キヤノンの新製品の一覧と価格に関する情報 [内容更新]

軒下デジカメ情報局に、キヤノンが間もなく発表する新製品の一覧と販売価格に関する情報が掲載されています。

キヤノンが国内で間もなく発表する新製品一覧

  • EOS M100
    - カラー:ブラック、ホワイト、グレー
    - キット:ボディ、15-45mmレンズキット、ダブルズームキット、ダブルレンズキット
    - (追記)発売予定日:2017年10月上旬
    - (追記)量販店価格(税込):ボディ57,780円、レンズキット73,980円
  • フェイスジャケットEH31-FJ
    - 公式オンラインストア限定
    - 9種類(カラフル7種類とレザー風2種類)
  • EF85mm F1.4L IS USM
    - (追記)発売予定日:2017年11月下旬
    - (追記)量販店価格(税込):194,400円
  • TS-E50mm F2.8L マクロ
    - (追記)発売予定日:2017年12月下旬
    - (追記)量販店価格(税込):306,180円
  • TS-E90mm F2.8L マクロ
    - (追記)発売予定日:2017年12月下旬
    - (追記)量販店価格(税込):306,180円
  • TS-E135mm F4L マクロ
    - (追記)発売予定日:2017年12月下旬
    - (追記)量販店価格(税込):306,180円
  • レンズフード ET-83E(EF85mm用)、ET-88(TS-E135mm用)、ES-84(TS-E50mm/90mm用)
  • マクロツインライト MT-26EX-RT
    - (追記)発売予定日:2017年11月上旬
  • コンパクトフォトプリンター SELPHY CP1300(海外発表済)
    - カラー:ホワイト、ピンク
    - カードプリントキットあり
    - (追記)発売予定日:2017年10月上旬
  • イギリスではEF85mmが1569ポンド、TS-Eレンズが各2499ポンド、M100がボディ449ポンドになるらしい。

 

新製品のリストが明らかになったので、キヤノンの新製品もごく近いうちに発表されそうですね。

価格は、ポンドをそのまま円に換算すると、EF85mm F1.4L ISが約22万1500円、各TS-Eレンズが約35万3000円、EOS M100が約6万3000円となりますが、イギリスの価格が付加価値税(20%)込みの価格だとすると、国内ではこれよりも安価になりそうです。

[追記] 国内の発売日と価格に関する情報が追加されてるので追記しました。上記の価格は量販店価格で最安値では10%程度安価になると思われるので、国内の販売価格は、イギリスよりもずっと安くなりそうです。

2017年8月28日 | コメント(5)

コメント(5)

85mmは凄く気になるレンズなのですが、この価格設定だとそれほど高性能を追求したものでは無さそうですね。
やはり比較されるのはシグマのArtだと思いますが、果たして手ブレ補正だけで勝負できるのでしょうか。

TS-E90mm F2.8Lそこまでバカ高くならなかったですね
これなら現行90mmを入れ替えられそうだ
予約開始はまだ先かな?

TS-Eマクロ怒濤の3本攻勢ですが、
50mmがスゴすぎる。
35mm判標準レンズで史上最高画質を
実現しそう。

50mm2.5コンパクトマクロの後継と
いうにはかけ離れ過ぎていますが
精密記録向けとして歴史上多数の標準マクロが
存在した歴史の
頂点に到達した感があります。

85mmF1.4L ISは気になるところですが、価格からしてそれほど期待出来ないレンズなのかバーゲンプライスなのか、情報待ちですね。

気軽にスナップ感覚で撮るときEF85mmF1.4LISで本気で撮るときEF85mmF1.2Lなんでしょうか

アメリカのB&Hでは、
EF 85mm f/1.4L IS USM $1,599.00
TS-E 50mm f/2.8L Macro: $2,199.00
TS-E 90mm f/2.8L Macro: $2,199.00
TS-E 135mm f/4L Macro: $2,199.00
とアナウンスしていますね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2017年8月28日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンパスの新製品発表は2度に分けて行われる?」です。

次のブログ記事は「富士フイルムX-E3には新しいタッチパネルが採用?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る