ニコンの映像事業は2018年第1四半期は前年同期比で減収減益

ニコンが、2018年3月期 第1四半期の決算を発表しています。

2018年3月期 第1四半期 決算短信(※PDFファイルです)

  • 映像事業では、今年6月に発売したデジタル一眼レフカメラ「D7500」など中級機の販売が堅調に推移し、特に米国においては販売台数を大きく伸ばした。これらの結果、売上収益、営業利益とも計画値を上回ったが、「D5」「D500」の需要一巡で製品ミックスが変化したことにより、前年同期比では減収減益となった。

ニコン、笑顔なき「回復」 4~9月、上方修正で41%減益に (日経新聞)

  • ニコンの業績に回復の兆しが見え始めた。主力の半導体装置事業を中心に合理化が進み、3日、2017年4~9月期の連結純利益が前年同期比41%減の130億円になりそうだと発表した。7割減の従来予想から減益幅が縮小する。
  • 映像事業は市場縮小という構造的な問題を抱えており、採算改善が急務になる。カメラ機能の付いたスマートフォンに押され、14年3月期に642億円だった映像部門の営業利益は前期171億円まで縮小。国内に加え、生産拠点を構えるタイ、中国を中心にさらに約1000人の人員を減らした後も、なお採算の悪化に歯止めが掛からない。

 

ニコンは全体では回復傾向にあるようですが、映像事業は前年同期比で減収減益と相変わらず良くないようです。とは言え、新製品のD7500がよく売れているのは好材料ですね。ニコンの映像事業は、来年登場すると噂されている新ミラーレスシステムが勝負どころになりそうです。

2017年8月 4日 | コメント(7)

コメント(7)

第三・第四四半期にはD850の売り上げが入って、回復に弾みがつきそうですね。

ミラーレス一眼という起爆剤が発売、若しくは発表されれば良いんですけどね。
自分がそうだったのですがD800とD750を新品で買ったのを最後にニコン製品は購入していませんが、
富士フイルムのX-Pro2とX-T2と大三元と呼ばれるレンズ3本とストロボを一気に揃えてしまいました。
20年以上使い続けたニコンからのニコン離れです。
手持ちのニコン製品は手放すこと無く手元にありますしニコンがGレンズを使えるミラーレス一眼を
出してくれればいつでもニコンに戻ると思います。

長年のニコンユーザーの中はに私のようにフジやソニーに離れていった人も沢山居ると思います。
しかしニコンがミラーレス一眼を販売することで戻ってくるユーザーも沢山居ると思います。
私はレンズ残したまま気長にその日が来るのを待っています。

D850から始まり 来年にかけてD610 D750後継機種 そして
フルサイズ ミラーレスカメラ などの新しい製品が控えてます。
ニコンにとって、勝負の時期です。

Nikonのマーケティングって何でこんなに下手なんでしょうかね。F3の時代から長年Nikonで育ってきた私も、遂にSONYへ移行してしまいました。
今ならSONYのフルサイズミラーレスに対抗できるミラーレスを出してくれれば、Nikonに帰ってくる人も多いでしょう。それだけブランド力もあり、カメラとしては質実剛健な質の高いボディですし。
だけどキヤノンがフルサイズミラーレスを先に出してしまったら、ミラーレスのシェアも勝てそうに無いですね。
D850も紅葉に間に合うように発売するのがベストでしょうが、とにかく延期だけは勘弁してもらいたいです。
私はNikonのフルサイズミラーレスが楽しみなので、それまではSONYで楽しませてもらいます。

コストカットせず開発投資に力をいれている印象ですね

サッカー、水泳、メジャーリーグ等を観戦しているとスタジアムに大きなNikonの広告を見かけます。

ライバルに比べると規模は小さいですがやっぱり世界的な規模の企業なんだなと実感します。

開発、製造までして発売しなかったコンパクトがあった訳ですから減益にもなるでしょう。

新製品の明るい話題が色々入って来ていますので、今期は好転してくれるといいですね。

D850を販売したら殺到しそうな気もしますが、
ピンチをチャンスにと願うばかり。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2017年8月 4日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンが「Nikon 1シリーズの製造と販売を続ける」とコメント」です。

次のブログ記事は「「RICOH THETA V」の画像が北米の認証機関に掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る