富士フイルムが海外で「X-A10」を正式発表

富士フイルムが海外で、Xシリーズのエントリーモデル「FUJIFILM X-A10」を正式に発表しました。

Introducing the compact and lightweight mirrorless digital camera "FUJIFILM X-A10"

  • 富士フイルムは、ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-A10」を発表した。

    - 新開発の16.3MP APS-Cセンサー
    - 180度チルト可能で自撮り可能な液晶モニタ
    - ISO200-6400(拡張でISO12800-25600)
    - 6種類のフイルムシミュレーションモード
    - 瞳認識
    - 動画はフルHD 30fps、電子手ブレ補正(レンズ内補正と併用で5軸)
    - 電子シャッター(最高速は1/32000秒)
    - フラッシュ内蔵
    - Wi-Fi内蔵、スマートフォンによるリモートコントロール
    - 小形軽量で直感的な操作性のレトロデザインのボディ
    - バッテリーライフはおよそ410枚
    - キットレンズはXC16-50mm F3.5-5.6 OIS II

 

以前に、X-A10の発表が何らかのトラブルでかなり遅れるという噂が流れましたが、海外では本日無事発表されたので、それほど深刻なトラブルではなかったようですね。

X-A10のスペックは、以前にリークした噂通りで、X-A2に近いものになっているようです。違いは、ホットシューの省略やグリップの形状の変更などでしょうか。

価格は、北米の販売店B&Hでは、レンズキットで499ドルになっています。あとは、X-A10が国内で発表されるのかどうかが気になるところですね。

fuji_x-a10_030.jpg

2016年12月 1日 | コメント(6)

コメント(6)

X-A10はアジア等の海外専用機ですかね!?
シンプルで良いかも知れませんが、売れるかな?
このボディだと追加レンズの購入も望めないし。
あと、XCレンズの18-150㎜などもキットであればいいですね。
X-A10を見ると、X-A3がお洒落で高品質に見えます。

X-A10は国内販売はされないようです。

あれ、フジのカメラって高感度強いとよく言われるけど、基本感度200の設計なんですね。

ん?
電子手ブレ補正がレンズ内補正と併用で5軸!?
FUJIでは初めてなのかな?

このラインはやはりレンズのでかさをどうするかが今後の課題に思えますね…

infoXも注目されてるようですが…

電子手ブレ補正(レンズ内補正と併用で5軸)

これが事実だとすると単なる廉価品とは捉えられませんね。

その効果と他の製品にも採用されるのか気になるところです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2016年12月 1日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンEF24-105mm F4L IS II は中間域から望遠側でMTFの改善が見られる」です。

次のブログ記事は「富士フイルムX100Fは2017年1月に発表される?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る