ソニーは現時点では中判市場に参入しないが中判の開発は可能

SonyAlphaRumorsで、スペインのサイトに掲載された、ソニーのエンジニアとマネージャーのコメントが紹介されています。

Sony says we are not ready to launch our mirrorless system medium format camera yet

  • ヨーロッパのジャーナリスト達が、東京でソニーのエンジニア、マネージャーと会談をしている。ソニーは将来の製品については、一切コメントしていないが、中判カメラ市場について話している。Photolariが次のように報告している。
  • ソニーは、少なくとも現時点では、中判フォーマットのカメラを発売する可能性は無いと述べている。理由は、中判カメラとレンズ、アクセサリーの開発には多くの時間とリソースが必要になるからだ。
  • 同時にソニーは、もし、望むなら中判カメラの開発するために必要な全てのリソース(知識やコンポーネント)はあると述べている。

 

ソニーの中判カメラの噂は過去に何度も流れていますが、どうやら現時点では、ソニーの中判カメラが登場する可能性は低そうです。

ただ、技術的に開発はできるということなで、現在急ピッチで行われているEマウント製品の開発が一段落したら、ソニーが中判に参入する可能性はあるかもしれませんね。

2017年10月 3日 | コメント(13)

コメント(13)

αマウントを整理出来ていない現状で、更に中版というのは考えにくいですよね。

せっかく波に乗っているα7/9シリーズがありますからまずは35mmフルからでしょうね。
それとソニーは第三世代グローバルシャッターセンサーなるものを昨日発表しました。
センサーの技術が進んで、近い将来にメカシャッターが全く要らなくなる日が来そうに見えます。またBSIによる斜め入射光の利得向上もありました。
新たに中判に殴り込むのなら、こうした最先端のセンサーを大前提とした規格を作るのが良さそうですよね。
そしてそれにはまだ早いでしょ

仮に中判フォーマットカメラを出すにしてもレンズ一体型のRXシリーズからではと思いますね。
それなら直ぐにでもRX1の中判版をソニーなら出せそうですし出してみてほしいとも思います。

心臓部であるセンサーを供給していて、ミラーレスのノウハウは完全なわけですから、商売になる、と判断すればすぐにでもやれるでしょうね。
しかし今は、フルフレームミラーレスの地盤を、他社が参入するまでにどれだけ固められるか。
ソニーもわかっているでしょうが、最重要なのはEマウントシステムの構築だと思います。

新たなレンズの開発が大変そうですね。かつてのマキナのようにニッコールがでてきたりして。ニコンは大判もやっていましたし。それともContax645用をブラッシュアップして復活?妄想がふくらみます。

適切な判断でしょう。a9/a7シリーズの充実に注力するのが吉です。

レンズ一体型のRX1のシリーズで中盤を出せば、α7シリーズ(フルサイズ)とすみ分けができて面白いと思うのですが…。

望むならリソースは揃ってる、、と言っているので、
中判参入の確率は高く、後はタイミングと経営判断でしょう。
ミラーレスだと思うが、先発の競合他社より安価で高画質な
システムを期待しています。

リソースがあっても、パイが小さすぎて話になりません。4200万画素以上の24x35mmセンサーを大量に市場に供給した結果、中判デジタルカメラの需要は、ますます低下しております。そこに大変高価なレンズ群を開発してまで、参入するでしょうか。できるとするは、違うと思います。

cinealtaシリーズもある事ですし、映画撮影と中判スチール撮影ができるような新マウントのシリーズでも良いかも知れない。

そりゃ、フジとハッセルのセンサーはソニー供給ですし、両社ともに
「すべてはソニーさん次第」という話が出るくらいなのですから
作る気になれば作れるでしょう。

供給元ということは、何がどの程度出ているかも把握しているので
後は出すに値するかどうか?ではないですかね。

ソニー自らがミラーレスフルサイズの基盤を整えた今、中判を出す事は無いでしょう。画質をこれ以上上げるとなるとボディやレンズ個体の値段・技術も跳ね上がるでしょうし、そこまでの画質を必要とするカメラマンが居るか?と言えば極少数です。(医療研究や天体観察、文化財複製等は除く)
技術は持っておくに越したことは無いですが、その高い技術を惜しまなく使ってフルサイズやAPS-Cのレベルを向上させることが先決だと思います。それはコスト削減にも繋がると私は考えますね

RXシリーズなら、フルサイズより大きなフォーマットを採用する事もあるかもしれないですね
曲面センサを使用すればレンズはコンパクトに出来そうだし


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2017年10月 3日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノン「PowerShot G1 X Mark III」にはEVFが搭載される?」です。

次のブログ記事は「ライカが近日中に発表する新製品のリスト」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る