中一光学がGFX用の「65mm F1.4」と「85mm F1.2」を参考出品

中一光学が、海外での富士フイルムGマウント用の「SPEEDMASTER 65mm F1.4」と「SPEEDMASTER 85mm F1.2」を参考展示しています。

中一光学はSPEEDMASTER 65mm F1.4 富士フイルムGマウントレンズ参考出品

  • SPEEDMASTERシリーズの試作品「SPEEDMASTER 65mm F1.4」と「SPEEDMASTER 85mm F1.2」は、富士フイルムの中判ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM GFX 50S」(2月28日発売)用のGマウントレンズ。
  • 「SPEEDMASTER 65mm F1.4」は富士フィルムGFXシリーズ専用デザイン。「SPEEDMASTER 85mm F1.2」は従来モデルをGマウント化にした製品。2017年中の発売を予定しており、価格は未定。

speedmaster_65f14_001.jpg

speedmaster_85f12_001.jpg

純正レンズには、F1.4やF1.2クラスの大口径レンズは存在しないので、GFXで大きなボケが必要な人には、これらのレンズは大いに歓迎されそうです。光学性能によっては、人気レンズになるかもしれませんね。

2017年4月25日 | コメント(7)

コメント(7)

電子接点付けてくれると絶対に買うのですが
つかないだろな・・・

GFXユーザーにとってこの明るさは凄い魅力的なのではないでしょうか?6月にはGF110mmF2が出る予定ですが、さらに明るいんですもんね・・・ピントあわせが困難を極めそうです。

65mmで換算50mm 最高じゃないですか
最短撮影距離が気になりますね

この製品はフルサイズ流用とのことですね。

そのため周辺はたぶん使えないことになるのではないかと。それを味とみるかどうかはべつではありますが。

専用設計なら飛びついたんですが、、

65mmは専用設計って書いてありますよ。

GFXのセンサ―は44mm×33mmなのでそれほど大きくはないです。
85mmクラス以上の望遠レンズのイメージサークルは十分に大きいものがほとんどで、PENTAXの645D/zユーザの中には、ライカのビゾフレックス用レンズ(90mmF2等)を使っている人がいます。

中判(といってもデジタル中判ですが)サイズで1.4のレンズなどは存在しませんでしたし面白いのを出してきますね

APS-Cにフルサイズレンズを付ける場合にレデューサー光学系が搭載されたアダプタを使用するとF値が小さくなり明るくなりますが
その逆のようなレンズを組み込めばF値が大きく暗くなりますがイメージサークルを広げる事が出来ると思われます
フルサイズ50mmF1.2あたりで設計してこういった工学系が入っていたりするのかな?なんて予想をしたのですがどうなのでしょうかね


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2017年4月25日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「NABで展示された新製品のまとめ」です。

次のブログ記事は「キヤノンが6月下旬からEOS 5D Mark IVのC-Log対応アップグレードを開始」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る