シグマ「135mm F1.8 DG HSM Art」の解像力は実に素晴らしい

Lensrentals に、シグマ135mm F1.8 DG HSM Art とライバルとの解像力の比較テストが掲載されています。

Sigma 135mm f/1.8 Art MTF Charts

  • 解像力テストは10本の135mm F1.8 Artで行った。
  • このレンズの解像力は、低周波(コントラスト)も高周波(細部のディテール)のいずれも見事なものだ。サジタル方向(破線)とメリジオナル方向(実線)の差が小さく、非点収差が少ない。F2.8まで絞るとより一層シャープになる。
  • 像面は、ほぼ完璧にフラットだ。
  • キヤノンEF135mm F2L との比較では、シグマが若干明るいにもかかわらず、明らかにシグマが良好で、実に大きな差がある。シグマは大きく若干高価だが、解像力は優れている。(図は左がキヤノン、右がシグマ)

sigma135f18_canonEF135f2_comp001.jpg

  • Rokinon 135mm F2(実際は同じ光学系の135mm T2.2 Cine DSでテスト)との比較では、非常に近い結果だ。Rokinonはずっと安価だが、シグマの方が鏡筒の造りはずっと良い。
  • ツァイスApo Sonnar 135mm F2との比較では、この2つのレンズの差はとても小さなものだった。とは言え、隅の解像力でシグマが若干優れている。
  • ニコン70-200mm f/2.8E の135mmとの(開放同士の)比較では、シグマの方がずっと明るいにもかかわらず、周辺部ではシグマの方が良好で、シグマをF2.8まで絞るとシグマが全面的に優っている。
  • シグマ135mm F1.8は実に素晴らしいMTFで、キヤノンEF135mm F2Lよりも良好だ。このレンズのMTFは開放のF1.8で、ツァイスやRokinonのF2と同じくらい良好で、これらのレンズと異なりAFも使用できる。レンズの性能は多くの要素で決まるが、MTFに関してはシグマは間違いのないものだ。残念ながら私のお気に入りのキヤノンEF135mm F2は、新しいレンズ達と比較すると、若干の古さを見せている。

 

シグマ135mm F1.8の解像力は非常に優秀で、開放から申し分の無い性能のようです。比較対象となっているキヤノンのEF135mm F2L は、とても評価の高いレンズですが、1996年に発売されたレンズなので、さすがに最新設計のレンズと比べると結構差があるようですね。

2017年4月13日 | コメント(14)

コメント(14)

キヤノンは20年一線張れるレンズを作ったんですね。
次回作も20年歩めるものを頼みます。
シグマの単焦点は攻めてますよね。
サードパーティーは安いけどイマイチなんて過去のものにしましたね。

F値が同じSAL135F18Zとの比較もしないと行けないと思いますね。
シグマが良いレンズなのはわかりますが

シグマよさそうですね。キャノン135の後継でなければ買い替えかなぁ。

>>neoTTさん
これまでレビューしてない(データのない)レンズと比較しろと言っても無理な話では?

純正の135mmF2使っていますが(ただし中古)解像度云々よりも色乗りがしっくりくるのと、ボケがきれいで気に入っています。そのあたりはどうなんでしょうか?

明らかにシグマが良好とはいえ、20年前のレンズで最新設計のレンズと同じ土俵に立てるなんてキヤノンは素晴らしいですね。

キャノンユーザーではありませんが、キャノンの135f2Lの映りは単純に好きです。解像度がどうなのか気にならない良さがありますね。

キヤノンの135ユーザーです。◎なレンズ。が、時の流れもあってシグマのほうが幾ばくかいいんだろうなとは推測はしていたものの、こんなに差があるとは想定外。35、50、85に続けてartにするしかないかなとのジレンマ。

135mm Art を MC-11かましてα7sで使ってますが、
切れ味いいですよ。AFも結構素早い。85mmGよりもいい感じです。
ただ重い。

sigmaのレンズのMTF見る限りすごいとしかいえません。
私はキヤノンの純正を使ってますが乗り換えたくなりました
ところでテレコンは使えるんでしょうか?
キヤノンのはテレコンが使えるので重宝してましたが

>neoTTさん

おっしゃるとおり、sonyユーザーとしては、評判の良いSAL135F18Zとの比較も気になるところです。

SAL135F18Zはそんなに新しくないので、シグマの方が解像度等は優れているのでしょうが、ボケなども含めて気になるところです。

個人的にはソニーの135、f1.8との比較が欲しかった。あれが私にとってのベストオブ135mm レンズなので。

どちらもα7シリーズに付きますしSONYのSonnarとの比較もいつか見てみたいですね。
10年ちょっとでどれくらい光学技術が上がっているか目安になると思います。

片一方は750グラムげで、1.1㎏ですから、単純に新旧だけの差じゃいとおもいますね。デジカメが高画素化して、1㎏旧の単焦点がごろごろ発売されるとはおもいませんでした。

EFには完勝と言えるでしょう
安定のART単性能です

ART35mmに完敗して、徹底的に磨き直された35mmLIIのように
CANONの逆襲が楽しみです


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、2017年4月13日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムX-E3はX-E2よりも小型化される?」です。

次のブログ記事は「来週の各社の新製品発表に関するまとめが掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る