ハッセルブラッドが中判ミラーレスカメラ「X1D」を正式発表

ハッセルブラッドが、AFを搭載した小型軽量な中判ミラーレスカメラ「X1D」を正式に発表しました。

Medium-format mirrorless: Hasselblad unveils X1D

  • ハッセルブラッドが本日、50MPのCMOSセンサーを採用した中判ミラーレスカメラX1Dを発表した。このカメラは防塵防滴仕様だ。ISO範囲は100-25600で、1080/30pのHD動画機能が搭載されている。ホットシューはニコンのスピードライトと互換性があり、フラッシュは、シャッターの最高速1/2000秒でシンクロが可能だ。
  • X1Dは新しいレンズマウントを採用し、XCDレンズ群に対応する。レンズは45mm F3.5と90mm F4.5の2本が発表され、これ以外のレンズも近いうちに追って登場する。ハッセルブラッドの現行のHレンズに対応するマウントアダプターも提供される。
  • X1Dには、3インチ92万ドットのタッチパネル式液晶モニタとXGAのEVFが採用されている。また、Wi-FiとGPSが内蔵され、デュアルSDカードスロットが採用されている。X1Dはバッテリー込みで725グラムで、これは標準的な中判カメラの半分の重さだ。
  • X1Dの価格はボディのみが8995ドルで、45mm F3.5とのキットが11290ドル、45mmと90mmの2本のレンズ付きで13985ドルだ。45mm F3.5は単体で2295ドル、90mm F4.5は2695ドルだ。このシステムは7月にデモが行われ、8月に発売される。
  • X1Dのスペック
    - センサーは有効51MP(44x33mm)
    - AFはコントラストAF、トラッキング、顔認識
    - 液晶モニタは3インチ92万ドット固定式
    - EVFは236万ドット
    - シャッターは60秒-1/2000秒(シンクロ1/2000秒)
    - 連写は2.3コマ/秒
    - 動画はフルHD30p
    - デュアルSDカードスロット
    - 大きさ150x98x71mm
    - 重さ725g(バッテリー込み)
    - Wi-Fi、GPS内蔵
    - マイク端子、ヘッドホン端子

 

ハッセルブラッドの中判ミラーレスカメラX1Dは、中判カメラとしては非常に小型軽量で、価格もハッセルブラッド製のカメラとしてはかなり安価という印象です。センサーサイズは44x33mmで、645フルサイズではなくPENTAX645Zとほぼ同じサイズでですね。

X1Dはボディが非常に軽くAFも搭載されているので、35mmのフルサイズ機と同じような感覚で使うことができそうです。

hassel_x1d_f003.jpg

hassel_x1d_comp001.jpg

2016年6月22日 | コメント(48)

コメント(48)

液晶モニター可動式なんですね?チルトするのかな?
ぱっと見固定式のように見えますが。
中判ミラーレス、本当に小型でデザインも500系を逆襲しててとても良いデザインです。電源はスイッチじゃなくてボタンなんでしょうかね。

ライブで発表会の様子を見ましたが、センサーにはコストをたっぷりかけ、割り切るところは割り切るという、思い切ったカメラだと感じました。
マミヤ6や7を思い出させるような薄い四角いデザインのボディは、超軽量ボディと相まってスナップに最適だと思います。
価格的にもデジタルバック1個分でボディとレンズが買えるというのは、驚異的な安価だと思います。
これはもうマップカメラで予約します。

Youtube見てきました
イメージより大分小さくコンパクトで、デザインもVシステムの面影があっていい!中判はある意味ミラーレスであることのメリットを最大限に享受できるフォーマットでもあったんですね

spaxe 9 さん
液晶モニタは固定式で、可動式は間違いですので修正しました。

これで645フルサイズだったら、
もう言うことなしだったね。
いずれ出すのだろうけど、
ペンタックスとどちらが早いか…

個人的に究極と言っていいカメラです。
しかし手が出ないです...

645Zで満足していましたが、重さが気になってきました。
重量は半分になってミラーレスが出てくるとは思いませんでした。
フジが同じように出してきたら即買い替えですが、ハッセルだと悩みます。

これ凄くいいなあ。ボディ30万だったら即買ったんだけど。
ストロボがニコン互換てのが面白い。どうせならニコンかキヤノンからも似たようなのが出て欲しいけど無理かな。

バッテリー込みで 725グラムと云うのはいかにも軽量ですね。
1/2000秒シンクロって、レンズシャッターなのでしょうか。
すると、レンズが若干重くなるでしょうし、使用目的にもよりますがシャッターのタイムラグが気になるところです。
レンズ2本付きで150万円ぐらいですか。高いと見るかそれ程でもないと見るか使いこなせる(必要とする)人によりますね。

思ってたよりはるかに小さい!
フジから半額で出ないかな…

フルサイズのミラーレス化に始まり、中判もここまで小型化されアマチュアでも素晴らしい画が簡単に撮れる世の中になって来ましたね。
歴史に名を残す画期的な商品だと思います。
願わくばフジやソニー、ペンタックスも続いて手の届く価格帯まで降りてきて欲しいですね。

YouTubeで見てきました
途中で片手で持っている場面がありましたが
海外の方は手が大きいのか、手のひらに収まってしまいそうなサイズで驚きました。

ホットシューがニコン互換との事ですが、
もしやニコンと共同開発?
だとしたら、
ニコンの新型ミラーレスの噂も、
これのOEMだったとか?

色々妄想してしまう(笑)

ハッセルブラッド渾身の新システムカメラだな。
こだわりのレンズシャッター!
だとするとアダプター遊びがあまりできないし、
レンズ設計の制約が大きいですね。
中望遠90mmがF4.5とは寂しい限りです。

レンズブランドが無いということは、
日本メーカーからの供給でしょうか?

SWCを愛用していたので、このスタイルには親近感を覚えます。
交換レンズに対称型の超広角レンズを発売してくれたら、デジタル版のSWCの復活です。
また、レンズシャッターということで、プロユースを意識しているますね。
フジフイルムとの関係は分かりませんが、フジフイルムからも姉妹機が発売されることを願います。

残念なことにフォーカルプレーンシャッターではなかった!α7シリーズと違って非常に排他的なレンズシステムですね、これではレンズマウントの付いたデジタルバックです。早くグローバル電子シャッターを実用化してほしいものです。

素直に凄いとしか言いようがない。

APSが豆粒のようですね。

マイクロフォーサーズや1インチなんて並べたら悲しくなってしまいそうです。

私、ミラーレスはセンサーサイズが小さい方向に行くと思っていたのですが、逆だったかもしれませんね。これでキャノンやニコンの本気ミラーレスはAPSなんてことはありえなく、最低でもフルサイズになるでしょうね。

レンズシャッター機なので、α7にライカレンズを付けたりする層には全く使いでの無いカメラになってしまいました。が、EVFの中判機というのは世界初なのでまずは全身を喜びたいかと。

オールドレンズの母艦になる中判ミラーレスはいつ頃現れるんですかねぇ。

設計は全てスウェーデンで行っているそうですから、ニコンとの共同開発ではないと思います。
シャッターはレンズシャッターですね。
AFは搭載しているようですが、手ブレ補正について何もコメントがありませんので非搭載でしょう。
また、発表の最後の方で司会者との質疑応答がありますが、レンズの製造は富士フイルムのようです。ハッセル側は日本製とは認めていましたが、メーカーは明かしませんでした。
聞き間違いでなければ、レンズは最終的には14本を考えていると言っていましたし、旧ハッセルのマウントアダプターを用意するとも言っていましたね。

訂正です。
14本のレンズは既存レンズがマウントアダプターで使用可能ということでした。
また、30mmがフォトキナで登場するとのこと。

フルサイズの645センサーを入れる気は無いようなデザインですね。
ハッセルにしては安い価格設定ですし、センサーの調達価格を考えるとペンタの645Zと同数かそれ以上売る気なんでしょう。
非常にアグレッシブな戦術ですけど、DJIの影響ですかね。

まさかハッセルが中判ミラーレスで攻めてくるとは!
これ、645のフルサイズじゃないみたいですが、
価格によってはペンタ645Zと競合しますね。
そうなると、ペンタは645フルサイズで引き離しに掛かる
ことになるのでしょうか?
35㎜だけでなく、中判も面白いことになってきました。

私見ですが、かつての645サイズはこのまま無くなって、この程度のセンサーサイズが今後の中判のスタンダードになると思います。あまりフォーマットを大きくしてもレンズが大きく重くなるし、被写界深度が無駄に浅くなり中判の用途では使いにくくなるだけなので。
ペンタのようにフィルム時代の645レンズがあるメーカーでも、今のセンサーサイズならレンズの美味しい部分だけを使えるので高解像時代になっても都合がいいはずです。

レンズシャッターということで、645Z最大の懸念であったブレ対策への解答という、面白い仕様となっているところがポイントですね。
ハイエンド135DSLRより小型なので、これは無理してでも買いでしょう。

一時期ソニーのNEXをガワとブランドだけ換えて高値で売ってた時はハッセルブラッドももう死んだかと思ってましたが、この製品でいきなり中版の最先端に躍り出ましたね。これは素晴らしい。
ブランドは素晴らしい製品があってこそ価値が高まるもの。近年ブランディングとかいう言葉が流行ってますが、メーカーはそんなくだらない言葉に踊らされずにこういった製品で勝負してもらいたいものです。ハッセルブラッドの今後の製品に期待。

これに続いてソニー、フジ、ペンタや、可能ならマミヤとかの3層で…とかの
流れが出来て行くと、135一辺倒じゃないく、もう少し個人の好みをより濃く
反映出来る感じがして良いのにな。
価格的に購入は無理なんでw国産メーカーに期待です。

久しぶりにハッセルブラッドの本気度が伝わってくるカメラですね。
ハッセルブラッドが「Lunar」「Stellar」「HV」を出した時は、おいおい大丈夫か,,,と思っていましたが、、今回のはすごいですね。
このデザイン、コンパクトさ、645Zに対抗できる価格、、、非常に欲しいです。
惜しいのは可動式モニタではない点でしょうか、、、
富士フィルムユーザーととしては、レンズが富士フィルムが関わっているようで嬉しいですね。

レンズは何処で作っているんだろうか?
ツァイスじゃない…となると、やはり何処かの日本のメーカーと共同開発とか…。

まあ当然でしょうが、レンズはかなり大きくなりそうですね。

写真でマウント口径見ると、645フルサイズは無理そう。
そこはもう、割り切ったのかも知れない。
35ミリフルサイズとの面積差は1.7倍。
ちょうどマイクロ4/3とAPSCの差と同じです。
その違いを市場がどう受け止めるか次第かな。

このサイズですと、ドローンへの搭載も可能に思えますね。
DJIから6K動画を記録出来る上位モデルが
出るのかもしれません。

デザインは好みが分かれそうですが、この小型軽量は非常に魅力的ですね。
センサーの大型化でバッテリーライフが気になりましたが、デジカメWatchの記事では、フル充電のバッテリーで約350枚の撮影が可能とあるので、現行ミラーレスのフルサイズ機やマイクロフォーサーズ機とまったく変わらないですね。
予備バッテリーが2個(合計3個)あれば1000枚は撮れそうだし、プロやハイアマの方たちを中心に売れるのではないでしょうか。
ペンタの645Zにぶつけてきた印象もあります。

大きさの比較画像を見てしまうと、APS-Cですらかなり小さく感じるようになるし、ミラーレス化が進むとボディの小型軽量化が可能となり、イメージセンサーの大型化が進むような気がします。
そのうちペンタ他国内メーカーからも中判ミラーレス機が出てくるとは思いますが。

私は未だEVFの見え具合に慣れず、今月発売のデジタルカメラマガジン7月号の記事で『OVFとEVFはどちらが便利?』の質問に、80%の写真家がOVFと答えています。
645Zも重いですが出てくる絵はすごいものがあり、しばらくX1Dの売れ行きを見守りたいと思いますね。

ハッセルブラッドXマウントなんですね。もしかしてフジから出て来る?


レンズシャッターだと645zがスタジオで使えない
とモヤモヤしていた層が移動しそうですね。
軽くコンパクトで取り回しがよく、レンズシャッター。
そしてハッセル。
(レンズ資産+ほのかに残るネームバリュー)

ペンタにとっては潜在顧客をごっそり持ってかれた瞬間かも。

スピードライトがニコンと互換性があるという点に興味を惹かれます。
レンズはフジノンのようですので、ひょっとして3社連合とか。
同じレンズマウントで規格を統一して、3社三様のボディーやレンズが出てくると、中判市場が大いに活性化しますね。

当面第一弾として、同じカメラのバッジ違いでスタートし、フジやニコンが、もう一つ下の価格帯でAF搭載ボディーを出してバリエーションが広がれば、面白いんだけど。

このマウント径だと44x33が限界か
フジとの共同開発ではないとのことですか、どうでしょう?
リコイメは645Z後継でセミ判サイズを幾らで出せるかが勝負ですね

ken2さんの三社協同ってありえそうですね。
ハッセルがあのボディサイズに色々と入れ込むのって今までの技術みても進歩し過ぎだと思っているんです。
CFV50Cはバッテリーを底に付くようにして内臓に出来ていないし、Hシリーズはメッツのフラッシュアダプターを売っていたので本来ならその辺の変更はないと思うんですよね。
新規開発でここまで安いのでハッセルの負担が少ない何かはありそうですね。
今後の展開が少し楽しみです。
X1Dの生産国が分かると少し深読み出来そうですね。

YouTube のQ&Aみましたが、ボディはスエーデン製、レンズは企画設計はスエーデンで製造が日本、ニッコウ製と聞こえました、質問者が、フジとは全く関係ないですねと、念押してたように聞こえました、ニッコウがNIKKORなのかは不明

ボディの小型化を頑張ったというよりマウント径をセンサーに最適化した必然的サイズですね。

まあ実際、一般人が買える中判が現行の44×33mmセンサー止まりでしょうから合理的と言えますか。次はPENTAXかな。

>MMMさん
発表会のビデオではall handmade in Swedenだそうです。
日本のメーカーとのコラボはあると言うことですが、設計は全て自社(スウェーデン)と言っています。
大きさについては、私はむしろライカSLやX-Pro2が素子サイズの割にボディが大きすぎると思っています。
バッテリーライフやAF速度が興味あるところです。
EVFは他のミラーレスと変わらないので同等の撮影枚数じゃないかと予想しています。

レンズシャッターに不満の方へ

フォーカルプレーンシャッター用レンズでも全く問題無いと思います。
マウントアダプターにレンズシャッターが内蔵されるはずです。

デジカメウォッチを見ると、アダプター経由でVマウントも使えるようですね。レンズシャッターも使えるのかしら。ボディにシャッターを持たないので、電子シャッターとかにだったりして…。
Vシリーズのレンズを保持していてよかった^ ^

YouTube 見直すと、レンズはnittoと聞こえる
日東光学かもしれませんね

以前噂されていた富士フイルムの中判機の正体でしょうか。
レンズが本当に富士フイルム製ならハッセルからプロトタイプのボディをもらうはずですし。

Techrader にすこし詳細が載ってますね

http://www.techradar.com/reviews/cameras-and-camcorders/cameras/hasselblad-x1d-1323848/review

>Although the lens mount is new, Bengtson claims that mirrorless lenses are relatively easy to develop.
> Interestingly, the lenses were designed in collaboration with the designer of the Xpan optics, and are manufactured in Japan by Nittoh; long-term partner Fuji hasn't been involved at all.

A12やA16マガジンを外して、グリップをつけたSWCのようなフォルムですね。

使いやすそうですが厚みが足りない気もします。

これがハッセルであることを考えると、昔コシナがSWC用に限定発売したファインダーのように、90度上方から覗ける仕様だと、かつてSWC/Mを愛用していたものとしては、非常に触手が動くのですが。

レンズはSWCと同じ38mm(120サイズ)固定で、実売60万円に押さえてくれ、さらにブラックボディも用意してくれたら即買するのですが。

レンズキットで150万位になるんでしょうね。消費税がバカにならないなぁ… まずは早く絵をみたいですね。.

レリーズ端子が無さそうなのが残念。

中判もいろんなタイプのカメラが出揃って、ますます面白くなりそうですね。
今の中判市場は(645Zは除く)かつてのフィルム時代に比べて選択肢は狭いうえに、値段はべらぼうでした。
他メーカーにも早く参入してもらい、そんな時代に早く終止符を打って欲しいです。
でも、なんだかんだ低価格に設定してきたのは、645Z/Dの価格破壊のインパクトの賜物なんでしょうね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2016年6月22日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ハッセルブラッドに中判ミラーレスカメラ「X1D」のリーク画像が掲載」です。

次のブログ記事は「ソニーFE24-70mm F2.8 GMは解像力もボケも素晴らしい極上のレンズ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る