富士フイルムX-E3には新しいタッチパネルが採用?

Fuji Rumors に、富士フイルムX-E3の仕様に関するいくつかの噂が掲載されています。

Fujifilm X-E3: No D-Pad, No Shutter/ISO Dial, No Pop-Up Flash, No IBIS

  • X-E3の低解像度のリーク画像からさまざまな推測がなされたが、それが正しいかどうか確認する時が来た。

    - フラッシュ非搭載は確認された
    - フルオートスイッチの搭載は確認された
    - シャッター/ISOの複合ダイヤルの非搭載は確認されていない
  • 更にX-E3の追加情報がある。

    - D-padは削除された
    - 最高のシャッター速度は1/4000秒
    - ボディ内手ブレ補正は非搭載

Fujifilm X-E3 Will Have a New Touch Screen

  • X-E3には新しいタッチパネルが採用されるだろう。モニタは固定式だが、これまでのXシリーズのカメラでは採用されていない、いくつかのタッチ機能が採用される。

 

X-E3のスペックもかなり明らかになってきましたが、ボディ内手振れ補正は、これまでFujiRumorsが推測していた通り、やはり非搭載のようですね。新しいタッチパネルの機能がどのようなものになるのか、興味深いところです。

2017年8月29日 | コメント(12)

コメント(12)

X-E1ユーザーです。
私はEVFより液晶を見ることが多いので、1発でAFエリアを指定できるタッチパネルは嬉しいです。
チルト液晶もほしかったのですが、X-T20との棲み分け&小型化優先であれば仕方ないですね、、
D-padは十字キーのことなんですね。設定関係の操作はほとんどタッチで行うことになるのでしょうか?

これではX-T20とほとんど差がないですね。
価格はX-E3のほうが高くなる予測なので、X-T20でよいかなっと思ってしまいます。
最新だから高くなるぐらいの理由しかみあたりません。

これまでにない新技術ってタッチパネルのことだったんですかねー。十字キーのスペースがどう使われるのか興味があります。

十字キー省略と聞き、待ちわびていたX-E3少し不安になってきました。X-E30的な機種にならなければいいですが。

十字キー削除というのが気になりますね。
タッチパネルと相まって新しい操作体系となるのでしょうか?
あとフルオートモードってE系を選ぶユーザーに必要なんですかね?

タッチパネルの導入と十字キーの廃止。
ライカTみたいに、液晶が大きくなると最高ですね。
スマホ感覚に操作できるインターフェイスになるのではないかと、ワクワクソワソワしています(笑)

レンズ交換式X70みたいなコンセプトにも思えますね。
どうせなら他のモデルではできない事を詰め込んで欲しいです。

D-pad廃止して新タッチパネルを導入しLCDで大半の設定を対応するのでしょうか?それにフルオートモードって(素人対応かな)?
で E3は、どうゆうカメラになるのか。今までE1からE2とモデルチェンジしても、違和感の無かった操作系の継承が今回のE3では変わるのでしょうね。
今まで描いていたE3が、このデビュー間近な段階になって何か不安になってきました。

昔、GM1でタッチパネル操作したとき、スマホと比べて画面が小さいからか使いにくいと感じたんですよね。
触ってみるまではなんとも言えませんが、十字キー無しは懸念点です。

ライカTL2みたいに快適なタッチパネルなら欲しいですね。

ぜひ、他社のように、ファインダーを覗きながらフォーカス位置を変えられるようになって欲しいです。

X-E2とX100Fを使ってますが、ジョイスティックがあればタッチパネルでのフォーカスポイントの移動は不要だし、快適すぎて方向キーでの操作には戻れません。
ただし、Fnキーとしての方向キーが無くなるのは嫌だなー、いちいち画面を見なきゃならないし。

T20にはチルト液晶、タッチパネル、フラッシュ内蔵です、それらが無いのに高くなる予想のE3、いったい何が差になるのでしょうか。

私はE2の形や大きさがとても気に入っているので、無理に小さくしないでT20のスペックにジョイスティックが付いてれば、多少高くてもそれで満足だなぁ。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2017年8月29日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンの新製品の一覧と価格に関する情報 [内容更新]」です。

次のブログ記事は「キヤノンが「EF85mm F1.4L IS USM」を正式発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る