キヤノンが4月6日に新しいEF-SレンズとPowerShotを発表?

Canon Rumors に、キヤノンが近日中に発表する新製品に関する噂のまとめが掲載されています。

What's Being Announced Next Week?

  • 来週の2017年4月6日(北米東部の場合)に発表される製品に関する情報のちょっとしたアップデートだ。

    - EF-S 35mm F2.8 Macro IS STM
    - PowerShot SXシリーズのカメラ

    SXシリーズのカメラの機種名はまだ確定していないが、PowerShot SX60 HS がようやく新型に置き換えられることになると考えている。

    EOS Rebel SL2(Kiss X7後継機)は、新しいEF-Sレンズと一緒には発表されないだろう。そして、EOS 6D Mark II の発表もまだ待たなければないだろう。

    5D Mark IVのアップデートを含むNABの発表は、2017年4月20日に行われるだろう。

 

キヤノンの新製品発表は、前回の噂では4月5日発表となっていましたが、これは地域による日付の違いだと思われます。

新しいEF-Sレンズは、新型Kissと共に発表されるという予想もありましたが、どうやら新型Kiss(Kiss X7後継機?)の発表は別に行われるようですね。新型Kissと6D Mark II はもう少し待つ必要があるようです。

あと、NABで発表されると噂されている5D Mark IVの動画機能を大幅に強化する新ファームも本当に登場するのかどうか注目したいところです。

2017年3月30日 | コメント(5)

コメント(5)

powershotSX70HSまちわびてました。P900は予約待ちのヒット商品でしたから高倍率ネオイチは野鳥好きな人は買いますよ。

P900が品薄だったのは生産台数が少なかったからだと思っています。
予定生産台数は、D750が月産4万台、D810が月産2万台なのに対して、P900は月産1万4千台ですから。

キヤノンはそこをどう見ているんでしょうね。

新しいマクロレンズとKiss X7の後継の同時発表なら面白いと思っていましたが、残念です。

そういえば先日の海外の認証機関の記事でSX730HSが挙がってましたけど同時発表ではないんですね。
私は730HSの発表の方が嬉しいですけど、ネオ一眼も小型センサー機の最後の砦みたいになっているので頑張って欲しいです。

PowerShot SX60 HSは広角側の広さが非常に使い勝手がよく、また右手一本でズームからシャッターまで操作できるのが便利で愛用している。
現行機でもまったく不満はないが、後継機は1mmでも広角側がさらに広くなるのならすぐに買い替えたいところ。(でもたぶん望遠側が伸びるのだろうな)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、2017年3月30日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「新しいα7シリーズにはα6500のメニューシステムが採用される?」です。

次のブログ記事は「シグマ「100-400mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary」の価格と発売日の情報 [内容更新]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る