ツァイスBatis 2.8/18 の詳細スペック

読者の方から、ツァイスの超広角レンズ「Batis 2.8/18」の詳細スペックを提供していただきました。
  • Zeiss Batis 2.8/18 のスペックは次の通り。

    - Eマウント用のフルサイズレンズで画角は99度
    - レンズ構成は10群11枚。非球面レンズ4枚
    - ディスタゴンベースの設計
    - 新たにフローティングエレメントを採用
    - 防塵防滴
    - 絞りの範囲はF2.8-22。電磁絞り
    - 最短撮影距離は0.25m
    - フィルター径は77mm
    - 重さ330g
    - 有機ELのディスプレイ(距離表示、被写界深度表示)
    - AFは高速で静かなリニアモーター

 

Batis 2.8/18 の重さは330gで、F2.8の明るさの割りには比較的軽量なレンズになっているようです。フローティングを採用しているということなので、近接性能の改善が期待できそうです。

コシナの18mm F3.5と比べると最短撮影距離が短くなっているので、使い勝手はよさそうですね。後は、価格が気になるところです。
-------------------------------------------------------
情報を提供して下さった方ありがとうございました。

2016年4月14日 | コメント(5)

コメント(5)

軽いですね!写りもBatis 2/25と同様、素晴らしい描写に期待します。
お値段は15万円くらいだと嬉しいのですが。。。

大砲?はソニー純正に任せて、
Batisは明るさとともにサイズと重さを控えめにして、
ボディとバランスをとるコンセプトでしょうか?

zeissとsonyで高級Eマウントレンズは棲みわけてる感じがしますね。

SONY
→サイズは二の次で、とにかく写りにこだわる
 標準〜望遠、ズームレンズ中心
Zeiss
→コンパクトにこだわリ、その中で最高の写りを追求
 広角〜標準、単焦点レンズ中心

もう、正式発表されていて、サンプルも下記に上がっています。
https://www.flickr.com/photos/carlzeisslenses/sets/72157666487775581

結構良さそうです。
Batis2/25が良かったので、値段次第で買うかも


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2016年4月14日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ツァイスBatis 2.8/18の画像 [内容更新]」です。

次のブログ記事は「ツァイスが「Batis 2.8/18」を正式発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る