シグマは将来DNシリーズのレンズラインアップを拡張する

LENSVIDに、シグマの山木和人社長のインタビュー動画が掲載されています。

Sigma CEO Interview in Photokina 2016 (found via SonyAlpha Rumors

  • (Eマウントのレンズラインナップを拡張するつもりはあるのか?)ミラーレスカメラは、様々な国で既に多くのシェアを獲得しているので、将来、DNシリーズのレンズラインナップを拡張するつもりだ。
  • (Eマウントのマクロレンズを造るのはどうか?)それぞれのカテゴリごとにレンズをフルラインナップするのが我々の計画なので、将来、恐らくマクロレンズもその中に含まれるだろう。
  • (ソニーのAPS-C用のキットレンズ16-50はそれほど高性能なレンズではないが、このキットレンズの代わりになるような小さくハイクオリティなズームを作る予定は?)そのようなレンズに挑戦するのは面白いかもしれないが、画質とレンズのサイズはトレードオフなので、画質を良くすると大きく重くなってしまう。
  • (FEレンズを計画していると他のインタビューで述べていたが?)我々はFEレンズの計画はしているが、詳細は言えない。
  • (シグマのカメラの市場は小さいが、カメラを造り続ける理由は?)3つ理由があり、1つ目の理由は、カメラの画像生成のプロセスを知ることが、よいレンズの開発に役立つからだ。2つ目の理由は、エンジニアの情熱で、我々のエンジニアはカメラの開発が大好きだ。3つ目の理由は、カメラメーカーになることは、シグマの創業者である私の父の夢だったからだ。
  • (ニコンのPFレンズやキヤノンのDOレンズのようなレンズを開発を考えているか?)素晴らしい技術で、我々も開発しなけらばならないと思っているが、そのようなレンズは価格が非常に高く、ボケ味などのいくつかの欠点もある。将来はそれらの問題は解決できるだろう。将来、(PFやDOのようなレンズを)開発する可能性はある。
  • (カメラ産業は売上が減少して厳しい状況にあるが?)CIPAによるとマーケットは2012年と比べて40%縮小しているが、シグマはここ4年で25-30%伸ばしている。市場の厳しい状況は恐らく来年も続くと思うが、このような環境を乗り越えるために、ハイクオリティで革新的な製品を造っていきたい。

 

ミラーレス用のDNシリーズのレンズラインナップが拡張されるのはどうやら間違いなさそうなので、Eマウントやm4/3マウント用の新レンズの登場は期待してもよさそうです。

フルサイズ用のEマウントレンズ(FEレンズ)に関しては、以前の海外のインタビューと同じ回答で、詳細は分かりませんが計画は間違いなくあるようですね。

2016年10月12日 | コメント(17)

コメント(17)

カメラを造り続ける理由は?

我々のエンジニアはカメラの開発が大好きだから。

いいなぁ、SIGMA。応援したくなる・・・

現行のレンズでキヤノンEF-Mマウントを出してほしいです
特に30mm F1.4 DC DNのMマウントが出ればすぐにでも買います
純正はF2が一番明るい単焦点ですしeosM5でEF-Mマウントの明るい単焦点の需要は増えそうだと思います

Eマウントは、キットレンズと銘付き高価レンズ
の両極端なのが悩みの種です。

採算等である程度の数量が出る事が必要なのだと思いますが、
シグマの高画質で手頃な価格に期待しています。

SIGMAはいいですねぇ
SIGMAのチャレンジングな精神、大好きです
これからも期待してます

DNシリーズをEF-Mマウントで出すのは微妙だと思います。
その理由は、ミラーレスはレフより電子補正が重要になります。
キヤノン機との相性で問題が出ることは容易に予想ができると思います。

sd Quattroは期待していただけにEVFにしろ液晶にしろ他社ミラーレスと比べて残念でしたが、FEレンズやDNシリーズを拡張していくならばぜひそれらのレンズを使えて、快適に撮影できるカメラを作って欲しいです。

コスパの良いm4/3用の超広角、出して欲しいです。

SIGMAがMC-11とDNシリーズでEマウントをますます魅力的に仕立ててくれて大歓迎です!

個人的には、価格度外視の、
ショートフランジバックだからこそ実現できた高性能な超広角レンズ(APS-C用の現行8-16mmを超える超ワイド7-14mmとか)に期待しています。

又、現行のDNシリーズのような動画撮影時に「カラカラ、シュルシュル」と異音が入るうるさいAFは止めて頂きたい。(ここはSONY純正レンズを見習って頂きたい)
もっと動画撮影も意識したDNシリーズとなるよう宜しくお願い致します!

レフ機用のAPS-Cレンズで大ヒットしている17-50F2.8をDNで作ったら売れると思います。
ライトユーザー向けのお値打ち高画質ズームがありませんので。
m4/3用でも換算35-100F2.8はポートレート用にちょうど良い画角になりますし。
値段が5万円を超えたらまったく売れないでしょうけど。

Eマウントの70-300mmのレンズ出して欲しいですね
ソニー純正の70-300mmの代替になるものを望みます

FEマウントで10万円切るぐらいのF1.4 Artシリーズが欲しいです。

いつの収録か判らないですが、サムヤンがAFレンズ開発を発表後ならカウンター的な意味での発表でしょうね。
MC-11を投入して、市場を見るという方法がEマウントでは有効だったのかなあと思えます。DNシリーズと云ってもAPS-Cではなくフルサイズでしょうね。現行ミラーレスのフルサイズはFEしかないので、ケンコートキナーに続くFEへの参入でしょう。EマウントのDNのような、比較としての低価格な製品は出ないでしょうね。
M4/3へは現行に加え、シネマレンズでの動画目的での参入が考えらるでしょう。
残るXとEF-Mですが、後者は公式のマウントアダプタがあるので、それとの自社レンズのマッチングを上げるか、またはMC-11のシグマレンズ版を出すかでしょうか。渇望されるX、現行DNでも出てないので、望み薄な気がします。Xユーザーが希望するコンパクトなパンケーキレンズというのは、今のシグマが一番作りに行かない線だと思うのですが。

DNシリーズ拡張するのは嬉しいですが、マイクロフォーサーズ用はAPS-Cの流用ではなく専用設計にして欲しいですね。
M.ZUIKOブランドのシグマ製レンズは沢山あるんでしょうけど、シグマブランドで出していただけるとシグマファンとしては、ありがたいです。

APS-C専用の軽量な300mmズームとか欲しいんですけど。EマウントはFEばかり拡充されててAPS-Cが置いてけぼりなので。
現状Eマウントの300㎜はデカくて高いアレ以外の選択肢が無いのが辛い。α6000で軽快に望遠撮影したいです。

DNの発売当初とは違って、ここ数年のマイクロフォーサーズのボディはサードパーティーレンズでもがっつりと補正効くので、定番レビューサイトに指摘されてた弱点(特に19mmのCA)って何年も前に解決されてるはずなんですよね。どこのサイトも初期の情報のままで、それが今の売上にずいぶんと影響している気がしてなりません。

シグマのDNは、無理な小型化に走らず、速い、安い、写りは最高。と三拍子揃っています。
Eマウントは、30㎜マクロ、50㎜以外は、極端に価格が高かったり、小型とトレードオフで補正が強いレンズばかりなのでシグマには期待しています。

「カメラの画像生成のプロセスを知ることが、よいレンズの開発に役立つからだ」というのは流石ですね。
またレンズの高性能付加価値の販売戦略が成功しているようでなによりです。
しかし純正と同価格で性能は上回るか安価だけど勝るとも劣らない、といったところがサードパーティを選ぶところでもあるので、その辺りの見極めは外さないで頑張ってほしいですね。
Eマウントに力を入れてレンズをラインナップするようになったらシグマからEマウントカメラが出てきたりすると面白いですね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2016年10月12日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンパスが国内で「PEN E-PL8」を正式発表」です。

次のブログ記事は「EOS 5Ds / 5Ds Rの後継機が2017年の終わりまでに登場?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る