ニコンが「AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm f/3.5-4.5E ED」を正式発表

ニコンが、FX対応の魚眼ズーム「Fisheye NIKKOR 8-15mm f/3.5-4.5E ED」を正式に発表しました。

NIKKOR初のフィッシュアイズームレンズを発売

  • 「AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm f/3.5-4.5E ED」は、焦点距離8-15mm、開放F値3.5-4.5のNIKKORレンズ初となるフィッシュアイズームレンズ。
  • FXフォーマット時には、ズームのワイド端で画角が全周180°の円周魚眼画像、テレ端近傍で画角が対角線方向に180°の対角線魚眼画像が撮影可能。DXフォーマット時には、ズームのDX指標近傍からテレ端の間で最大180°の対角線魚眼画像が撮影可能。
  • ズーム全域で絞り開放から撮像範囲全体をシャープに解像し、絞っても安定した高画質が得られる。
  • EDレンズ3枚の採用で倍率色収差を効果的に補正し、画像周辺部でも色にじみを最小限に抑えているほか、ナノクリスタルコートの効果でゴースト、フレアを抑えたクリアーな画像が得られる。
  • 最短撮影距離0.16m、最大撮影倍率0.34倍。近距離においても高い解像力を実現。
  • 埃や水滴の侵入を防ぐシーリングをレンズ鏡筒の可動部分をはじめとする随所に施した防塵・防滴構造を採用。
  • 価格は税別152500円、発売時期は2017年6月30日予定。

 

キヤノンのEF8-15mm F4Lのような魚眼ズームの要望は、ニコンユーザーの間で結構あったようなので、このレンズの登場は歓迎されそうですね。FXの円周魚眼、対角魚眼、DXの対角魚眼と1台3役のレンズで、かなり便利に使えそうです。

2017年5月31日 | コメント(15)

コメント(15)

お値段からナノクリではないかも?と思っていました。
ニコン、ナメてました。

フィッシュアイが出ることを予想+期待はしていました。よいレンズなのだろうなあ。ただし自分はD500なので、さてDXに限ってみるとズームの有無がどこまでメリットか、いかがでしょうか。10.5ミリでも間に合いそうで、迷います。

もう一回り明るかったら文句なしに購入対象です。
魚眼はレンズの中でも最もニッチな部類でしょうから、なかなか刷新されていませんでしたが、ここへ来て円周から対角までをズームでカバーするという、トキナーから始まった流れについに乗りましたか。
使いこなすのは難しいでしょうけど、面白そうですね~。

主に人物撮りとしては、28mmは思ったよりもハイファイだし、空気感のある描写かと思います。
35mmと迷っています。

円周、対角魚眼ズーム、待つてました。
これから活躍するので予約します。

ながらくDXの10.5mmで我慢してきたので購入したいところですが、28mmF1.4のほうが圧倒的に使用頻度が高いと思うのでちょっと我慢してまず28mmF1.4を予約してD820が出てからD820とこれとどっちを先に購入するか考えたいと思います。

連投すみません。

これ、リアにフィルタポケットがありますね。
これは魅力あるなぁ。

12mm魚眼、買ったばかりだけど…(^^;

ズーム以前に、ニコンの円周魚眼がようやく復活してくれましたね。それだけでもお祝いしたい気持ちです。
小さなサンプルしか見られませんが、周辺描写もなかなか良さそうです。明るくもなく、F値一定でもないので、描写最優先で設計されたのだろうと期待しています。 後方フィルター枠も確保されていて一安心です。

キャノンの11-24のようなレンズを期待していたのでがっかりでしたが、被せ式レンズキャップもちゃんとロック式になっているし、マウント側にフィルター枠もあるので注文しました。
質感は値段なりのものなんだろうけれど、その分気軽に遊べそうです。因みにタイ生産です。

ソニーユーザーですがこのレンズはうらやましい。
動画でズーミングしたらとても面白い絵がとれそうです。

ついに来ました。
このレンズが出ないか首を長くして待ってました。
もう買うしかありません。

ナノクリかー、、
これはほしい!

旧型も併売のようですね。
新型はフィルム対応してませんし、
フィルム機がラインアップにある限り、選択肢の幅は確保してくれるようです。

これDX機で水中撮影するのに重宝しそうです!買います

飛びつき購入、810に付けました。とっても可愛いサイズです。早速撮影しましたが、素晴らしいの一言、ニコンらしいシャープな円形の絵が撮れます。強いて難を言えば、フードが使えません。画像が欠られます。使えるフードを出してもらいたいものです。でないとフィルターの付かないレンズが円形で飛び出してますから、持ち運んでるとき、レンズに傷が付きます。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、2017年5月31日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンが「AF-S NIKKOR 28mm f/1.4E ED」を正式発表」です。

次のブログ記事は「ニコンが極めて高性能な保護フィルター「ARCREST」を発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る