ニコンが海外の認証機関にN1404のコードネームを再登録

Nikon Rumors に、ニコンが認証機関に登録したコードネームN1404というカメラに関する考察が掲載されています。

Nikon N1404 camera listed again at the Indonesian Communications Agency Postel

  • ニコンのN1404というカメラは最初にインドネシアの認証機関Postel に2014年に登録された。このN1404は、現行の一眼レフカメラD750に対応している可能性が非常に高い。D750のマニュアルの2ページ目を見て欲しい。

nikon_d750_manual.png

  • 興味深いのは、インドネシアの認証機関Postel に、同じN1404というカメラが4月21日に新しく登録されていることだ。ニコンがD750にスナップブリッジを追加しただけのモデルチェンジを計画しているのだろうか?

postel_n1404_20170421.jpg

 

確かにPostelにN1404というコードネームが再登録されているようですが、これは何を意味しているのでしょうかね。Nikon Rumorsは、D750にスナップブリッジを追加したマイナーチェンジモデルの登場を予想しているようですが、どうなることでしょうか。

2017年4月23日 | コメント(12)

コメント(12)

再登録?
すでに発売してる商品の再登録とかあるのか
それかミスとか?

D750の後継が来るのかな

D820が先という噂もありましたよね。なににしろニコンの新製品はわくわくします!

付属バッテリーを「EN-EL15a」に変更しただけってことはありませんかね?

スナップブリッジだけならD750に有償対応って形で実現できそうですが。
現行機が全部盛りの内容で古臭さも感じないですし、無理して後継機を出すタイミングでもないのではと思います。

D750愛用してます
かなり完成された機種ですのでスナップブリッジはいらないと思うけどな
D750後継では動画、ライブビュー、高感度の強化位で
たいした進化はなさそう

私は、810➡750へダウングレードしましたが、シャッターフィーリングがイマイチなのが不満位でsize、重さ、機能面、性能など、バランスとれてますね。
しかし、撮る道具としてフィーリングは大切ですが。

今のままで色々とブラッシュアップ(ローパスレスなら画素据え置きでも構わない)してくれたら、買い換えか買い足しします。

コードネームが全く同じということは、マイナーチェンジ機ではなく、何らかのアップデートをするということでしょうか。

D750はバランスがいいモデルですので、マイナーチェンジ機を出すのではなく、ペンタのK-1のようにアップデートで熟成させていくのも有力な方法だと思います。

以前の話だとD760は今年の後半か来年早々でしたね。
D750がマイナーチェンジされるとしたら、D750とD760は全くの別物
と言うことになるかと・・・?
D750はマイナーチェンジを繰り返しつつD600系と統合でしょうか?

今後の製品は全て SnapBridge 搭載らしいですから D5500 → D5600 と同じパターンで D760 が登場するのかもしれませんが、アルファベット+4桁数字なんていうコードネームをわざわざ再利用するというのは、ちょっとよく分からないですね。 例えば新しいレンズキットが追加される時って認証の要・不要はどうなんでしょうね。

一部の部品がディスコンで、代替品に変えるのは量産品では人知れず良くあることですが、そこが通信関連だった場合には認証取り直しになると言う事ではないかと予測します。
つまり、D750のまま。

Nikon Imaging のトップページに、D750が再登場してますね。普段は新製品の紹介に充てられるスペースなのに。まだしばらく現役ってことなのかな。

昨年暮れから今年2月にかけてD750が欲しいという人と
見に行ったら、ほぼ全ての店頭から消えた時期がありました。
3月にようやく手にしていました。
hatoさんのいう通り、部品変更による認証取り直しで
手間取ったのかもしれませんね。
余談ですが、今年頭の2ヶ月間にソニーフルサイズ機の米国の売り上げが
二位になったのは、D750の販売が止まったからではないかと。
4月以降のシェアはどうなったか、興味あるところです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2017年4月23日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーのNABの新製品発表に関するまとめ [内容更新]」です。

次のブログ記事は「ライカから次に登場するMレンズは「NOCTILUX-M 1:1.25/75 ASPH.」?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る