ソニーが今年中にFE20mm F2.8を発表?

SonyAlphaRumors に、ソニーの新しい広角単焦点レンズに関する噂が掲載されています。

(SR3) Sony will launch a new 20mm f/2.8 FE lens?

  • 次の情報は、以前にいくつかの正しい情報を教えてくれたソースからのものだ。

    ソニーが、新しい20mm F2.8のフルサイズEマウントレンズを、今年の遅くに発表すると聞いている。このレンズは、FE50mm F1.8 やFE28mm F2.0のような、ソニーの安価なレンズシリーズの1つになるだろう。20mm F2.8 は、Aマウントの20mmのように比較的コンパクトになる。
  • (覚え書き)ソニーは、FE135mmとFE400mmの発表も計画している。

 

最近のソニーのFEレンズは、ツァイスやGMなどの高価なレンズが多いので、今回噂が流れているFE20mm F2.8のような手頃なレンズの登場は、Eマウントユーザーに歓迎されそうです。Eマウントはフランジバックが短いので、新しい20mmは、Aマウントの20mmよりも更にコンパクトになるかもしれませんね。

2017年10月 5日 | コメント(16)

コメント(16)

20mm単焦点はすでにfirin f2がありますが、それより軽く、写りもよければAFの純正にしたいですね。

リーズナブルなレンズは大歓迎ですね。
F2.8だと多少コンパクトにはなるのかな。
次は35mmF2あたりのレンズを3万円台で出してもらえたらとっても嬉しいのですが。

あと、たまにはAPS-C用の新レンズもよろしくね。

ダイナミックな構図で使いたいため、最短撮影距離はぜひ20センチ以下を希望。

昨今の単焦点は、各メーカー競い合うように大口径レンズを送り出していますが、お手軽単焦点を求めてるユーザーも多いと思いますし、SONYからのアンケートでも要望を出しました。

サブ機用のα6000にAPS-C専用のE 20mm F2.8を購入しようかと考えていましたが、多少大きくてもフルサイズと共有できる噂のレンズの方が使い勝手が良いかも。

安いだけでは人気の出ない昨今。
ソニーがコストを抑えながらどのような付加価値を付けてくるのか興味があります。

シンプルな20mmのニッパチ 羨ましいですね
軽くて小さくてお手頃価格のレンズはアウトドアの必需品です

20mmはf/2.8でも大歓迎です。
シャープな写りをしてくれるならば、それで良しです。
あとは、価格面といったところでしょうか。

ボディがコンパクトなミラーレス機に、コンパクトなレンズは絶対必要です。フイルム時代より感度が上がった現在、必ずしも大口径でなくても構わないです。何れにせよ、選択肢が広がることは良いことです。

FEでパンケーキといえるようなものがないので、ショートフランジバックを活かして付けっぱなしにして、ちょっとした外出時も持ち歩けるようなのになったらいいなぁ

HHP8さんと同じ希望です。感度を自由に選べる今だからこそ暗くて小さくて良く写るレンズが欲しいです。今回または今後そのようなレンズが出てくることを切に願っております。

暗くてもボディ内手ブレ補正がありますし、
ボケを求めるなら別のレンズを使いますからよく写るコンパクトなレンズを希望します。

待っていました!
これは本当にうれしいニュースです。

常用したいので、可能な限り小型に、そして
フードも形状を工夫して、浅くしてほしいです。

FE50mm F1.8は安価と言ってもちょっと割高感が有るので
お手頃価格だと良いですね。
24−240に現在は広角をCANON広角ズームをシグマアダプターで
間に合わせているので、もうちょいワイドがという時に
小型軽量のAF20が欲しいです、35mmや40〜45mmの
パンケーキもお願いしたいです。

FE28mm/F2にワイドコンバーター付けると20mm/F2.8相当になったはずなんですけど、そんなわざわざ丸かぶりする焦点距離とF値で出してきますかね…?

今後サムヤンなどのサードパーティーがどんどん安価で性能の良いEマウントレンズを出してきますから、今のうちにコスパの良い撒き餌レンズを出してほしいですね。
手薄な軽量、安価なズームレンズもお願いしたいです。

軽くて小さくてリーズナブルな20mm、大歓迎です。
α7Sユーザーです。Ⅱの方ではありません。従って、ボディ内手振れ補正はありませんが、コンパクトなボディがメリットです。今後もこの小型フルサイズミラーレス一眼の長所を生かすためにも、フルサイズ対応の軽くて小さいレンズ系を是非絶やさないでください。
あ、防塵・防滴は忘れずにお願いします。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログ記事について

このページは、2017年10月 5日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ヤシカが新しいティーザー動画で10月10日の発表を予告」です。

次のブログ記事は「シグマがPhotoPlus Expo2017で新しい交換レンズを発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る