ライカが「ライカSL」の価格改定を発表

ライカが「ライカSL」の価格改定(値下げ)と、フォトキナで参考出品された4本のSL用レンズの発売時期をアナウンスしています。

「ライカSL」が価格改定 (デジカメWatch)

  • ライカカメラジャパンは9月1日、ミラーレスカメラ「ライカSL」の価格改定を10月1日に実施すると発表した。

    現行価格:99万3,600円
    改定後価格:86万4,000円
    ※ともに税込
  • あわせてライカカメラジャパンは、ライカSL用の新しいレンズ4本の投入をアナウンスした。具体的な発売日は未定。

    - アポ・ズミクロン SL f2/75mm ASPH.(2017年内発売予定)
    - アポ・ズミクロン SL f2/90mm ASPH.(2018年春発売予定)
    - スーパー・バリオ・エルマーSL f3.5-4.5/16-35mm ASPH.(2018年春発売予定)
    - ズミクロン SL f2/35mm ASPH.(2018年春発売予定)

 

値下げ後の価格でも、SLが非常に高価なカメラであることに変わりはありませんが、86万円になると、国産の中判カメラや、フルサイズのフラッグシップ機あたりを検討している人も候補に加えやすくなりそうです。

また、フォトキナに参考出品されていたレンズも近日中に発売されるようで、これらの4本のレンズが登場すれば、SL用の純正レンズだけで一通りの撮影がカバーできるようになりそうですね。

2017年9月 1日 | コメント(4)

コメント(4)

SLとSの両方を使っていて、レンズの関係でSを残してSLを手放した経緯があります。
しかしあの惚れ惚れするほど綺麗なファインダーは捨てがたく、
再度使いたいと思っていたので、
もう一度手に入れたいと思い始めてしまいました。
でもこうした変更があるって、
上位機種が出るとか、改良版が出るということの予告なのではないでしょうか?

後継機が出るんですかね。
もし出るのであれば、ボディーサイズと価格のスリム化をお願いします。

SLは海外価格に対して余りにも割高でしたので、日本での価格設定に疑問を感じていましたが(全体的に日本は割高感ありますがSLの価格設定は別格でした)、このタイミングで価格改定するということは、逆に新型機は随分と先なのかな?と思ってしまいます。

ドイツのライカショップではしばらく前から1000ユーロ引きになっていました。後継機の登場が近いのでしょうか?


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2017年9月 1日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムX-T2Sの発売は2018年の上半期?」です。

次のブログ記事は「X-Pro2に4K動画を追加する新ファームの近日中のリリースを確認?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る