タムロン「SP24-70mm F/2.8 Di VC USD G2」はとても良好な性能でコストパフォーマンスに優れたレンズ

ePHOTOzine に、タムロンの新しい標準ズーム「SP24-70mm F/2.8 Di VC USD G2」のレビューが掲載されています。

Tamron SP 24-70mm f/2.8 Di VC USD G2 Review

  • 重さは905gで非常に重いが、レビューに使用したEOS 5Ds R とのバランスは良好だ。
  • 24mmの解像力は、中央はF2.8からF8まで素晴らしい値(excellent)だ。隅はF2.8ではとても良好な値(very good)で、F4からF8では素晴らしい値(excellent)になる。

tamron_24-70g2_24_mtf.jpg

  • 35mmの解像力は、中央はF2.8からF8まで晴らしい値(excellent)で、隅はF2.8からF11でとても良好な値(very good)だ。

tamron_24-70g2_35_mtf.jpg

  • 50mmの解像力は、35mmと似たパターンで、中央はF2.8からF8まで晴らしい値(excellent)だ。隅はF2.8ではそこそこの解像力だが、F4からF11でとても良好な値(very good)になる。

tamron_24-70g2_50_mtf.jpg

  • 70mmの解像力は、中央はF2.8からF16までとても良好な値(very good)で、隅はF2.8からF5.6では少し甘く、F8で良好な値(good)、F11でとても良好な値(very good)になる。

tamron_24-70g2_70_mtf.jpg

  • 倍率色収差は、中央はほとんど見られないが、隅ではいくらか見られる。
  • 歪曲は24mmでは-3.42%の非常に大きなタル型で、35mmでは-0.11%でほぼ完璧にまっすぐになる。50mmでは+1.04%の糸巻き型になり、70mmでは+1.49%の糸巻き型になる。歪曲はズームとしてはとても良好だ。
  • フレア耐性は素晴らしく、どのような逆光でも、問題は起きなかった。
  • ボケは非常に滑らかだ。
  • 新しいタムロン24-70mm F2.8 はとても良好な性能で、各項目のバランスは非常に良好だ。同じカテゴリのライバルに対して価格も安価で、間違いなく検討する価値があるレンズだ。画質はシャープで、ディテールに富み、ボケも滑らかだ。フレア耐性は素晴らしい。とても素晴らしい汎用性の高いズームで、大いに推薦する。
  • 良い点:バランスの良い解像力、フレアが少ない、中央の色収差が少ない、防滴仕様、コストパフォーマンス、近接性能。
  • 悪い点:隅の色収差、70mmで隅の解像力が低下する。

 

解像力は広角側は開放から非常に優秀ですが、中間域から望遠側では隅の解像力に落ち込みが見られ、望遠端では絞らないと隅は少し甘いようですね。

逆光耐性は非常に優秀のようで、新型で新たに採用されたeBANDコーティングの効果が現れているようです。実写では、ズームとしてはボケがとても綺麗で、雰囲気のある描写をするレンズという印象です。

2017年9月25日 | コメント(7)

コメント(7)

旧モデルも相当優秀レンズでしたからねぇ〜。
購入しようと思ってるんですがマップさん在庫無い状態でして…。

70ミリでの隅の解像度低下は個人的撮影スタイルにおいて全く問題ありませんね。

旧型との比較が見てみたいです
レンズ構成は同じでコーティングとAFが違うんでしたっけ・・・?

純正品の評判が芳しくなく、悩んだ末に本機を購入しました。
購入動機は廉価でありながら高機能との評判でした。実際手にしてみると、外観は高級感があり以前のタムロンの印象とは異なるものでした。購入して間がなく、画像に対する評価は差し控えますが、こちらでの高評価を見て、後は自分の腕次第と考えます。
純正品以外の製品レベルの向上に拍手を送ります。

純正にはべイヤー配列さんが言うような評判があるのと、高いのと重いので思案中でした。
D850に純正の高倍率ズームを使ってますが、少し物足りないのでこのレンズが欲しいと思いました。
VRが付いてこのお値段、この評価は大変ありがたいです。

純正にはVRなかった頃に、結婚式の写真をとる必要があったためD800E用に買いました。個体特性か、24mmで四隅(特に右下)の解像度がよくないものの、F2.8のボケもよく、結局一番よく使用しているレンスです。70mmでの画像はNikonの旧70-200mmF2.8VR比べると差は明らかなものの、それなりです。D850も手に入ったので、AF等がアップした新型もほしくなってきました。(高いので少し価格が下がってから。)

旧型を愛用してます。
逆光に強く、写りも良いですが、
フードやスイッチがチープで、機能面が弱いです。

新型は電磁絞りに変わり、写りの進化より
機能面の進化が大きいです。
フードも立派な作りになりましたし、
タップインコンソールにも対応ですから、
今から買うなら絶対に新型が良いですよ。

レンズ構成は同じようですが
硝材の見直しをしていると聞きましたよ。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2017年9月25日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルム「XF80mmF2.8 R OIS WR Macro」のサンプル画像」です。

次のブログ記事は「ソニーがスターイーター現象(星が消える問題)を修正する新ファームを近日中にリリース?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る