シグマ24-70mm F2.8 DG OS HSM Artは極めてシャープだが望遠側の開放時のみ若干甘くなる

Photography Blog に、シグマの新しい標準ズーム「24-70mm F2.8 DG OS HSM Art」のレビューが掲載されています。

Sigma 24-70mm F2.8 DG OS HSM Art Review

  • 鏡筒は金属とTSCで、比較的手頃な価格であることを考えると、クオリティは素晴らしい。
  • 手ブレ補正が内蔵されており、3段分前後の効果がある。
  • フォーカスリングは、最短と無限遠で止まる。フォーカシングでフィルター枠は回転しない。
  • AFは、5Ds Rとの組み合わせでは、合焦までに0.15秒前後でとても速い。明るい場所でも暗い場所でも、AFの迷いはあまり見られず、大部分のケースで正確だった。AFの作動音は静かで、動画にも向いている。
  • 色収差は、大きな問題はなく、画面の隅でも問題はない。
  • 周辺光量落ちは、開放では広角端と望遠端でいくらか見られるが、F5.6に絞ればほとんど解消する。
  • 歪曲は24mmではタル型が顕著で、70mmではわずかな糸巻き型だ。
  • 逆光では、太陽が直接画面内に入ってる場合はフレアが少し出やすいが、全体としては良好だ。
  • 最短撮影距離は37cm、最大撮影倍率1:4.8で、近接性能はとても良好だ。
  • 9枚羽根の円形絞りが採用されており、ボケはとても素晴らしい。
  • 24mmでは、中央は開放からF11まで高い解像力を維持しており、F16とF22では回折の影響が見られる。隅はF4からF11までが最もシャープになるが、中央ほどシャープではない(35mmも同様の結果)。
  • 50mmでは、中央はF4からF11まで高い解像力を維持しており、F16とF22では回折の影響が見られる。隅はF5.6からF11までが最もシャープになるが、中央ほどシャープではない(70mmも同様の結果)。
  • シグマ24-70mm F2.8 DG OS HSM Art は、大部分のズーム域で極めてシャープ(特に中央は)だが、50-70mm域でのみ開放時に画質の低下が見られる。価格はニコンやキヤノンの24-70mm F2.8と比べてずっと安価で、非常に魅力的な価格設定だ。全体として、このレンズは、最新の高画素機で極上の結果が得られる非常に造りの良い大口径標準ズームだ。

 

このレンズは、望遠側の開放付近で若干甘くなることが指摘されていますが、全体としてはかなり高い評価になっているようです。サンプル画像では、高画素機の5Ds Rでもよく解像していて、ボケもズームとしては綺麗という印象ですが、逆光時のゴーストは少し気になるところです。

2017年7月 5日 | コメント(6)

コメント(6)

フレアは特に気にならないけどゴーストはちょっときついですね

なんか思ったよりもソフトなレンズのような気がします。
ボケは期待してなかったけど花とか思ったよりいい感じ。
緑の派手なゴーストは頻繁に出たらちょっと困るかも。

今までのArtとは印象がかなり異なりますね。
いくら解像番長のシグマでも24mmスタートかつ標準域を挟む大口径ズームは
最適なレンズ構成もガラッと変わるはずですから難易度が高いのでしょうね。

安いけど何処かに妥協があるレンズより、少し価格アップしても何処にも妥協がないレンズを期待したいです。

もっとキリッとした絵が出てくるかと期待したのですが、手振れはいいとしても狙っていたようなレンズではなかったですね。勿論D810や他の機種でのレンズレビューも欲しい所

MTFで同程度のタムロン24-70mmG1を使っていても思うのですが、近距離ではなかなかの解像度に見えるものの、スナップから風景になると印象が変わってしまいます。
室内での本棚の撮影を基準に、解像度を推し量っているようですが、サンプル画像ページを見ると、前半のレビュー内容ほどの写りかというと微妙なところ。

ゴーストですが、シグマのズームレンズはグリーンのゴーストが特徴的ですね。
サンプル程度なら標準ズームのゴーストとしては、個人的には許容範囲だと思います。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2017年7月 5日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンEF85mm F1.4L IS は8月末~9月初めに発表?」です。

次のブログ記事は「ニコンがスマートフォンに対抗する小型カメラを開発中 [内容更新]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る