富士フイルムの新製品のスペックと画像

軒下デジカメ情報局に、富士フイルムが明日発表する新製品のスペックや価格に関する情報とリーク画像が掲載されています。

富士フイルム新製品の国内価格と発売予定日

  • X-E3

    - 2430万画素「X-Trans CMOS III」
    - X-Processor Pro
    - 3型104万ドットタッチパネル液晶
    - 4K動画撮影
    - Xシリーズ初のBluetooth接続対応
    -「Touch Function」(日本語名不明)を搭載。上下左右のフリック操作であらかじめ設定した機能を呼び出せる
    - サイズ:121.3 x 73.9 x 42.7mm
    - 重さ:337g
    - カラー:ブラック・シルバー
    - キット:ボディ・XF18-55mmレンズキット
    - 発売予定日:2017年9月28日
    - 量販店価格(税込):ボディ123,660円、レンズキット166,860円
    - メタルハンドグリップMHG-XE3とボトムレザーケースBLC-XE3も9月28日発売予定

fuji_x-e3_bk001.jpg

fuji_x-e3_bk002.jpg

fuji_x-e3_bk003.jpg

fuji_x-e3_sv001.jpg

fuji_x-e3_sv002.jpg

  • XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro
    - 発売予定日:10月?(11月の可能性もあり)
    - 量販店価格(税込):145,260円

fuji_xf80_f28_001.jpg

  • GF45mmF2.8 R WR
    - 発売予定日:11月中旬
    - 量販店価格(税込):220,860円

fuji_gf45mm_f28_001.jpg

※画像は軒下デジカメ情報局さんから提供していただいたもので、一部元記事と異なるものを使用しています。

  • その他に発表されること
    - Xマウントレンズ新ロードマップ
    - Gマウントレンズ新ロードマップ
    - Xシリーズカメラの新ファームウェア
    - X RAW Studioソフトウェアの開発

 

X-E3はブラックボディだと、シルバーボディとは結構印象が違いますね。XF80mm F2.8 は、このクラスのレンズとしては高価で、サイズも大きそうですが、その分、写りには期待できそうです。

また、噂通り、Xマウントの新ロードマップも公開されそうですね。Gマウントの新レンズロードマップも楽しみです。

なお、上記の価格はポイントが付く量販店の価格なので、最安値の店舗ではこれより10%程度安くなると思われます。

2017年9月 6日 | コメント(15)

コメント(15)

XF80mmは10月早い時期には欲しいですね。それに X RAW Studioも期待。

SS/ISO複合ダイヤルがなくなったのは残念ですが、
Touch Function、Bluetooth、ジョイスティックは魅力的。
見た感じでは操作系は使いやすそうです。
あとは実際に触って使用感を確かめたいですね。

X RAW Studioが一番欲しいです。マクロは大きいので実機を触ってから考えたいですね

「X RAW Studio」…? これは新情報ですね。
名前からするとRAW現像ソフトですが…。すごく楽しみです。

いやあ、富士フイルムは、2011年のXシリーズ立ち上げ以降、勢いが止まりませんね。富士・ソニーと言った、一眼レフでは遅れを取っていたメーカーが、ここ数年大躍進しているイメージです。

マクロはちょっと高すぎやしませんかね。
フルサイズのキヤノン以下には抑えてほしいですね

普段マクロ撮影をしない私ですが、換算120ミリのXF80マクロをキヤノンの望遠マクロ名手の江口プロがどのような使い方をFUJIKINAで提案するのかが興味ありますね。お値段は残念ながら高めでしたね。

XF80きましたね。
何年も待ったので買います。
でも・・・結構いい値段で財布に堪えますね。。。。

80mmマクロ、皆さん高いって反応ですが、なんかものすごい化け物な気がしてなりません。
過去にも、スーパーEDレンズを何枚も使ったり、プラスチックレンズを全く使わないながら、他社商品とだいたい同じ値段で販売されています。
もしこのマクロがこの値段だとしたら、フジさんは相当気合入れて作ってます。もしかしたら、すべてのメーカーのマクロレンズを喰ってしまうかも知れません…

XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macroは重そうですね.この値段でAPS-C専用っていうのは複数のシステムを使う者には踏み絵に近い感じです.この金額だと他にも選択肢がいくつかあるのでフジはよほど自信があるんでしょうね.
ちなみに100-400mmも立派なレンズですが,重さがネックであきらめました.APS-Cでも性能にこだわると同じ焦点距離では重さも価格もフルサイズ用とほとんど変わらなくなってしまうのはやはり仕方がないことなんでしょうね.

Tシリーズが出てEシリーズはもう終了かと思っていましたが、Eシリーズも継続されるのですね。

個人的にはセンターに位置するEVFやEFVの倍率、チルトモニターや外観デザイン等を考えるとEシリーズはTシリーズに対するエントリークラスだと捉えていましたが、XE-3の予想価格を見るとエントリークラスではないようですね。

確定スペックが出ましたね。個人的にはX-A3にX-TransⅢ載せるくらい潔い方が良かったかな。X-T20より割高に感じます。

前情報通りの仕様ですね。
ジョイスティックはX-T2でも操作し易かったから良いですね!
ただ・・・十字キーを廃止した部分の空きスペースがこれだけ有るなら、液晶のバリアングル化も追加していただきたかったかも・・・。

X RAW Studio これは朗報です!FUJIさんですからアップデートで機能アップさせていく展開が想像できます。楽しみです。
XF80は見に行ってきます。

X RAW Studio にはとても期待しています。
現行のsilkypixベースの純正ソフトも悪くはないのですが、
フイルムシミュレーションの現像結果が微妙に合ってない
ような気がしますので。。
正真正銘フジ謹製RAW現像ソフトの登場はとても楽しみです。

X RAW Studio出ましたね。
カメラとPCをUSBで接続して現像プロセッサとしてカメラ内のプロセッサを利用するものでしょうか。
発想も面白いし、これで後からRAW現像するのも楽になりそうですね。
しかしソフト上でRAWの内容をいじれるのかな?そうであると思っていますが。

80mmマクロは等倍マクロでしたね。重さが750gはちょっと重たい気もしますが、等倍ができるならありですか?


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、2017年9月 6日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーが本日何か大きな新製品を発表するかもしれない?」です。

次のブログ記事は「富士フイルムがXマウント用レンズの開発ロードマップを更新」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る