DxOMarrkにトキナー「AT-X 24-70 F2.8PRO FX」のスコアが掲載

DxOMark に、トキナーのフルサイズ一眼レフ用の標準ズーム「ATX 24-70 F2.8PRO FX」のスコアとレビューが掲載されています。

Tokina AT-X 24-70mm f/2.8 PRO FX Canon lens review

 テスト機は5Ds R   Tokina
 24-70F2.8
 Canon
 24-70F2.8II 
 Tamron
 24-70F2.8VC 
 Sigma
 24-70F2.8 
DxOMarkスコア 32 35 32 26
解像力 25P-Mpix 32P-Mpix 24P-Mpix 22P-Mpix
透過 2.9T 2.9T 2.9T 3.4T
歪曲 0.4% 0.4% 0.3% 0.3%
周辺光量落ち -1.1EV -2.1EV -1.5EV -1.6EV
色収差 14μm 16μm 6μm 30μm

  • トキナーのスコア32は、標準ズームではキヤノンEF24-70mm F2.8に次ぐ2位のスコアだ。興味深いことに、5D Mark III のテストでは、キヤノンと他社の24-70mm F2.8の解像力のスコアはほんど差が無かったが、50MPの5Ds Rによるテストでは、キヤノンの解像力のポテンシャルが最大限に発揮されている。
  • 解像力は、F4からF11の間ではズーム全域で中央も隅も素晴らしい。開放では、均一性はまずまず良好だが、望遠側に行くほど全体的に解像力は低くなる。
  • 歪曲は広角端では0.7%のタル型、望遠端では0.5%の糸巻き型でよく補正されており、直線的な被写体への影響は少ない。
  • 透過は24~50mmでは2.9Tの良好な値だが、望遠端では3.1Tに若干低下する。しかし、広角側と望遠側は顕著な違いではない。
  • 色収差はそれほど悪くはない。しかし、望遠側では目立たないものの、広角側ではいくらか色ズレが目立つだろう。特に24mmでは色収差が顕著だ。
  • 周辺光量落ちは良く補正されているが、ズームの両端では開放時に-2EVに近い値になる。F4までは周辺光量落ちは若干目に付くが、F5.6まで絞れば解消する。
  • キヤノンとの総合スコアの差は、主に解像力の違いによるもので、キヤノンは開放からF11の間では隅々まで素晴らしい解像力だ。トキナーはF4からF11の間ではシャープだが、開放では隅が甘くキヤノンには及ばない。
  • トキナー24-70mm F2.8は素晴らしいプログレードの標準ズームだ。このレンズは、タムロンとは互角の性能で、F4以降は素晴らしくシャープだ。キヤノンは開放から解像力が高く、トキナーよりも均一だ。しかしキヤノンのアドバンテージは開放時のみで、それ以外では互角だ。トキナーは良好な性能でキヤノンよりもずっと安価なので、とても魅力的な選択肢になるだろう。

 

解像力は、キヤノンとは少し差がありますが、サードパーティーの中ではトキナーが一番良好ですね。

手ブレ補正が必要な場合は、EFマウントの場合はタムロン一択ですが、そうでない場合は、このクラスのレンズの選択は、価格や性能を考えると悩ましいところかもしれませんね。シグマは設計の古いレンズなので、Artシリーズへのリニューアルを期待したいところです。

2016年10月14日 | コメント(5)

コメント(5)

評判の良いタムロンと互角なのは凄いですね
シグマのART24-70f2.8早く出て欲しいです

高画素での違いが興味深いです。つまりボディの技術を持っていて、未発売の技術をもとに開発のできる企業が今後いよいよその力を増していくのではないかというね。
ただ、こうなるとシグマは24-70/2.8の新型は出さないんじゃないかと思ってしまいます。つまり、シグマは以前から、市場にない価値を提供していくと繰り返し発言していて、24-70/2.8は高性能な最新設計の製品が各社揃ってしまいましたから。
今からやったとして、一社だけ抜きんでるなんてこともないでしょうし、団子状態で競争しても消耗するだけなのでは?

何かとシグマ、タムロンが話題に上がるので、トキナーも脚光を浴びてうれしいです。タムロンも色収差補正が純正を遥かに超えてますね。
また、大三元レンズは一つ指標だと思うので、シグマも出してほしいですね。ただ、市場にinnovationを。と謳っているから、世界初のデジタル一眼用F2標準域ズーム等のキャッチで、35-80F2DG Artとして発表して、大三元のズーム域をずらすとかをやって来そう。そして、24-70F2.8は軽量・コンパクトを第一に考えた上で画質を追い込んだContemporaryとして出したりして。

フィルム時代にトキナーのAT-X 270を使っていた事がありました。
順光で特定の焦点距離の時は、抜群の写りをしました。
が、別の特定の焦点距離や逆光では、かなり荒れるレンズでもありました。
AFも褒められたものではありませんでしたね。

本レンズも興味を持って実写レビューを追っていましたが、良くも悪くもその傾向は引き継いでいるようです。
経験と腕がある方なら、素晴らしい絵が引き出せそうです。

解像のマップを見たところ、50-70では開放では使用に耐えられないようなのですが、実際にはどうなのでしょう?絞って使うしかない感じでしょうか。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2016年10月14日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーが国内で「RX100 V」を正式発表」です。

次のブログ記事は「ソニーα6500は旧機種のオーバーヒート問題が解決している」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る