キヤノンEF16-35mm F2.8L III は高価だが際立った性能のレンズ

Photography BLOG に、キヤノンの超広角ズーム「EF16-35mm F2.8L III USM」のレビューが掲載されています。

Canon EF 16-35mm f/2.8L III USM Review

  • このレンズは全長13cm、重さ790gで、焦点距離を考えるとそれほど大きくはない。小さなAPS-C機とのバランスは良くないが、5D Mark IVのようなフルサイズ機とのバランスはずっと良好だ。
  • フォーカスリングは最短と無限遠の両端で止まるので、無限遠にセットするのは容易だ。フォーカシングで前玉は回転しない。
  • AFは非常に速く、5D Mark IVとの組み合わせでは、およそ0.10秒で被写体にロックする。明るい場所でも暗い場所でもAFが迷うことはそれほど無く、ほとんど常にAFは正確だった。AFは非常に静かで、動画にも適している。
  • 色収差は驚くほど良く補正されている。周辺光量落ちは広角端の開放では目立ち、解消するにはF8まで絞る必要がある。歪曲は16mmではタル型が目立つが24mmでは無くなり、35mmではいくらか糸巻き型が見られる。
  • 解像力は16mmでは、中央も隅も開放から素晴らしく、F4からF11では見事と言う他ない。F22からは解像力は落ち始める。
  • 35mmの解像力は、開放では中央も隅も若干甘くなるが、F4からF11ではとても良好だ。F22では解像力は落ち始める。
  • 画質は、とにかく最高だ。色収差はほとんど完璧に補正されており、広角にもかかわらずボケも素晴らしい。SWC・ASCコーティングによってフレアによるコントラスト低下も抑えられている。
  • 問題点は周辺光量落ちと広角端の歪曲がいくらか目立つことと、28mmと35mmの焦点距離では開放時にわずかにシャープさに欠けることだ。
  • EF16-35mm F2.8L III は、非常に高価だが際立った性能のレンズだ。もし、涙が出るほど高い金額を払うことができるなら、キヤノンのフルサイズ一眼レフユーザーに、素晴らしい広角ズームとしてEF16-35mm F2.8L III を大いに推薦する。

 

16-35mm F2.8L III は大口径の超広角ズームにもかかわらず、特に広角側は開放から非常にシャープなようで、中央はもちろん隅までシャープなのは素晴らしいですね。色収差もとても良く抑えられているようです。

価格の高さが指摘されていますが、国内の実売価格だとII型とIII型の初値の差は4万円程度なので、高いことは高いですが、涙が出るほど高いというほどではなさそうです。

2016年10月20日 | コメント(5)

コメント(5)

開放からシャープで色収差も少ないので星撮るのに良さそうですね

キャノンの最近の広角ズームにハズレなしですね
欲しいけど、16-35F4L買ってしまったので悩ましいです

やはり性能はかなり良いようですね〜。
f4Lとの比較が有ると良かったのですが。。。
他の比較レビューを待ちますか。

サンプルみましたが、とてもいいです。
11-24mmなどの非球面レンズのノウハウが生かされているように思えます。
キヤノンは数年前までニコンより広角レンズ刷新が遅れていましたが、
16-35mmF4辺りから製造プロセスの革新があったように思えます。

フォーカスリングが無限遠で止まる、というのは、例えば星にピントを合わせる際に拡大ライブビューでルーペ使いながら微調整しなくてもよいほどの精度なのでしょうか?


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2016年10月20日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーの新製品発表は今週ではなく2~3週間後?」です。

次のブログ記事は「ソニーが11月に発表する新製品はFS7 Mark II?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る