ツァイスはAマウント用のMilvusは計画していない

SonyAlphaRumors に、ツァイスへのAマウントレンズに関する問い合わせの回答が掲載されています。

Confirming the obvious: Zeiss has no plan to make A-mount Milvus lensest

  • これはとても明白だったことだが、ツァイスが公式に回答している。Milvusシリーズのレンズは、Aマウントのレンズは決して発売されない。ツァイスは公式Webサイトで、SARの読者に次のように回答している。

    Q:「ソニーAマウント用のMilvusを発売する計画はあるか?」
    A:「現在、Aマウントバージョンの計画は無い(ツァイス カメラレンズ チーム)」

 

残念ながらツァイスは、AマウントのMilvusをリリースするつもりはないようですね。ツァイスは、Kマウントレンズの開発も止めてしまったので、一眼レフ市場の状況が変わらない限りは、MilvusはFマウントとEFマウントのみということになりそうです。

2016年11月 5日 | コメント(5)

コメント(5)

ZEISS内でも、AやFEマウント版の検討会があったようです。結局、マウントアダプターの充実具合から増やし辛く今に至るとか。

FEは夢があるけどAは現実的対応という事でしょうね。
Kマウントも電磁絞りになってるので来ませんかねぇ。
(まぁ、キヤノンと二台持ちすれば良いってことかw)

Aマウントはソニーツァイスに頑張って貰うしかないかな。

サイバーショット(DSC-F828)にT*が付く頃、京セラとsonyの間にレンズの棲み分けが有ったのではないでしょうか? その後京セラが一眼カメラから撤退しても(撤退から10年間京セラがアフターサポート中も)その取り決めが生きていて、milvus(contax)系レンズはsonyには供給しない。その代りzeissはsonyと新AFレンズを開発・提供? その10年も過ぎましたが、MFレンズはSONYにとって今更でしょう。
SONYが京セラのカメラ部門を引き継がず、ミノルタのカメラ部門を引き継いだのは、今となっては正解だったかも。

Aマウントは純正でツァイスがあるんで要らないでしょう。
しかもAFでつかえるし。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2016年11月 5日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンの次の一眼レフはKiss X7後継機か8000Dの後継機?」です。

次のブログ記事は「キヤノンEOS 6D Mark II の発表はNAB2017以降になる?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る