LEICA M10はボディが薄型化され連写は5コマ/秒になる?

軒下デジカメ情報局に、近日中の発表が噂されている「LEICA M10」のスペックに関する情報が掲載されています。

ライカの「Leica M10」の連写性能は最高5コマ/秒になる?

  • LEICA M10

    - 2400万画素センサー
    - 画像処理エンジン「MAESTRO II」
    - アナログM型ライカのようにスリム
    - ISO感度ダイヤル
    - 改良されたファインダー
    - 最高5コマ/秒 
    - Wi-Fi搭載
    - その他(縮小操作コンセプト、メニューを好みに合わせてカスタマイズ、拡張ISO感度設定)

 

LEICA M10のスペックは、ほぼこれまでの噂通りで、薄型のボディが採用され、ISOダイヤルが追加されるようです。ファインダーも以前から推測されていた通り、改善されるようですね。また、連写速度もLEICA M Typ240の3コマ/秒から5コマ/秒に改善されているようです。

なお、「その他」の部分の項目は、元記事に記載されていたドイツ語を英語に自動翻訳してテキストを起こしたものなので、間違っているかもしれません。

LEICA_M10_001.jpg

2016年12月16日 | コメント(4)

コメント(4)

基本はType240の後継機ということで、動画撮影可能でEVF装着有りなのですかね?
どちらにせよ、画はさらに良くなりそうで楽しみです!

むむ!気になりますね〜M10。昨今の円安でどんな価格になるのか戦々恐々ですが(笑)

 M10は無音電子シャッターも実装してほしいですね。ライカはシャッター音のよしあしも重要でしょうが、やはりブレの原因になるので、電子シャッターのモードがあると助かります。
 また、素子がむき出し状態よりシャッター幕がある方がゴミがつきにくく思えますが、M9などを使っていると、ブロワーでとれない油性のもの?は、外から入るというより、シャッター幕という可動部分に由来しているものでないかと感じています。
 そして、無音が必要な舞台撮影でこそ、ライカのシックな色で撮りたいというのもあります。SLが出たときも、低感度の画質にかなり心惹かれるものがありましたが、まだこれが実装されていないようなので(勘違いだったらすみません)見送りました。ソニーもペンタ(K1 LV時)もフルサイズですでに実現しているので、可能ならぜひ積んでほしいと思っています。

M10は動画撮影機能が無くなっているのでしょうか。
むしろその方が歓迎です。どっちみち使わないし。
その分安くしてくれるとありがたいです。

ただ、もう少し画素数が多くてもよかったかなあと思います。
M(240)とは違ってもう一度原点に戻って写真に特化した
ラインという方が潔いのでは。

いずれにしろM10-Pが出るまで待ちですけど。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、2016年12月16日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンがEFレンズの模倣品に関する注意を喚起」です。

次のブログ記事は「ニコンが2017年にD700の真の後継機「D760」を発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る