キヤノンEF24-105mm F4L IS II USM は周辺部の画質が改善され逆光耐性も非常に良好

LensTip に、キヤノンの標準ズーム「EF24-105mm F4L IS II USM」のレビューが掲載されています。

Canon EF 24-105 mm f/4L IS II USM

  • 新型のEF24-105mmは、旧型に比べるとレンズの枚数は少なくなっているが、大きく重くなっている。しかし、それでもシグマの24-105mm F4よりは軽い。
  • ズームリングは適切な重さがあり、むらなく動く。フォーカスリングは程よい重さがあり、遊びが無く滑らかに回転する。フォーカスリングの回転角は約100度で、AFレンズとしては標準的だ。
  • 手ブレ補正は、望遠端のテストでは最大で3.5段分の効果で、旧型よりも顕著に良くなってはいるが、これまで見てきたLレンズは4段分か、それよりももう少し高い効果があった。
  • 中央の解像力は、開放からズーム全域で36lpmmを超えており(良像の基準値は30-32lpmm)、画質が良好であることを示してる。少し絞ると、40lpmmに近づくが、ピークでもせいぜい43lpmmだ。これは廉価なEF24-105mm F3.5-5.6 IS STMよりはずっと良好な性能だが、旧型と比べて改善はしていない。中央の解像力は、ライバルのシグマ24-105mm F4の方が少し良好だ。
  • 隅の解像力は24~40mmでは良好(開放で約32-33lpmm)で、開放でも問題は無いが、70mmでは、F5.6に絞らないと許容範囲内の画質にならない。105mmは更に弱く、F8まで絞る必要がある。隅の解像力は感心はしないが、他のレンズはもっと悪く、シグマの24-105mmやキヤノン24-105mm F3.5-5.6 IS STMがキヤノンの新型と張り合えるのは40~45mm域だけで、その他の全ての焦点域で新型のEF24-105mmが優っている。
  • 解像力についてまとめると、このレンズは、中央の画質は旧型よりも若干悪くなっているが、隅は旧型よりもずっと良くなっている。特に24~40mm域では改善が顕著で、一番隅の部分でもとても良好な解像力だ。
  • 軸上色収差は、大きな問題は無い。ごくわずかにボケに色付きが見られるが、実写では気付かないだろう。
  • 倍率色収差は、ズームの両端で最も大きく、0.08~0.09%になるが、それでもなお、わずかな値だ。ズーム中間域では、倍率色収差は全く問題ない。倍率色収差は旧型のEF24-105mmは0.14%、シグマ24-105mmは0.16%、EF24-105mm STMは0.12%で、このカテゴリではキヤノン新型が優っている。
  • 球面収差のテストでは、前ボケと後ボケは同じではないが、差は大きくなく、球面収差はキヤノンの24-105mm STMやシグマ24-105mmよりも小さい。フォーカスシフトは全く見られなかった。
  • 歪曲は広角端では-3.97%のタル型で、35mm直前でゼロになる。その後、糸巻き型に変わる。105mmでは+1.58%の糸巻き型になる。このカテゴリでは、キヤノン新型は、キヤノン24-105mm STM やシグマの24-105mm よりもかなり良好だ。
  • コマ収差は広角端ではとても顕著だが、40mmでは少し改善し、70~105mmでは問題は見られなくなる。ここでは、キヤノンの新型はシグマ24-105mmやキヤノン24-105mm STMと非常に近い結果だ。
  • 非点収差は10.5%で、「低い」と「中程度」の境界線上だ。しかし、実際は焦点距離によって非点収差は大きく異なっており、広角側では目立たないが、望遠側では105mmで15.7%の「中程度」と「高い」の境界線上の値になる。
  • 周辺光量落ちは、広角端の開放で47%(-1.86EV)の大きな値だが、それでもシグマ24-105mmやキヤノン24-105mm STMよりは良好で、このカテゴリではキヤノンの新型がライバルに優っている。
  • 逆光耐性はレンズの枚数が多いにもかかわらず、とても良好で感心した。ゴーストは出るものの数は多くはなく、全体のコントラストも良好に維持されている。キヤノンに拍手喝采だ!
  • AFは電光石火の速さで、最短から無限遠まではわずか0.3秒だ。加えて、スタジオと屋外のAF精度のテストでも全く問題は見られなかった。
  • キヤノンの新型は、画面の中央は旧型やシグマと比べて若干弱いが、これは実写では分からない程度だ。その代わりに、周辺部の画質が改善されており、色収差や球面収差、歪曲、周辺光量落ちも減っている。加えて逆光耐性も非常に良好だ。AFも速く正確で、手ブレ補正も効果的で、実質的に大きな欠点の無いレンズだ。
  • 良い点:鏡筒の品質が良好、中央のとても良好な画質、隅の許容範囲内の画質、軸上色収差がわずか、倍率色収差の問題が無い、球面収差が穏やか、逆光耐性が良好、効果的な手ブレ補正、速く静かで正確なAF。
  • 悪い点:広角端のコマ収差が大きい、広角端で歪曲が目に付く、フルサイズでは周辺光量落ちが目立つ。

 

このレンズは、各所のレビューで、それほど評価の高くないレンズですが、LensTipでは比較的高い評価になっているようです。

解像力はそれほど高くありませんが、旧型と比べると周辺部が改善されていて、画面全体の画質の均一性は高くなっているようですね。

それ以外の光学性能も、結構ブラッシュアップされているようで、特に、逆光耐性が良くなっているのは歓迎されそうです。

2017年5月 1日 | コメント(11)

コメント(11)

確かに悪いレンズじゃないんだろうけど、10年の熟成期間、実売価格の差を考えると旧型より圧倒的に良くなっていて欲しかった。
そろそろ旧型から乗り換えたいけど、ちょっとコレには手は出せないかなあ…

あまり評判はよくないですが
2470の2本や70200の2本とのバランスを考えるといい落とし所だと思います
画質より利便性が求められるレンズですし
誰もが認める画質まで備わっていたら売れなくなるレンズがいくつも出てきてしまいます

24-105mmの焦点域は、便利なんだけど光学設計的には難しいみたいですね。
大三元の一角24-70mmでさえ、各社欠点の無いレンズを作ることができていないように、それを上回るズーム域となると、どこかで妥協しないければならないのだと思います。
個人的には、24mm域は、ディストーションが目立つ超広角カテゴリーだと思っているので、28-105mm或いは28-120mmで、画質とサイズ、価格のバランスがとれたお手軽ズームを希望します。
24-105mmの割によく写る、と言ってもやはりお手軽ズームなんだと思います。

私も更新したい思いはあるのですが、購入を踏みとどまってしまっています。
キヤノンさんの事ですから、使ってみてわかる改善がしっかりと行われているのでしょうが、enonさんの言う通り、10年たった更新にしてはインパクトにかけます。
逆に、10年前の設計者に拍手を送りたいですね。
ただ、新しく購入する方にとっては素直に嬉しい更新だと思います。

ジェイコプスラダーさんの意見に同意します。
この焦点域で24mmまでカバーすることは大変なのだと思います。
どうしても24mmの画角を欲しいなら単焦点か16-35mmの24mm域を使ったほうが良い画質を得られそうですし、画質より利便性なら24-200mm F3.5-5.6とかのもっとレンジの広いレンズが欲しいところです。
Lレンズと冠する以上は素晴らしい画質を、いっそ広角側は30mm始まりで30-135mm F4とかでも出してみてほしいですね。
大三元の標準ズームも広角側28〜30mm始まりでの設計ならもう少し画質も良くできるのではと思ってしまいます。

望遠以外はほぼ24-105や24-70一本で仕事している人もたくさん見ます。
オールマイティに使うには逆光やAFの使い勝手が本当に大切になってくるので、今回のものも良さそうです。

新しく買うには悪くないけど
旧型から買い換える程でもない
そんな微妙な出来なんですよね…
100-400みたいに旧型持っている人が喜んで買い換えるくらいの物を期待してただけに残念

これテスト機が5D3なんですよね。
シグマも登場時は評価微妙でしたけど(でも使った人は絶賛という不思議な構図)、高画素機でのテストでそのへんがガラッと変わったので、そんな都合もあるのでは?

なかなか旧EF24−105は手放せないですね、新型も気になりますが、逆光性能ぐらいしか不満がなく、重たくなるのも嫌だし新型買うなら旧型残して24−70f2.8買うかなぁって感じですね。24スタートは便利ズームには厳しいんでしょうかね。f4ではないですがペンタックスのDFA28−105ぐらいが一番無理がないズームレンズなのかもしれないですね。

このレンズの更新を待ち望んでいたのですが
微妙な評価で思いとどまっています。
中古市場での旧型人気も分かる気がします。

ただ、大三元や小三元とは違う、
このレンズの利便性はもっと評価されても
良いと思うのですけど。

Canon機も使っています。

EFマウントは長玉しか持っていなかったので、この便利ズームを発売時に購入してみました。正直、解像の点で少々微妙と感じておりました。逆光耐性と絞り羽の多さからくる光芒のキレイさは、良いのですけれど。もしもシグマが防塵防滴であったなら、そちらに入れ替えていたかもしれません。しかし、このような良い評価もあるのですね。もう少し使い込んでみようかな、と思います。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログ記事について

このページは、2017年5月 1日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンKeyMission360はソフトウェアの大幅な改善が必要」です。

次のブログ記事は「キヤノンEOS 6D Mark IIとKiss X7後継機は9月までに登場?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る