ソニーのFE85mm F1.8は安価なレンズだが十分に良好な性能

LensRentals に、ソニーのFE85mm F1.8 とFE85mm F1.4 GM、ツァイスBatis 1.8/85、シグマ85mm F1.4 Artの解像力の比較レビューが掲載されています。

Sharpness Tests of the Sony FE 85mm f/1.8

  • 85mm F1.8のMTFは素晴らしく、サジタルとメリジオナルの曲線の開き(非点収差)も大きくはなく、画面の隅も高い値を維持している。
  • 個体ごとの性能バラつきは、初期のソニーのレンズでは常に問題だったが、このレンズは良好で、ソニーのレンズ群の中でも非常にバラつきの少ないレンズだ。
  • FE85mm F1.4 GMとの比較では、85mm F1.4 GMの方がMTFは少し良好だ。低周波(赤線)では、開放同士の比較では85mm F1.8の方が良好だが、85mm F1.4 GMをF1.8まで絞れば少なくとも85mm F1.8のレベルまで上昇するだろう。そして、高周波(ブルーと紫の線)では、常にFE85mm F1.4 GMが良好だ。しかし、その差は大きくは無く、85mm F1.8 は多くの人にとって間違いなく十分に良好な性能だ。恐らく、F2.8まで絞れば、ほぼ同等のMTFになるだろう。(左がFE85mm F1.4 GM、右がFE85mm F1.8)

fe85f14gm_fe85f18_mtf.jpg

  • ツァイスBatis 1.8/85との比較では、中央も周辺部も明らかにBatisが良好だが、価格はBatisが2倍だ。(左がBatis 1.8/85、右がFE85mm F1.8)

batis85f18gm_fe85f18_mtf.jpg

  • シグマ85mm F1.4 Art との比較は、シグマがFE85mm F1.8がどれだけ優れているか見るためのベンチマークとなるレンズなので掲載した。(左がシグマ85mm F1.4 Art、右がFE85mm F1.8)

sigma85f14gm_fe85f18_mtf.jpg

  • FE85mm F1.8 は、FEレンズの中ではとてもリーズナブルな価格で、妥当な性能だ。

 

FE85mm F1.8 は、開放から安定した解像力で、比較的安価なレンズにもかかわらず良好な性能と言ってよさそうです。同じスペックのBatisと比べると、全体的にBatisの方が良好で、値段が違う分の性能差はあるようですね。

あと、シグマの85mm F1.4 Artは、他のレビューでもよく言われていることですが、ここでも開放から驚くほど高解像力ですね。

2017年7月 2日 | コメント(7)

コメント(7)

GMはBatisやArtに比べて、解像度では劣っていますが、値段相応の品というか、これで撮りたいと思わせる画を出すし、サンプルを見てもGMが好みです。
データにしたら、そんな価値のあるレンズに思えないのが本当に不思議。

Batis85mmはBatisの中では抜群の性能ですね。歪曲がちょっとあるみたいだけど、軽量コンパクトなのが素晴らしい。

GMはf1.4、絞りリング、逆光耐性と無印を上回る性能です。
小型軽量は魅力ですが、ポートレートレンズなのでモデルさんに存在感をアピールするGMの大きさも自分は気に入ってます。

スペックだけではわからないものですね
画だけならGMレンズが好みですが、動画なら別に無印でも良いかなと悩むところです

ただ無印でここまでの性能のレンズが出るようになったのは良い傾向ですね
今後のレンズも楽しみです

頑張ってBatis買おうと思いました。

このレンズはMTFを見る限りじゃそんなに悪いようには見えないんですが、個人的には後ボケが二線ボケで煩く感じますね。
SIGMAも解像度は良いんですが、だいぶ改善されてきましたが、ボケがまだまだ固い気がします。
このレンジを使うようならば、頑張ってGMかBatis狙った方が良いような気がします。

α7 IIで使っていることもあり、解像度に関しては不満ないです。
AFが静かなところもいいですね。

ポートレート用のレンズが充実してきました。GMは重くて高いので、コスパに優れる85/1.8はとても魅力的です。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログ記事について

このページは、2017年7月 2日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「EOS 6D Mark II はOVF使用時よりもライブビュー時のAFの方が高性能」です。

次のブログ記事は「シグマ100-400mm F5-6.3 DG OS HSMは安価で軽量コンパクトだが良好な性能」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る