ツァイスBatis 2.8/18は素晴らしい解像力で逆光耐性はクラストップ

Photozone に、ツァイスのEマウント用の超広角レンズ「Batis 2.8/18」のレビューが掲載されています。

Zeiss Batis 18mm f/2.8 (Sony FE) - Review / Test

  • 鏡筒は金属製で、概ね素晴らしい出来だ。防塵防滴仕様と滑らかに回転するフォーカスリングは、良い部分だ。悪い部分は、鏡筒に指紋と擦り傷が非常に付きやすいことと、フォーカスリングにゴミが付きやすいことだ。滑りやすい表面の塗装は、あまり好きになれない。ツァイスの伝統的なレンズキャップは、業界で最悪の出来だ。
  • AFはリニアモーターで、静かでまずまず速い。マニュアルフォーカスはバイワイヤ(モーターによる駆動)だ。有機ELディスプレイは、伝統的な距離目盛りと異なり暗所でも確認できるが、多くの人にとっては、この機能は恐らくギミック以上のものではないだろう。
  • 歪曲は1%のタル型で、超広角レンズとしては非常に小さい値だが、画像では陣笠状の歪曲がかなり目立つ。
  • 周辺光量落ちは、開放では3EVの極めて大きな値だが、これはフルサイズ用の超広角レンズとしては普通のことだ。自動補正有効時は、開放ではいくらか周辺光量落ちが目立つ(1.4EV)が、それ以上の絞り値では完全に許容範囲内だ。
  • このレンズの解像力はとても素晴らしい。中央は開放から極めてシャープで、周辺部は、とても良好(very good)だが、隅は開放では辛うじてOKのレベルだ。F4に絞ると中央は更に解像力が増し、隅もとても良好(very good)のレベルまで改善する。隅はF5.6では更に改善する。F8では回折の影響が少し見られ、F11ではそれが顕著になる。

batis2818_mtf_001.png

  • 像面の湾曲は、超広角レンズとしては非常に小さい。
  • 倍率色収差は開放で0.5ピクセル、ピークのF11で0.7ピクセルの非常に低い値で、これは超広角レンズとしては極めて良好だ。
  • 逆光では若干のゴーストは出るが、逆光耐性はこのクラスのレンズでは最高で、他のレンズとの差別化要因となっている。
  • Batis 2.8/18は、素晴らしい超広角単焦点レンズだ。このレンズは、開放から画面の大部分は非常にシャープだが、隅は若干甘い。しかし、1段絞れば隅の甘さは解消し、F4からF5.6では本当に際立った画質だ。大いに推薦する。

 

光学性能の評価は4点(5点満点中)で非常に良好な評価となっています。解像力は開放時の隅だけ若干低い値ですが、超広角レンズなので、1段絞って全域で高解像力になれば全く問題はなさそうです。

超広角レンズは画面に太陽が入ってしまうケースも多いので、逆光に強いのは非常に魅力的ですね。

2017年7月31日 | コメント(3)

コメント(3)

同社のクラシックやMilvus18ミリと比較してどうなんでしょうか,知りたいところです。

外れ無しのBatisラインナップにおいて、評価がイマイチだった18mmも、やっぱり素晴らしいレンズだということですね。

印象としてはとにかく優等生な感じで面白みに欠けますが、
他と見比べると手放したくなるレンズもないので所持し続けています。
以前infoで見たレビュー(「大きな欠点は無いが際立った部分も無い」)が
最もしっくりくる表現かなと感じます。
周辺光量落ちはこのレビューでは許容範囲となっていますが、
やはり少し気になるレベルではないかなと思います。
レンズキャップが業界最悪の出来というのは強く同意します。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2017年7月31日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シグマ24-70mm F2.8 DG OS HSM Artは望遠端の周辺部と逆光耐性がウィークポイント」です。

次のブログ記事は「リコーの2018年第1四半期はカメラ事業は減収・減益」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る