることを期待します。

ツァイスジャパンの人によると、各クラシックシリーズは全てミルバスに置き換えると言うことで、比較的最近発売されたアポゾナーとディスタゴン15mmはレンズ間隔の微調整とT*コーティングの変更をしてミルバスシリーズにアップデートするという事でした。

現行品では価格.comのレビューに盛大にフレアが出ている作例が乗っていますが、
新コーティングでその辺りの対策がされているのでしょうか


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2016年3月15日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムがX-Pro2のリセット問題を修正する新ファームを準備中?」です。

次のブログ記事は「富士フイルムが早ければ2018年にグローバルシャッター搭載機をリリース?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る