ソニー「FE100-400mm F4.5-5.6 GM」は高価だが見事な性能のレンズ

ePHOTOzineに、ソニーの超望遠ズーム「FE100-400mm F4.5-5.6 GM OSS」のレビューが掲載されています。

Sony FE 100-400mm f/4.5-5.6 G Master OSS Review

  • 重さは三脚座無しで1395グラムと、かなり重いレンズだが、テスト機のα7R II とのバランスは非常に良好で、扱いにくくはない。
  • フォーカスリングはバイワイヤ(モーターによる駆動)で、適切な重さがあり、とても正確に動く。ズームリングは、動きの重さがカスタマイズ可能だ。
  • 100mmの解像力は、中央はF4.5(開放)からF16まで際立った値(outstanding)で、隅は開放からF11まで際立った値(outstanding)だ。

sony_fe100-400_100mm_mtf.jpg

  • 200mmの解像力は、中央はF5.6(開放)からF16まで際立った値(outstanding)で、隅はF5.6(開放)からF16で素晴らしい値(excellent)だ。

sony_fe100-400_200_mtf.jpg

  • 300mmの解像力は、中央はF5.6(開放)からF16まで際立った値(outstanding)で、隅はF5.6(開放)では素晴らしい値(excellent)、F8からF11では際立った値(outstanding)だ。

sony_fe100-400_300_mtf.jpg

  • 400mmでも、とても満足の行く解像力が維持されており、中央はF5.6(開放)からF16で際立った値(outstanding)、隅はF5.6(開放)からF8でとても良好な値(very good)、F11からF16では素晴らしい値(excellent)だ。

sony_fe100-400_400_mtf.jpg

  • 倍率色収差は、隅ではいくらか見られるが、この種のズームレンズとしては非常に良く補正されており、多くの場合、問題にならないだろう。
  • 歪曲は、100mmで+034%、200mmで+1.43%、300mmで+1.47%、400mmで+1.51%の穏やかな糸巻き型で、この種のレンズとしては歪曲は非常に小さい。
  • 逆光では、非常に厳しい条件ではフレアがでることがあるが、最も悪いケースでも若干のコントラストの低下が見られるだけだ。逆光耐性は、フードが無くても素晴らしい。
  • ボケは非常に滑らかだ。このレンズは高解像力にもかかわらず、うるささが全くなく、ボケは極めて満足の行くものだ。
  • 手ブレ補正は、5段分前後の驚くほどの効果があり、400mmで1/8秒で安定してシャープな画像が得られる。
  • このレンズは、ソニーEマウントレンズで抜けていた焦点距離を完璧に埋めるレンズだ。価格はこのクラスのレンズとしてはいくらか高めだが、見事な性能のレンズで、エディターズ・チョイス賞を贈る。
  • 良い点:際立った解像力、色収差が非常によく補正されている、歪曲が少ない、高速で静かなAF、美しいボケ、バランスに優れたエルゴノミクス、防塵防滴、ズームリングの重さが変えられる、フレアが少ない。
  • 悪い点:価格。

 

解像力は300mmまでは開放から驚くほど高い値で、400mmでは隅が若干落ち込みますが、それでもこのクラスのズームとしては十分以上の値ですね。実写では、シャープで色乗りが良く、ボケもかなり綺麗という印象です。手ブレ補正が強力なので、手持ちメインの方にも使い勝手がよさそうですね。

2017年9月24日 | コメント(6)

コメント(6)

動物撮影に使っていますが、実際、レビューと同じような感想です。とてもよく写り満足しています。

GMシリーズはいずれも見事な性能で、Eマウントへの買い替えを後押ししてくれますね。

航空機撮影や鉄道撮影で使用してますが、開放からシャープですし、×2のテレコンバーターを使用してもそれなりのAF速度も出ますし、描写力もあるので大満足ですね。
強いて難点をあげるなら値段でしょうね

私も使用しておりますが、
このレンズはAF速度、描写、いずれも素晴らしいですね。
GMレンズは本当に満足出来る良いレンズばかりです

ヨドバシでα9に装着してみましたが、他社のプロ機よりAF速度も食いつきもよく感じました。あとは重さと価格ですね…Eマウントの進化を感じられました

光学性能は優秀ですが、α9でズームしながら選手を撮影すると全くピントが合いません。 また、近距離でのピントの迷いも困ったもので、仕事でスポーツ撮影に使うのはリスクが大きいでしょうね。
個人的に最近はα9とFE100-400しか使ってません...リスクないので。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2017年9月24日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ライカが10月にいくつかの新製品を発表?」です。

次のブログ記事は「富士フイルム「XF80mmF2.8 R OIS WR Macro」のサンプル画像」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る