ニコン「AF-S NIKKOR 28mm f/1.4E ED」は「Otus 1.4/28」と互角の性能

LensTipに、ニコンの広角単焦点レンズ「AF-S NIKKOR 28mm f/1.4E ED」のレビューが掲載されています。

Nikon Nikkor AF-S 28 mm f/1.4E ED

  • フォーカスリングは、十分な重さがあり滑らかに回転し、非常に正確にピント合わせができる。遊びは全く見られない。最短から無限遠までの回転角は、160度前後だ。
  • 中央の解像力は極めて良好で、開放から既に良好な画質だ(開放で約39lpmm、良像の基準値は30-32lpmm)。絞ると急速に解像力が上がり、ピークのF4では48.8lpmmに達する。
  • 隅の解像力は、開放時のみ基準値を下回る(約25lpmm)が、これはOtus 1.4/28も同じことだ。F1.8に絞ると実用的な画質になる(約33lpmm)。
  • 解像力はOtusの方が良好だが、その差は大きくはない。このレンズは非常にシャープなレンズで、解像力に関しては、これまでにテストしたニッコールレンズの中では屈指の性能だ。AF-S28mm f/1.8Gと比べると、少なくともワンクラス上の性能だ。
  • 軸上色収差の補正は完璧ではなく、開放では容易に目に付く、F2に絞ってもボケには若干色が付く。
  • 倍率色収差は、絞りを開くと若干増えるが、開放でも0.05-0.06%の低いレベルで、実写では目立たないだろう。
  • 球面収差の補正には問題はなく、フォーカスシフト(絞りによるピント位置の移動)は全く見られない。
  • 歪曲は-1.13%のタル型で、Otus 1.4/28と共にこのクラスのレンズでは、歪曲の少なさは抜きん出ている。
  • コマ収差は開放では顕著で、F2絞ってもあまり改善しない。これは軸上色収差に次いで、このレンズの大きな欠点だ。Otus 1.4/2.8 もコマ収差の補正は完璧ではないが、ニコンの方が更に悪い。
  • 非点収差は7.1%で、穏やかだ。
  • 玉ボケは輪郭も見られず目立った欠点は無いが、わずかに年輪ボケが見られる。隅では、口径食が若干気になる。
  • 周辺光量落ちは、開放で53%(-2.18EV)の大きな値だが、これは、口径の小さい28mm f/1.8Gと全く同じ値で、Otus 1.4/28よりも良好だ。周辺光量落ちは、F2では36%(-1.27EV)、F2.8では20%(-0.64EV)に改善する。
  • 逆光耐性は非常に良好で、全くフレアやゴーストが出ないわけではないが、それほど簡単には出ない。フレア・ゴーストが出ても弱いもので、画面に占める範囲も大きくない。
  • AFは、静かだがあまり速くはなく、最短から無限遠までは約1秒かかる。AF速度は弱いとしか言えない。AF精度に関しては問題はなかった。2台のボディで両方とも少し後ピンの傾向が見られたが、調整できる範囲内だった。
  • ニコンの28mm f/1.4E は、より大きくより高価なOtus 1.4/28と互角の性能で、28mm f/1.8Gとの比較では全ての項目で上回っている。この価格のレンズとしては軸上色収差が大きいこととコマ収差が目立つのが欠点だが、それでもなお、開放付近でも絞った時でも素晴らしい解像力は、これらの欠点を補うものだ。
  • 良い点:しっかりとした鏡筒、中央のセンセーショナルな画質、隅の実用的な画質、倍率色収差が無視できる、球面収差がわずか、歪曲の問題が無い、非点収差が少ない、逆光耐性が良好、静かで正確なAF。
  • 悪い点:AFが遅い、軸上色収差が少々目立つ、コマ収差が顕著、周辺光量落ちが激しい。

 

ニコンの28mm f/1.4Eは、ボケが綺麗でとても立体的な描写をするレンズですが、スタジオ内での数値的なテストでも優秀で、Otusに匹敵する結果を出しているのは素晴らしいですね。

ただ、コマ収差が大きく1段絞ってもあまり改善しないようなので、天体撮影にはあまり向かないかもしれません。

2017年7月10日 | コメント(4)

コメント(4)

コマ収差の補正もこのレンズの売りだと思っていたので少し残念ですが、歪曲の補正に関しては言葉が出ないぐらい素晴らしいですね。
解像度もボケの綺麗さも特筆すべきだと思います。

フルサイズの28mmとして使っても良いですが
D500の標準レンズとして使っても面白そうですね。

105F1.4Eも同じく
最近リリースされたニコンの最新単焦点は本当に良い仕事していると思います。

28mm買います。

購入しました。

メーカーサイトのサンプルも全て開放撮影でしたので、購入前から期待は大きいものでした。

実際にフィールドテストした結果ですが、場面においてボケの硬さは見られるものの、十分な性能です。

絞った時には眼球が切れるんじゃないかって程の緻密さで描いてくれます。

色収差もコマ収差も見て取れますが、全体の雰囲気を損なう程の物ではなく、画質優先で絞るより、欲しいボケを優先しても差し支えないと考えられるレベルです。

僕個人としてはとても好きな画角ですので、良い買い物をしたと思っております。

オータス程の性能なのですね…

贅沢を言うと、開放での撮影で、もう少しピント面を解像してくれたら文句なしです。

他のレンズで出てきたf1.8のレンズ群が優秀な物が多くて
f1.4じゃなくても…といった部分がありましたが

28/f1.4は価格差に見合う性能がありそうですね

コマ収差は実際に星の写真(それも隅に輝星があるような)を見てみないと何とも言えないですね。 既存の優秀なレンズでも F4 近くまで絞って使う人が少なくないですが、当レンズによる星空の写真を早く見てみたいですね。

さしあたって新月期まで2週間近くあるので、本格的な写真を目にするのはその頃あたりからでしょうか?


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

このブログ記事について

このページは、2017年7月10日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ライカが新しいNoctiluxシリーズのレンズ群を準備中?」です。

次のブログ記事は「ニコンがAF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR を間もなく発表?[内容更新]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る