ハッセルブラッドX1Dに関する質疑応答のまとめ

Photo Rumors に、ハッセルブラッドの中判ミラーレスカメラ「X1D」に関する質疑応答のまとめが掲載されています。

Hasselblad X1D camera Q&A

  • いくつかのWebサイトにハッセルブラッドの幹部のX1Dに関するQ&Aが掲載されている。以下は、その中からのいくつかの引用だ。
  • (X1Dは富士フイルムとの共同開発なのか?)富士フイルムとは最高の関係にあるが、この製品の開発と製造は完全にスウェーデンで行われており、日本の日東で組み立てられている。富士フイルムは、X1Dに全くかかわっていない。
  • (X1Dのターゲットは?)既存の顧客をターゲットにしているが、同時に中判カメラにアップグレードしたと思っているハイアマやプロもこのカメラを購入すると見込んでいる。
  • (新しいレンズ群のクオリティは?)新しいXCDレンズは、Hシリーズのレンズ群と同じレベルの性能だ。
  • (今年の後半に何か登場するのか?)フォトキナで更なるサプライズがあるだろう。
  • (XPanのレンズ群が使用できるデジカメを作って欲しい)6x6版のリクエストは多いが、我々が6x6のセンサーを開発しなけれならないので、これは財政的に全く無理なことだ。6x6版を求める人の多くが、これに必要な金額を支払うとは思わない。
  • (X1Dのパーツのいくつかは社外で造られているのか?)イエスだ。しかし、全体のメカの設計はスウェーデンで我々自身が行っている。シャッターは完全に社内で開発されており、ユーザーインターフェースの設計も同様だ。
  • (AFについて)像面位相差AFを導入したいが、センサーメーカーの対応を待たなければならない。
  • (コンパクトなレンズやズームレンズの予定は?)近日中に30mmの広角レンズを発表する。更なるXCDレンズ群が来年に登場するだろう。ズームレンズは、このようなコンパクトなカメラの中判用レンズを開発するのは困難だ。
  • (シャッタースピードは理論的には将来はもっと高速化できるのか?)可能だ。

 

ハッセルブラッドは富士フイルムとの共同開発を強く否定しているので、X1Dに関しては富士フイルムは関わってないと見てよさそうですね。

X1Dのレンズは、フォトキナで30mmまでに発表され、来年は更に新しいレンズ群が登場するということなので、比較的短期間で必要なレンズが揃いそうです。

なお、最後の2つの項目は公式フェイスブックのQ&Aから追加しました。

2016年6月28日 | コメント(8)

コメント(8)

x1Dのボディはスウェーデンで製造され、レンズだけ日本での製造です。YouTubeの映像では、訛りのある英語で「nitro」が聞き取れませんでしたが「日東」なのですね。

益々欲しくなりました。
レンズの状況を見て検討しようかと。でも、我慢ができないかも・・・。

日東光学はレンズの製造だけかと思っていたら、X1Dボディの組み立て(assemble)も日東なんですね。

でも、manufactured here in Sweden and assembled in Japan by Nittoh というのは、ずいぶんと面倒な作り方のような。

> キヤノンユーザー さん
センサーがソニー製なので、スウェーデンで製造したボディーパーツを日本に送り、受け取った日東光学がレンズの製造だけでなくセンサーの取り付けとボディ組み立ても担当しているのかもしれませんね。
レンズシャッターユニットがハッセルブラッド製のようなので、どのみち日東光学にスウェーデンからパーツを送る必要があります。

HCレンズのシャッターユニットも本国から送られてきたものをフジが組み込んで製造してたので同じ流れですよね。
これだけボディが安い事を考えるとハッセル以外で共同開発してるところがあるんじゃないですかね?
じゃないとニコンのTTLは採用しないでしょ。
フォトキナでの発表が楽しみですね。

フォトキナで1億画素バージョンを発表し、
レンズは単焦点しかないけど、
ズームがないかわりにクロップしてね!
みたいな感じなのかな?
確かにせっかくの小型ボディが、
巨大なズームとの組み合わせでは台無しでしょうし。
どうしてもズームがほしければアダプターを使えばいいわけだし。

> (XPanのレンズ群が使用できるデジカメを作って欲しい)
> 6x6版のリクエストは多いが、我々が6x6のセンサーを開発
> しなけれならないので、これは財政的に全く無理なことだ。

なんだかこのやり取りが全くかみ合ってないのは
なぜなんでしょうかね。
自分もXpanのレンズはすべて持っているので、
使えるデジカメが出れば嬉しいのですが。

関係者から話を聞くことが出来たのですが、カメラボディの製造は組立も含め全てスウェーデンで行われているそうです。ただしレンズはスウェーデンでデザインされ、日東光学が製造を行っているそうです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログ記事について

このページは、2016年6月28日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムX-T2には発熱の少ない新型バッテリーが採用される?」です。

次のブログ記事は「シグマsd Quattroは卓越した解像感だが高感度は相変わらず弱い」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る