DxOMarkにソニーFE24-70mm F2.8 GM のスコアが掲載

DxOMarkに、ソニーのG Masterシリーズの標準ズーム「FE24-70mm F2.8 GM」のスコアとレビューが掲載されています。

Sony FE 24-70mm F2.8 GM review

    FE24-70F2.8   FE24-70F4   FE28-70F3.5-5.6   Nikon24-70F2.8E 
DxOMarkスコア 29 25 22 28
解像力 17P-Mpix 15P-Mpix 16P-Mpix 19P-Mpix
透過 2.8T 4.4T 4.9T 3.1T
歪曲 0.7% 1% 0.8% 0.6%
周辺光量落ち -1.6EV -1.7EV -1.5EV -1.5EV
色収差 10μm 9μm 10μm 30μm

  • FE24-70mm F2.8GM は、α7Rのテストで素晴らしい結果を残している(α7R II は、まだテストに採用していない)。解像力は24-50mm域では開放からとても良好だが、望遠端はそれほど良くない。幸いなことに、絞ると解像力は顕著に改善し、とりわけ周辺部での改善が大きいが、非点収差は完全には解消しない。このレンズはズーム全域で非点収差が見られるが、特に70mm開放ではこれが目立つ。
  • 歪曲は予想よりも大きい。24mmでは歪曲は平均的だが、望遠側では比較的大きな糸巻き型で、特に50mm前後で大きくなる。
  • 透過は素晴らしい値で、そして更に素晴らしいことに、ズーム全域で透過率の変化が少ない。周辺光量落ちの値も素晴らしく、特に70mmでは周辺光量落ちが少ない。全てのカテゴリで最も素晴らしかったのは、倍率色収差が非常に少ないことだ。
  • テスト結果は高い期待に沿うものだった。このレンズは、ソニーのズームではベストの性能だ。

 

FE24-70mm F2.8 GM は、解像力のスコアはズバ抜けて高いわけではありませんが、透過や色収差が非常に優秀で、全体としては高い評価になっているようです。ソニー製の他の標準ズームと比較すると、廉価な28-70mm F3.5-5.6より優れているのはもちろんですが、ツァイスのFE24-70mm F4とくらべても頭一つ抜けているようです。

なお、上記のニコンの24-70mm F2.8E VRのデータはテスト機がD810で異なるため、厳密に比較できないので、参考程度に見ておいた方がいいと思います(元記事にあるキヤノンEF24-70mm F2.8L IIのデータは50MP機によるもので比較できないので割愛しました)。

2016年7月 2日 | コメント(6)

コメント(6)

解像力はそんなに高くないんですかね。
ボケが評価されればもっとスコア上がったのでは?

MTFはツァイスの24-70ZAと似たようなプロフィールに見えますけどね

解像力がそれほどというのは解放の話で絞ると全域でシャープになるみたいですね。
解放では少し柔らかい描写になるようにしているのではないでしょうか。

最近のレンズで非点収差を挙げられるケースは少ないと思うのですが
設計思想がまた少し変わってきたのでしょうかね。

DXOの結果を見て気になったので所持している以下三つのレンズと比較してみました。
FE 55mm F1.8 ZA
FE 35mm F2.8 ZA
FE 70-200mm F4 G OSS
テスト環境は1m先に置いた被写体を同じサイズになるように中央と隅で撮影してみました。

55mm F1.8 ZAとの中央の比較ではF2.8~F5.6まではGMの方が若干良好と驚きの結果になりました。
隅に関してはF2.8の比較では同じような結果ですがF4以上に絞っていけば55mm F1.8 ZAの方が若干良好になっていきました。

FE 35mm F2.8 ZAとの中央での比較でもF2.8~F5.6まではGMの方が良好との結果になりました。
隅に関しては55mm F1.8 ZAと同じような結果ですがF4以上に絞っていけばFE 35mm F2.8 ZAの方が若干良好になっていきました。

FE 70-200mm F4 G OSSとの比較では中央も隅もGMレンズの方が良好という結果になりました。

上記の撮影条件では中央に関してはどのレンズよりも優れていて、隅に関しては解放では単焦点と同等で絞った際は単焦点が良好という結果になりました。
弱点といえるのは70㎜での最短撮影距離付近では解像力が甘くなるところですかね。
AF速度に関してはFEレンズの中で断トツに早いと思います。α7R2のせいで迷う事は多々ありますが。

さすがにDXOの結果は低すぎだと感じますが無限遠などでは試してないので条件によっては大きく結果がかわるかもしれませんね。。。

スコアに載らないこのレンズの大きな取り柄として

・かなり寄れる
・ブリージングが少ない(望遠でピント合わせして広角にズームしたり大胆なピント送りができる)
・AFが静音スムーズ

α7系のレンズなので動画用途では抜群の性能ですね。

キットレンズ、思ったより悪くないとの解釈でいいのでしょうか?

sel2870ってずいぶん良いのですね


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログ記事について

このページは、2016年7月 2日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムX-T2のバッテリーグリップ付きの画像が掲載」です。

次のブログ記事は「ソニーFE50mm F1.8はAFが極めて遅い」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る