キヤノン「EF-S35mm F2.8 マクロ IS STM」はシャープでボケも魅力的なレンズ

Photography Blog に、キヤノンのLEDライト付きのマクロレンズ「EF-S 35mm F2.8 マクロ IS STM」のレビューが掲載されています。

Canon EF-S 35mm f/2.8 Macro IS STM Review

  • このレンズは非常に小型軽量で、換算56mmの焦点距離は、ストリート写真や一般的な撮影にも最適だ。
  • フォーカスリングはとても幅が狭い。回したときの動きが非常に緩いので、ピントの微調整はやり難いかもしれないが、それほど悪くはない。
  • フードは付属しているが、フード装着時はマクロライトが使用できない。
  • AFは作動音はほとんどしない。AFは大部分の状況で非常に速いが、暗いと迷う。フォーカシングはインナーフォーカスで、レンズの全長は変わらない。
  • 色収差は、等倍で見た時に状況によって見られるだけで、非常に良く補正されている。
  • 周辺光量落ちは、JPEGでは開放でわずかに見られるが、F3.5に絞ると改善され、F5.6ではほとんど分からなくなる。RAWでは、開放でもう少し周辺光量落ちが目立つが、それでもなお、通常の被写体なら目立たないだろう。
  • 歪曲は、この種のレンズに期待されている通り、問題はない。
  • ボケは滑らかで素晴らしい描写だ。
  • 解像力は開放から非常に良好で、最もシャープになるのはF4~F8だ。F11~F16では若干ソフトになるが、まだとても良好だ。F22では回折の影響で更に解像力が落ち、F32では非常にソフトになる。
  • 内蔵マクロライトは素晴らしい機能で、常日頃、物撮りをする必要がある人には特に有用だ。
  • このレンズの画質は素晴らしく、非常にシャープでディテールはとても豊富だ。ボケも魅力的で、ポートレートにも適している。フォーカスリングがもう少し重く、そして最短と無限遠で止まればよかったが、これは大きな不満ではない。
  • もし、あなたがマクロレンズを持っていなくて接写を考えているなら、標準レンズとしても使えるこのレンズは素晴らしい選択肢だ。宝石や料理の写真を撮るなら、ぜひ、このレンズの購入を考えて欲しい。

 

解像力は開放から十分で、ボケもレビューで述べられているように非常に綺麗ですね。内蔵のLEDライトは、照明で苦労することなく手軽に高倍率の撮影ができるので、花や小物の撮影などで非常に便利に使えそうです。

2017年8月21日 | コメント(3)

コメント(3)

発売から数日で入手しました。
描写は良好と思いますが、特に等倍付近でのISの効きは期待ほどではありませんでした。ホールディングに気を使います。

この焦点距離のマクロなので、LEDはけっこう役に立ちます。

純正アダプタ経由でEOS M5に着けて、おもに虫、花などを撮っていますが、被写体に思いっきり寄ってもよし、少し引いて周辺を写しこんでもよしのどちらも行ける焦点距離だと思います。

LEDライトは暗いところで被写体を追ったり、強すぎる影を弱めたりするのに重宝しています。

たしかにボケは綺麗ですね。

http://ruribipata.exblog.jp/i71/


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2017年8月21日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンは8Kに対応したデジカメの製品化を目指す」です。

次のブログ記事は「ソニーとサードパーティー各社のFEレンズの噂」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る