富士フイルムが海外の認証機関に「X-A10」を登録

韓国の認証機関RRAに富士フイルムの「X-A10」という名称のカメラが登録されています。

RRA (found via nokishita-camera

  • 韓国RRAの登録内容
    - 企業名:Fujifilm Electronic Imaging Korea
    - 機器の名称:特定小出力無線機器
    - モデル名:X-A10
    - 認証番号:MSIP-CMI-FEI-FF-FF160003
    - 製造業者:Xacti Corporation
    - 製造国:インドネシア
    - 認証年月日:2016-09-26

 

富士フイルムはX-A3を発表したばかりですが、更にX-Aシリーズの新型機を投入するようですね。型番からすると、X-A3よりも更に下位のモデルになりそうな雰囲気です。製造は、X-A1は富士フイルムでしたが、X-A10ではザクティに変わっているようですね。

rra_fuji_x-a10.png

2016年10月23日 | コメント(7)

コメント(7)

まさかの縦型FinePix復活だったら面白いですね。

下位機種は海外で人気のあるAに統一してEやMは打ち止めでしょうか。
GFX、Pro、T1ケタ、T2ケタ、A1ケタ、A2ケタ(海外のみ?)に整理されそうですね。

X–A3が立派になりすぎたから、新しい廉価版作るんですかね。

これはEとMの後継機は出ないな・・・

Lumix GMみたいな、Xマウントの最小構成カメラではないでしょうか?

・固定液晶
・タッチパネル
・ダイヤル少ない
・1/500くらいしか幕速の出ないシャッターユニット
・内臓フラッシュorアクセサリーシュー無し

富士はデジタル化して衰退の一途を辿った「写真」という文化活動を、どうにかフィルム時代のように賑わせたいハズです。その回答がミラーレス構造によって小型・軽量化したカメラによる「持ち出し頻度の向上」なんだと思います。

X-Aシリーズがすでに廉価版なので、それのまた廉価版は考えにくいので
ここはAPS-CのX-30後続機とか?それなら嬉しい。

ザクティが関与しているんですね。ミラーレスもODMが増えるということでしょうか。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2016年10月23日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーがα99 II の供給不足を告知」です。

次のブログ記事は「富士フイルムが「X-A10」を11月に発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る