シグマ135mm F1.8 Art はこれまでテストした中で最高のレンズ

photozone に、シグマの望遠単焦点レンズ「135mm F1.8 DG HSM Art」のレビューが掲載されています。

Sigma 135mm f/1.8 DG HSM ART (Canon)

  • 135mm F1.8は非常に大きく、重さは1.1kg以上ある。しかし、興味深いことに、このレンズは85mm F1.4 Artよりは小さい。鏡筒は、TSCと金属が組み合わせられており、造りは見事で、プロの要求に応えるものだ。
  • フォーカスリングは非常に大きく、回転は滑らかだ。フォーカシングでレンズの全長は変わらない。
  • AFは、大きなレンズを動かすために大型の超音波モーターが使用されており、AF速度は非常に速く、作動音はとても小さい。ライブビューのAF速度もまずまずだ。
  • 歪曲は0.18%の糸巻き型で、実質的にゼロだ。
  • 周辺光量落ちは、開放で1.4EVで、目には見えるが、それほど酷くはない。F2.2に絞ると大幅に改善(0.69EV)し、F2.8で解消する(0.35EV)。周辺光量落ちは、この種のレンズとしては穏やかだ。
  • 解像力(テスト機は5Ds R)は、とにかくすごい。中央は開放から極めてシャープで、周辺部も非常に良好だ。絞ると解像力は少し改善するが、開放時でも既に極めてハイレベルだ。解像力が最も高くなるのはF4で、このとき、画面全域で素晴らしい値になる。
  • 像面の湾曲は少ない。
  • 倍率色収差は、周辺部で平均0.5ピクセルで極めて低い値で、このレンズの見事な解像力に貢献している。
  • ボケは前ボケと後ボケは完璧に一致している。ボケは細かいことを言えば、完全な滑らかさではないが、これよりも良好なレンズは少ないだろう。玉ボケは、内側がとても均一で、F1.8からF2.8までは輪郭も付かず、とても素晴らしい描写だ。しかし、周辺部では口径食の影響が見られる。
  • 軸上色収差(ボケの色付き)は、比較的少ないが、開放付近では前側に紫、後ろに緑の色がわずかに付く。絞ると軸上色収差は改善するが、F4でもまだ目に見える。また、軸上色収差のテストから、このレンズにはフォーカスシフトが無いことが見て取れる。
  • シグマ85mm F1.4 Art のレビューで大いに衝撃を受けたが、135mm F1.8 Artは、それ以上だ。このレンズは、これまで我々がテストした中で最高のレンズだ。解像力は異様に良く、加えて色収差も少なく、歪曲が非常に少なく、周辺光量落ちも比較的少ない。もし欠点があるとしたら、開放付近の軸上色収差だが、これを完全に補正しているレンズはあまり無い。
  • 現時点では135mmのカテゴリではシグマ135mm F1.8が最高だが、とは言うもののシグマはキヤノン135mm F2Lよりも重く、少し高価だ。この種のレンズを考えているなら、最高のレンズに行く価値がある。シグマ135mm F1.8 Artを大いに推薦する。

 

光学性能の評価は5点満点で、更に鏡筒のメカのクオリティやコストパフォーマンスの項目も全て5点満点になっており、135mm F1.8 Artは、photozoneで過去最高評価のレンズになっています。

解像力は、レンズに厳しい5Ds Rによるテストにもかかわらず開放から周辺部・隅まで優れた値で、加えて色収差や歪曲も非常に少ないので、確かに申し分の無い性能と言ってよさそうです。

2017年6月 4日 | コメント(17)

コメント(17)

五点満点。素晴らしいですね。シグマさんのレンズ哲学には脱帽です。お金貯めて買うことにします。

失礼かもですが、この評価なら速攻で買うべきレンズなのでは?
値段がツァイス並ならまだしも15万以下なんてバーゲンです

photozoneの評価は常に少々辛口だったような気がしますが、そんな事を微塵も感じさせない素晴らしい性能なようですね。
どこのレビューも非常に高評価ですから、中望遠の単焦点として、間違いのない一本に仕上がっているという事でしょう。

私も夏のボーナスでポチってしまいそうです。

ベタ褒めですね。85mmを持ってるのでスルーだったのですが さてどうしよう。

シグマ元気ですねぇ!
昔とは「隔世の感」がありますね!今や完全に高級路線、いや高性能路線ですね。
こうなると20年もモデルチェンジしていないキャノン135F2Lがもうそろそろ…と気になりますが^^;個人的には是非ブレ補正を入れて欲しいのですが、どうなりますか?!
純正品は差をつけるのが大変ですね。

一昨日購入しました。α7Ⅱ+MC-11との組み合わせで手振れ補正オート時に手振れ補正無しよりもぶれた写真になることがある時点から連続する現象についてシグマに問い合わせ中です。軸上色収差は思ったより残っていました。

キヤノンのは古すぎですからね
これに刺激を受けてキヤノンも新型出して欲しいです

85も凄かったけどそれ以上とは凄いです
50よりも85や135のほうが作りやすいんでしょうか?
50は解像するけどボケの評判悪いですよね、手前ボケが汚いと

>MN (2017年6月 5日 07:37)
>α7Ⅱ+MC-11との組み合わせで手振れ補正オート時に手振れ補正無しよりもぶれた写真になることがある

私も同じシステムで使ってますが、そのような現象は起きていません。オート、マニュアル、どちらでも手振れ補正はちゃんと効いています。
参考までに。

キヤノンからは35L2みたいな同じ方向性で上回るレンズ出る気がします。
ニコンは解放よりの解像力は追わないみたいなのでシグマの存在感ありますね。

 シグマの85㎜を買いましたが、更に、135㎜は、高評価の様で嬉しいです。
ただ、欲を言えば、ニコン用は、オリジナルと同じフォーカス回転方向に改造できれば、良いと思っています。

 スマホカメラとの差別化と言う面で、こんないいレンズが多くの人に受ける時代は、もう来ないのかと、思うと残念でもあります。

スマホユーザーに、「レンズ沼」を味わってもらえるよう、各社「スマホに決して出来ない性能のレンズ」を、開発・供給して欲しいです。

いわゆる中望遠と呼ばれる焦点距離の単焦点は各社銘玉を出してますけど、5点満点は驚き
最新鋭のレンズのすごさを感じますねえ

riaさん

先ほどシグマからメールが届きました。内容は書けませんが手振れ補正調整マニュアルで焦点距離135mmを入力すれば問題ないことは私も昨日確認していましたとだけ申し上げておきます。

真実かどうかわかりませんが、ネットでよく見たのが
カメラメーカーはボディ(マウント)でユーザーを囲って交換レンズで儲ける
というものでした。
このレンズの高評価のように、最近のシグマやタムロンといった
サードパーティーレンズメーカーの成長ぶりは目を見張るものがあります。
もはや、安いだけの低性能レンズ、という方程式が当てはまらなくなりました。
こうなってくると、カメラメーカーの「レンズで儲ける」作戦にも影響は出てきそうですね。
素晴らしいレンズを作るシグマに負けず、カメラメーカーにも頑張ってほしいですね。

MNさん
>先ほどシグマからメールが届きました。内容は書けませんが手振れ補正調整マニュアルで焦点距離135mmを入力すれば問題ないことは私も昨日確認していましたとだけ申し上げておきます。

私も同じ症状で、マニュアル焦点距離設定で直りました。
これはいつかファームアップされるのでしょうかね。

このレベルのレンズが一通り市場に揃えば、レンズ沼も初めから出口が見えるようになりそうですね。

35、50、85と揃え、135の評価高く心揺れつつあります。純正Lを売ってまでかうべきか。いっそ単焦点はオールシグマで固めてしまおうか。105、28までシリーズ化されたら決断します。

これでこのレンズがキヤノン純正だったら、と思いましたがおそらくLレンズで倍以上の価格で登場してそうで、そう考えるとこのレンズをこの価格で買わず使わずは、せっかく写真撮影専用機で撮っているのにもったいないと思わせる、それくらい極上の凄いレンズですね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2017年6月 4日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンD7500とD7200・D500との比較画像」です。

次のブログ記事は「パナソニック8-18mm F2.8-4はズーム全域で開放から素晴らしい解像力」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る