DxOMarkにソニーα6300のセンサースコアが掲載

DxOMark に、ソニーα6300のセンサーのスコアとレビューが掲載されています。

Sony A6300 sensor review: Sony's best APS-C sensor to date 

 

  α6300     α6000     α5100     NEX-7      α77II   
Overall Score
(RAWによる
センサーの総合点)
85 82 80 81 82
Color Depth
(色の再現域と分離)
24.4 24.1 23.8 24.1 24.4
Dynamic Range
(ダイナミックレンジ)
13.7 13.1 12.7 13.4 13.4
Low-Light ISO
(DxOの基準で許容できる
最高のISO感度)
1437 1347 1347 1016 1013

  • α6300のスコアは85で、現在、ソニー機のAPS-Cセンサーでベストの性能だ。このセンサーは、α6000やα77 IIの24MPセンサーから性能が改善している。
  • α6300のセンサーは低感度のノイズが非常に少なく、その結果13.7EVの広いダイナミックレンジを実現している。このセンサーは、同社の初期の24MPセンサーと比べて、高感度でも広いダイナミックレンジと低ノイズが維持されている。
  • α7 II のフルサイズ24MPセンサーとの比較は興味深い結果で、ノイズではα7 II がα6300に優っているが、ダイナミックレンジはほぼ同等だ。
  • α6000のセンサーと比べると、α6300はISO800以上のダイナミックレンジの落ち込みが見られない。色再現は両者同等だ。
  • α6000が登場した時にはクラストップの性能で、α6300も同じような立ち位置にいるが、ライバルのD7200やD5500も同程度の性能だ。

 

α6300のセンサーは、4K動画に対応し、像面位相差AFを大幅に強化しているにもかかわらず、ダイナミックレンジ、色再現、高感度ISOの全ての項目でα6000のセンサーから進化しているのは素晴らしいですね。特にダイナミックレンジが、高感度を含めてフルサイズのα7 II と同等レベルにまで改善しているのはすごいです。

2016年6月25日 | コメント(5)

コメント(5)

高感度も基準のラインだけじゃなくて
超高感度までいいんですね、すごい。
A6300/D500/80Dで
ダイナミックレンジのグラフを比べてみると

ISO6400 9/9/7.7
ISO12800 8.2/8/6.8
ISO25600 7.4/7/6以下

これで高性能なAFまで積んでるとは

6000から6300への価格UPが激しかったんで、
おいおいSonyさん強気だな・・・って思ったんですが、
それだけの価値はあるってことなんですね。

使ってますけど、実際高感度性能やダイナミックレンジの広さは素晴らしいの一言ですね。APS-Cの24MPセンサーは高感度に弱い印象を持っていましたが、見事に改善されていました。
また、ISO感度設定がかなり細かく設定できるようになったのは地味ですが便利な改善です。まぁここら辺はニコンやキヤノンは前から当然のように出来ていた点ですが。ボタンのカスタマイズ性も高く、色々スペックに現れない部分も改善されています。4Kを使わなくてもAPS-Cハイエンドに相応しい出来になっていると思います。
右肩ダイヤル径がもう少し大きければ最高だったんですが。
折角ここまで素晴らしいボディを作ったのですから、新しいAPS-C用のEマウントレンズをそろそろ出しませんかね?

私も使ってます。素晴らしいカメラです。α6000みたいには売れないんだろうけど、使ってる者としては、その方がいいです。

着実に性能UPしてるんですね
ノイズ処理も6000よりきめ細かい処理になっている印象を受けます
ソニーの高性能レンズもありますし良い感じのカメラになっていますね^^

値段が違いますが画質的なライバルはX-PRO2あたりだと思います
高感度もノイズ処理もまだ富士の方が上かなという印象ですね


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2016年6月25日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムが3本のレンズと共に中判カメラを発表?」です。

次のブログ記事は「DxOMarkにシグマ30mm F1.4 DC DNのスコアが掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る