DxOMarkにツァイスMilvus 1.4/50 のスコアが掲載

DxOMark に、ツァイスのMFの標準単焦点レンズ「Milvus 1.4/50 ZE」のスコアとレビューが掲載されています。

Carl Zeiss Milvus 1.4/50 ZE lens review

 テスト機は5Ds R  Milvus
1.4/50ZE
Otus
1.4/55ZE 
Sigma
50F1.4Art 
Canon
EF50F1.4 
DxOMarkスコア 39 46 44 33
解像力 29P-Mpix 37P-Mpix 40P-Mpix 22P-Mpix
透過 1.7T 1.5T 1.8T 1.6T
歪曲 0.3% 0.2% 0.1% 0.5%
周辺光量落ち -2EV -1.8EV -1.6EV -2.2EV
色収差 7μm 8μm 6μm 10μm

  • Milvus 1.4/50 ZEは、5Ds Rでテストした50mmレンズでは、シグマに続く2番目のスコアだ。
  • 解像力は、どの絞り値でも素晴らしく、F2.8からF8の間では画面全域で80%前後の解像力で、均一性は際立っている。F1.4とF2では、隅は若干ソフトになるが、それでも非常に良好だ。
  • 歪曲はわずかで、補正なしでもあまり心配はいらないだろう。
  • 周辺光量落ちは、開放で-2EV、F2で-1EVで、これはレンズの明るさを考えれば驚くような値ではない。このレンズはF2.8以上に絞ると、周辺光量落ちは解消する。
  • 倍率色収差は良く補正されており、中央は全く色ズレが無く、周辺部も許容範囲内に収まっている。
  • シグマ50mm F1.4 Artとの比較では、シグマは解像力でリードしている。F1.4とF2ではシグマは中央の解像力が高く、周辺部の落ち込みも少ない。F2.8からF11では両者共に非常にシャープだが、F4からF8の間ではシグマの解像力が少し優っている。
  • 25年近く前に登場した安価でコンパクトなキヤノンEF50mm F1.4との比較では、キヤノンはF5.6からF11ではMilvusとほとんど同じ解像力だが、それよりも小さい絞り値ではあまり芳しくなく、開放は非常に弱い。また、キヤノンは開放付近ではフレアや収差が目立つ。
  • Milvus 1.4/50の性能は非常に良く、歪曲が少なく、どの絞り値でも画面全域の均一性は良好だ。このレンズは、これまでにテストした全てのキヤノン純正の50mmレンズに優っている。

 

旧型のPlanar 50mm F1.4の5Ds Rによるデータは無いので、上記の表では新型のMilvusと比較できませんが、5D Mark IVのデータで両者を比較すると、旧型の総合スコアは26(解像力18P-Mpix)で、新型は35(解像力25P-Mpix)なので、Milvus 1.4/50は旧型から大幅に性能が改善しているようです。

ただ、それでも、解像力番長のシグマArtやスコアトップのOtusには少し及ばないようですね。

2017年6月 6日 | コメント(4)

コメント(4)

旧型と比べて大幅に性能が向上したことがスコアにもはっきり表れていますね。解像のスコアはシグマが若干リードしているようですが、ボケ味についてはツァイスのMilvus 1.4/50の方が好みです。均一性も高く、流石という印象です。

classicは、プラナータイプでしたがmilvusでデスタゴンタイプに変更になったようですね。
プラナータイプも捨てがたい物が在るので、被写体によりレンズの使い分けが良いかも。

ここ数ヶ月、50㎜のキヤノン用単焦点が、欲しくてずっと悩んでるんですが。。
こう比較してみるとシグマのレンズって本当にすごいですね〜。
もちろん解像度が全てではないのは分かってますが、いい加減キヤノンには50㎜をリニューアルしてほしいものです。

>これまでにテストした全てのキヤノン純正の50mmレンズに優っている。

それでも妖艶な画像を吐き出すEF50Lが好き。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2017年6月 6日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Samyangが「AF35mm F2.8 FE」を正式発表」です。

次のブログ記事は「E-M10 Mark III には20MPセンサーが採用される?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る