富士フイルムX-T2とX-T1の上面と背面のサイズ比較画像

Fuji Rumors に、富士フイルムX-T2とX-T1の上面と背面から見た新しい大きさの比較画像が掲載されています。

Fuji X-T2 Vs. X-T1 Size Comparison

  • Fuji Rumorsの読者が、X-T1とX-T2のサイズの比較画像をアップデートしており、上面と背面の大きさも比較することができる。

 

上面の比較画像では、X-T2はX-T1と比べてかなりグリップが大きくなっているのが見て取れますね。フロントグリップに加えて、後ろ側のサムグリップも大きくなっているので、ホールディングの向上が期待できそうです(前面の比較画像はこちらの記事で取り上げています)。

なお、X-T2の発表は、FujiRumorsによるとニューヨーク時間で明日の午前1時ということなので、情報通りなら、日本では明日の午後2時に発表されそうです。

fuji_x-t2_x-ti_comp_002.jpg
fuji_x-t2_x-ti_comp_003.jpg

2016年7月 6日 | コメント(5)

コメント(5)

いよいよ、本日午後2時発表のようですね。
レンズのキャッシュバック 100-400 20000円 50-140 15000円等もあるようです。 
カタログはミスプリントがあったため、7/13にずれ込むとのことです。
楽しみですね。

たいてい大きなレンズ付けてるのでグリップの大型化は歓迎ですね〜

いよいよ発表ですか。噂通りの価格なら即、それより高価だったら少し待ってから購入します。

T2はこれでいいんですが、T10後継はスティックを搭載しつつサイズキープして欲しいですね

グリップの大型化は嬉しいですね。
縦位置グリップだと太さが変わらず指に隙間ができて安定しなかったのです。
APSサイズの良さとして小型化が挙げられますが、実用サイズというのは小ささではないと思うので、その辺は二極化で対応してもらいたいところです。

確かに外付けのグリップは必要ないかも知れませんね。
X-T10には純正グリップを着けたので、ホールド性が
かなり良くなりました。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2016年7月 6日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パナソニックLX100後継機は可動式モニタを採用?」です。

次のブログ記事は「ソニーα5100後継機はα6300と同じセンサーを採用?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る