ソニーのEマウントハイエンドカメラはα7S III になる可能性がある?

SonyAlphaRumorsに、これまでのソニーの新製品に関する噂のまとめと、いくつかの追加情報が掲載されています。

Is the soon to be announced new FF "High Speed" E-mount camera a Sony A7sIII?

  • 以前に述べたように、ソニーが4月23日に新製品を発表する。これまでの最も信頼できる情報は次の通りだ。

    - 新しいハイエンドEマウントカメラが登場する
    - このカメラはスピードに特化したカメラ
    - デュアルSDカードスロット
    - 現行のα7 II シリーズよりも少し大きい
    - 背面にジョイスティックを搭載
    - 新しいFEレンズも登場する(16-35mm F2.8 GM とFE100-400mm G)

  • このカメラがどのよな機種なのかはまだ不透明だが、次のような可能性がある。

    - 新しいα9(またはα8か、そのようなもの):これは新シリーズを意味する
    - ハイスピードのAFと連写を備えたα7 III
    - ハイスピードのAFと連写、そしてものすごい高感度性能のα7S III

    長きに渡って噂されているハイエンドEマウントカメラは、現行機の上位(価格やサイズや性能の点で)に位置する新世代のα7シリーズのカメラかもしれない。

    そして、ここ何日かで、このカメラが現行のα7 II シリーズに非常に近い(少し大きいだけで)もので、α7S III になるかもしれないという未確認の情報を得ている。しかし、これは確定には程遠いものだ。

 

新型機はα7 III シリーズになるのか、α9やα8シリーズになるのか気になるところですね。α9(α8)だと、かなり高価(キヤノンやニコンのフラッグシップ機並み?)になりそうな気もしますが、α7 III シリーズ(α7 III やα7S III など)なら、もう少し安価になるかもしれませんね。

2017年3月27日 | コメント(11)

コメント(11)

α9というハイエンドモデルは、ひょっとしたらミラーレスの常識を覆すような性能になるかもしれませんね。楽しみにしています。

大きくなるのに
α-7SIIIはちょっと命名ルールが不明瞭で
すっきりしないですね。

ボディもマスターシリーズでα-7SMとかじゃ
ダメかな?

ムービー特化であれば 4K10bit422出力とかに対応してほしいですね。
パナのGH5を相当に意識したモデルになるとは思うのですが…

スチルならば高画素モデルに期待です。

噂では6000ドル前後と言われていますので、α7SⅢだとしたらガッカリです。
推測すると
・画素数は12MP
・連写20コマ/秒、無制限撮影
・SDカードのダブルスロット
・ジョイスティック搭載
・バッテリーはα7シリーズと同じ
・4K60P動画撮影

12MPとバッテリーの容量アッブが無いのでは、購買意欲が湧きませんね
しかもこれで 70万円近い価格では、高過ぎかと・・・

個人的には今回の機種が、α7SⅢならば価格は 36万円程度に。
そして噂の6000ドル前後の機種は、次の高画素70MPタイプで α9なら納得できて良いのですが

パナソニックの放熱板を見るに
ソニーの機種で4K60Pを実現するにはα9クラスのサイズがどうしても必要になりそうだし、α7シリーズでの4K60Pは難しそう。
仮にSの後継だとしたら、画素数を微増させつつ、高感度耐性も底上げする機種を期待する。

なるほど、多分これって当たりでしよう。
デュアル、ジョイスティック、連写など
他社並みになりました。
性能、利便性の仕様が頭うちになれば、
あとは価格かな?

4K30pが撮れる安価な機材の多さを見るに、4K30pと4K60pの間には何か凄まじい高い壁が存在するようですね。

新たなセンサーを搭載したカメラのようで、積層+裏面照射?+位相差+ファーストハイブリッドAF、あたりが載りそうですね(妄想ですが)。
P社が4k60P載せたみたいですが、SONYさんなら6K30Pやりません?

a7 ii の後継を期待しています。
価格も控えめで。
無理かなぁ

噂の低画素連射機αSⅲになるなら個人的には大歓迎です。お値段がαSⅱプラスαならですが。。。でも無理かなぁ

プロ機とプロS機の2種類出る気がします。別に根拠はありませんが。
高画素機は恐らく連写速度がそんなに出せないのではないでしょうか。逆に低画素なら連写に有利ですし、暗く成りがちな望遠でも強いです。
ミラーレスに置いては、動画に強い機種=連写性能が高い、と言っても過言ではありませんし、需要はあると思います。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、2017年3月27日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーが認証機関に登録したカメラは確実にハイエンドEマウント機?」です。

次のブログ記事は「サムヤン「XP14mm F2.4(EFマウント用)」が発売」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る