ライカが海外の認証機関に未発表のカメラ(LEICA TLの派生機?)を登録

軒下デジカメ情報局で、ライカの未発表のカメラの登録情報が紹介されています。

ライカの未発表カメラが海外の認証機関に登録

  • ライカの未発表カメラ用通信モジュール「5370M」がFCC認証を通過した。

    - FCC ID:N5A5370
    - 登録日:2017年3月27日
    - 企業名:ライカカメラAG
    - 無線種類:Wi-Fi(IEEE802.11b/g/n)
    - 搭載機型番:5370
     - 機器の種類:デジタルカメラ
     - バッテリー:BP-DC13
     - 本体サイズ:W134mm×H74.7mm×D33mm
  • バッテリーや本体サイズから推測すると、ライカTL(型番8854)の派生機か。

 

新型機の本体のサイズは、幅と奥行きはLEICA TLと同じですが、高さが5.7mmほど高くなっているようです。

LEICA TLは、LEICA Tから内蔵メモリ等が変更されたマイナーチェンジモデルでしたが、今度の新型はボディサイズが異なるので、大きなモデルチェンジになりそうですね。

単なる推測ですが、高さが増しているので、EVFを内蔵した派生モデルの可能性もあるかもしれませんね。 

2017年3月28日 | コメント(3)

コメント(3)

APSも力入れていくんですね
ミラーレスはSLに移行するのかと思ってました

Leica TにSummicron 23mm f2を装着して愛用していますが、レンズ性能が極めて優秀なのに対して、本体のセンサーなり画像処理エンジンが後れを取っていると感じていました。TL登場時はあまりのマイナーチェンジにがっかりしていましたので、EVF内蔵の可能性も含めて大幅なモデルチェンジは大歓迎です。

ライカTにはEVFが付いていないので、やはり本気で撮影しようとするとEVFが必須です。SLは高くて重いので、実用的にはTにEVFをつけたものが出れば嬉しい。 外付けEVFは驚くほど高価なので、内臓が望ましい。 でも本体価格が上がってしまうか。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2017年3月28日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーが4月23日にα7S III と複数のカムコーダーを発表?」です。

次のブログ記事は「パナソニックが日経新聞の「デジタルカメラ事業部解体」の記事にコメント」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る