オリンパスED30mm F3.5 Macroは軽量コンパクトで高性能なレンズ

ePHOTOzine に、オリンパスのマクロレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro」のレビューが掲載されています。

Olympus M. Zuiko Premium 30mm f/3.5 Macro ED Lens Review

  • 重さは128グラムと控えめだが、ハイクオリティなプラスチック製の鏡筒の造りは非常に良好だ。
  • フードが用意されていないのは残念。
  • フォーカスリングは非常に滑らかに動く。残念ながら、距離目盛りと被写界深度目盛りは省略されている。AFは速く正確で、迷わない。
  • 最短撮影距離は0.095m、最大撮影倍率は1.25倍で、前玉からのワーキングディスタンスは14mmになる。
  • 換算60mmは少し変わった焦点距離だが、実際にはとても便利で、ポートレートの撮影に向いていることがわかった。
  • 中央の解像力は、F3.5からF11まで素晴らしい値(excellent)だ。隅は中央には及ばないが、F3.5からF16までとても良好な値(very good)だ。

oly_30mmf28macro_mtf.jpg

  • 倍率色収差は、中央はほとんどゼロで、隅も1ピクセル未満で良く補正されている。
  • 歪曲は-0.01%のタル型で、ほぼゼロだ。
  • フレア耐性は素晴らしく、厳しい逆光でもコントラストの低下やフレア・ゴーストはそれほど見られない。
  • ボケは非常に心地良いもので、後ボケの滑らかさは賞賛に値する。
  • 30mm F3.5 Macro は珍しい焦点距離だが、実用的で、性能の素晴らしさと撮影倍率の高さで、とても面白いレンズになっている。このレンズはコンパクトで高性能だが、距離目盛りや被写界深度目盛り、防塵防滴などのマクロレンズで役立ついくつかの機能が省略されている。とは言え、安価でコンパクトはレンズが欲しいなら、性能面でがっかりすることはないだろう。
  • 良い点:高解像力、色収差が少ない、歪曲がほとんどゼロ、高倍率、高速で正確なAF、美しいボケ。
  • 悪い点:防塵防滴ではない、距離目盛りが無い、被写界深度目盛りが無い。

 

オリンパスの30mm F3.5 Macro は低価格なマクロレンズですが、光学性能はとても良好で、コストパフォーマンスは抜群ですね。ボケが綺麗なので、ポートレート用としても良さそうです。

同じ焦点距離のパナソニックのMACRO 30mm F2.8とどちらを選ぶのか悩ましいところかもしれませんが、オリンパスは最大撮影倍率1.25倍(換算2.5倍)と高いのが魅力的ですね。

2017年10月 8日 | コメント(3)

コメント(3)

被写界深度の深さを活かした物撮りに良さそうですね。逆にフルサイズ換算でf7.0のボケ量なのでポートレートには物足りなくなる場合があるかも?

コレはかなり良く写りますね。
安価ですし、カメラが趣味じゃなくても、例えば小物なんかを撮影するのにも気軽に勧められますね。

いいレンズなんですが前玉の小ささが貧相に見えてかなり損してますよね。
ものすごく寄れるので重宝してますよ。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2017年10月 8日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「フルマニュアルのフィルム一眼レフカメラ「Reflex」のプロジェクト」です。

次のブログ記事は「ライカが近日中に発表する新しいカメラとレンズのリスト」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る