DxOMarkにツァイスBatis 1.8/85 のスコアが掲載

DxOMark に、ツァイスの中望遠単焦点レンズ「Batis 85mm F1.8」のスコアとレビューが掲載されています。

Carl Zeiss Batis 85mm f/1.8 Sony FE: Creative contender

 テスト機はα7R   Batis 85mm F1.8   FE90mm F2.8G   Otus 85mm F1.4 
DxOMarkスコア 39 40 49
解像力 27P-Mpix 32P-Mpix 35P-Mpix
透過 1.8T 2.8T 1.7T
歪曲 0.4% 0.2% 0.2%
周辺光量落ち -2.3EV -1.4EV -1.3EV
色収差 5μm 2μm 3μm

  • Batis 85mm F1.8 は素晴らしい性能で、これまでにテストした85-100mmの中望遠レンズでトップ10に入っている。
  • 解像力は、α7Rでトップの成績のレンズと比べてもそれほど劣らず、F4からF11の間では高解像力で均一性に優れている。開放付近では中央は良好な解像力だが、周辺部は若干の落ち込みが見られる。
  • 周辺光量落ちは開放で-2.3EVで極めて大きいが、F4以上では良好になる。色収差と歪曲は良く補正されている。
  • FE90mm F2.8Gとの比較では、良い部分と悪い部分がある。FE90mm F2.8Gはどの絞り値でも素晴らしい解像力で均一性が高く、Batis 85mm F1.8 は開放からF4までは中央は非常にシャープだが均一性は低い。また、Batisは絞ってもFE90mm F2.8Gほどシャープにはならない。色収差に関してはBatisが若干優れている。周辺光量落ちは、Batisは開放では大きいが、F2.8まで絞るとFE90mm F2.8Gの開放よりも少し良くなる。
  • Batis 85mm F1.8 は安価ではないが、しっかりした造りと機能・性能を考えればコストパフォーマンスは良好だ。このレンズとソニーFE85mm F1.4 GM (入手でき次第テストする)との勝負が楽しみだ。

 

Batis 1.8/85 は、周辺光量落ち以外は全体的に優秀なスコアで、申し分のない性能のレンズという印象です。ソニーユーザーの方は、中望遠は純正のFE85mm F1.4 GMもあるので、選択に迷うところかもしれませんね。

なお、Otusのスコアはテスト機が異なるので、参考程度に見ておいた方がよさそうです。

2016年5月21日 | コメント(5)

コメント(5)

比較するレンズが少ないといえ、マクロ用とポートレート用、比較には少々無理があるのでは?
テスト機が異なること承知で比較して欲しいのは、Otus1.4/85mmとFE85mmF1.4ですね。

それにしてもFE90mmの評価は本当に高いですね。
AFが遅いと言われてますが実際触ってそこまでは遅いと感じませんでした。
今度は85mmGMとの評価を見たいものです。

愛用してます。
スコアと使い勝手はまた違うと思いますが、あまりに大きなシステムにならないようにα7シリーズに乗り換えた私には、手振れ補正内蔵も含めてとても好ましいレンズです。マウントを越えて比較するなら、TAMRONのSP85mm f1.8とどう違うか興味あるところですね。FE85mm f1.4も興味津々ですが。

色収差に関しても、数値に表れているように、F2.8ではbatisが良いですが、少し絞るとFE90の方がグッと良くなりますね。はっきりと性格が違うので、用途によって選択できますね。85GMとの比較も楽しみです。

 Batis 85mm F1.8 を先日来使っていますが、非常に使いやすいです。

 そんなに周辺画質や解像度を必要としないライブ演奏でスチル、ムービーをα7sとの組み合わせですが、取り回しの良さが光ります。

 手ぶれ補正も良い感じで効きます。ムービーでもこのような用途ならまぁ使えます。

 これは少々画質の良いのが出てきても手放せないなぁ・・・というのが正直な今の印象です。

 2/25 も買ってしまいました。

 135とかもこのスタイルで是非欲しいと思います。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2016年5月21日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Batisシリーズの35mmレンズの計画はない?」です。

次のブログ記事は「タムロンSP 85mm F/1.8 Di VC USD のサンプル画像が多数掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る