ソニーが2週間以内にEマウントの新製品を発表?

SonyAlphaRumors に、ソニーの次の新製品発表に関する噂が掲載されています。

(SR3) 90% chance to see new E-mount announcement within two weeks

  • 以前に多くの情報が的中していた信頼できるソースが、次の情報を教えてくれた。

    「次は、Eマウントミラーレスシステムに関する発表になる。90%の可能性で今後2週間以内に発表されるだろう」

    しかし、これまでのところ、この噂は他の信頼できるソース達の確認はとれていない。2番目の信頼できるソースが、10月終わりのPhotoPlusの前に、間違いなく発表があると述べているが、彼は、発表が2週間以内かどうかは分からないと述べている。
  • 何が期待できるのだろうか? ソース達から聞いているのは、新しいFEレンズ(135mmと400mm)が近日中に発表されるということだ。私は、新型のα7シリーズのカメラが今月中に発表されるとは思っていないが、これは私が間違っているかもしれない(あなた方のために、そうであって欲しい)。

 

先日のソニーの新製品発表では、Eマウント対応のCineAlta(業務用カムコーダー)が登場しましたが、噂されていた「大きな製品」に関しては発表がありませんでした。

とは言え、近日中に次の新製品発表があるということなので、次こそFEレンズや新型αなどの発表を期待したいところですね。

2017年9月 7日 | コメント(14)

コメント(14)

FE400mm、結局F値は2.8と4のどちらになるんでしょうかね。気になります。

少し前に噂がでていたAPS-C用16mmF1.4は出ないのでしょうか、、、

ソニーのPXW-FS5がキャッシュバックキャンペーンをやっている最中なので、このビデオカメラの後継機なんじゃないでしょうか?
上位機種のFS7はIIが出てますし。

一気にレンズが増えてきましまね。
135mmが早く欲しいんです、お願いします!
ロードマップには400mmF2.8が乗って欲しいところですが、
現実的なところを言うとF4なら買えると思うのでお願いします!

α7Ⅲの発表に期待。

APS-C用16mm f/1.4に期待してます。

EマウントAPS-CはNeewer等が70〜90ドル程度でMFレンズを出して大成功してますので、既にニッチビジネスとして需要が高い事が実証済みです。

FEレンズもいいですが、そろそろAPS-C用も出してもらいたいところです。

現状のぞみが薄いですが
入門用のAPS-Cボディの更新してほしいです

ソニーは秋に新製品を発売することが多いので、何か発表される確率は高いと思う。Eマウントに関しては、α9Rとα9Sを連続して発表することで「α9シリーズ」を確立し、その後に中版が登場するのではないだろうか。あくまで希望的観測だが・・・。

α5100の後続機、いい加減そろそろ出して欲しいです。
登山用カメラとして軽くて画質のバランスが良く非常に優秀でした。
ミラーレスが普及したのは軽くて小さいシステムであったことを、
最近メーカーは忘れ始めてるようです。
とにかく小型化、軽量化のベクトルを忘れないでほしい。

BMPCCのような立ち位置のスチルも撮れるα5000後継か、α5が登場したら面白いですねぇ
外部レコーダーを使いα6300並みの映像が撮れるなら買いです

α5が出たら嬉しいです

サカナさん
α6300なみの動画クオリティーでよければわざわざ外部レコーダーを使わなくてもまだ店頭販売しているα6300かα6500で良いのでは?(^-^)

ウエさん
時々ジンバルにカメラとレコーダーを載せ歩き撮りの撮影があり、そこでより小型軽量のAPS-C機かフルフレーム機が欲しくなったんですよね
自分で持つぶんには多少重くても気合いで乗り切れますが、アシスタントにサブ機を持たせる場合も同じ運用を課すのは気がひけるので…^ ^;
サブ機はスタビライザーにカメラとレコーダーのセットで(それでも1日持つと相当の負荷ですが)僅かでも疲労軽減を兼ねて、より小型のカメラがあれば良いなと思った次第です

ちなみにレコーダーを使うのは長時間でも安定して撮影し続けられるのと、たまにクライアントや演者さんに映像を確認して貰う際に便利だからと言う理由もあります

次のEマウント機はα7000カモン!です。
トミジョさんも指摘されてるよう、小型軽量はミラーレスの最大メリットでもあり、ソニーの得意とする所でもあります。α6500はセンサーがα6300と同じため購入していませんがもしα7000が積層裏面照射で来たら、20万超えでも買ってしまいそうです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、2017年9月 7日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムが「X-Pro2」「X-T2」「X100F」「X-T20」用の新ファームを発表」です。

次のブログ記事は「APS-Cセンサーを搭載した複数の新型PowerShotが登場する?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る