キヤノン「EF24-70mm F2.8L IS」は現在プロトタイプのテスト中?

Canon Rumors に、キヤノンのIS付きの新しい標準Lズームに関する噂が掲載されています。

Canon EF 24-70mm f/2.8L IS Still in Testing [CR2]

  • かなり以前から噂されているEF24-70mm F2.8LのIS付きバージョンは、まだテスト中で、発表日は決まっていないと聞いている。どうやら、まだ2種類のレンズが開発されているようで、発売されるのは1つだけだ。

    キヤノンの目標は、新しいIS付きバージョンの光学性能を現行のEF24-70mm F2.8L II よりも大幅に改善することだ。

    もう1つの目標は重量で、手ブレ補正の追加はレンズを大きく重くする。ニコンの24-70mm F2.8は非VRとVR付きで170グラムの違いがあり、VR付きはサイズも大きい。

    キヤノン以外のメーカーは、24-70mm F2.8に手ブレ補正を搭載しており、キヤノンもマーケットリーダーのプライドを示すと思われるので、EF24-70mm F2.8L ISの登場は、単に時間の問題だと思う。

 

新型のEF24-70mm F2.8L IS は、まだテスト段階で、製品の候補も2つあるようなので、発売まではまだしばらく時間がかかりそうですね。

24-70mm F2.8クラスのレンズでは、ニコンとタムロンに続いてシグマも手ブレ補正を入れてきたので、キヤノンも遅かれ早かれ手ブレ補正を入れてくるのは間違いなさそうです。

キヤノンの新型24-70mm F2.8は、ISを追加しつつ光学性能を大きく改善し、かつ重量もある程度抑えるようなので、全てが目標通りになれば理想的な標準ズームになりそうです。

2017年10月20日 | コメント(14)

コメント(14)

 このレンズは、高解像、シャープなデザイン、コンパクトな大きさが大変気に入っていて、5D4に付けっ放しです。あまり手振れの気にならない焦点域ですが、ISが付いた上に画質も向上し、大きさもあまり変わらないなら言うこと無しですね。ただ、ニコンを見るとなかなか難しいような気がします。

新型は広角側で鏡筒が伸びるタイプに戻して欲しいな。
小型軽量化には現行と同じ方が良いんだろうけど、レンズフードが実用的なのは旧型の方だと思う。

ブライダルの仕事でも単焦点のみで行っておりますが光学性能が改善されてIS付きの24-70が出たらさすがにポチしてしまいそうです。気長に待つのでクラス最高の満足行くズームをお願い致します。

先日発表されたEF85mm F1.4L IS USMでも思いましたが、
このレンズも実際に発表されると
一眼レフのEOSにはボディ内手ブレ補正の搭載予定はないと言うことなのかも知れませんね。

フードを先代の仕様に戻して欲しいです。
長くなっても構わないので、インナーズーム希望。

24-70F2.8のII型使ってます。
娘と出かける散歩程度から旅行までこなせる優秀なレンズです。
IS付が出て描写力も向上するのであれば入れ替えを検討したいと思います。
ただ、現状ISがないから不満ということはないんですけどね…w

huiさん
先代もインナーズームでは、なかったですよ
フードの中で伸び縮みするので、フードの効果が比較的良かったですよね

IS,画質,重量全てを理想の形に持っていくとはチャレンジャーですね。
どのメーカーも手ぶれ補正が入ることで画質、サイズ共にキヤノンの現行機に差を付けられている印象なので
キヤノンが本当に画質を向上させながらサイズも抑えられるのか気になります。
とはいえ、現行でも定価23万円、IS付きになると30万円コースでしょうか。

現行はかなりハイレベルな標準ズームですが、そこから大幅に光学性能が向上とは楽しみですね。
期待してます!

IS付きで現状維持の高画質だけでもかなり凄いことだと思います。
IS付きで更なる高画質、重量もあまり変わらない。
常識破りの新レンズが期待できそうですね。

大三元ズームの上、IS搭載となると大きく重く高価になるのは当たり前だと覚悟しているので、個人的には光学性能が退化しない限りは何の問題もありません。
マーケットリーダーの力を早く見せて欲しいです。

EF24-70mm F2.8Lの標準ズームの新型、とても楽しみです。
このクラスのレンズは、他社もかなり良いものが出てきているので、純正の意地を見せて頂きたいものです。
本当に、光学性能と軽量化が両立された製品ならば、迷わず買ってしまいそう。

24-105F4のリニューアルをずっと待ってきましたが、Ⅱ型は期待外れ…24-70F4Lは、光学性能が24-105Ⅰ型と大差ない上、ズーム域も狭く、買い替える理由がない。24-70F2.8Ⅱは、ISなしと重量が…
ISが付いて、今でも申し分ない光学性能がさらに改善され、その上軽量化…それが実現するなら、ズーム域には目を瞑り購入します。
楽しみです。

来年出るかもしれない5Ds後継に合わせているのかも。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2017年10月20日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンの新タイプの可動式モニタの特許」です。

次のブログ記事は「ニコンの2017年4~9月期はデジカメ販売が好調で予想を上回る営業益」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る