タムロン「18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD」は画質は18-300mmクラスに及ばないが非常に汎用性の高いレンズ

LensTip に、タムロンのAPS-C一眼レフ用の高倍率ズーム「18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD(Model B028)」のレビューが掲載されています。

Tamron 18-400 mm f/3.5-6.3 Di II VC HLD

  • ズームのロックスイッチが用意されているが、自重落下や撮影者の動きでズームが動いてしまうことはなく、幸いなことにロックする必要はなかった。
  • ズームリングの動きは均一ではなく、ズームの中間域では重く、ズームの両端では軽くなる。
  • フォーカスリングの動きは滑らかだが、少々軽すぎる。最短から無限遠までの回転角は、約70度と非常に小さく、マニュアルフォーカスは、特に望遠端では現実的ではない。
  • 手ブレ補正は、公称は2.5段分の効果だが、望遠端でのテストで最大で3EVを少し超える効果で、メーカーの言う値を上回るとても良好な結果だ。
  • 中央の解像力は、18-400mmは超高倍率ズームにもかかわらず、ズーム全域でほとんど弱点はなく、開放から許容範囲内(広角端では開放で40lpmm、良像の基準値は37-39lpmm)だが、タムロン16-300mmやニコン18-300mm、シグマ18-300mmの方が良好な性能だ。
  • 隅の解像力は、広角端が最も良好(開放で30lpmm)だが、残念ながらF8まで絞らないと許容範囲内にはならない。望遠端では絞っても許容範囲のレベルには達しない。ここではライバルの高倍率ズームも大差は無く、どのレンズも25-30lpmmのレベルで、許容範囲外だ。
  • 軸上色収差は若干見られるが、大きな問題はない。興味深いことに、絞るとごくわずかにボケの色付きが強くなるように見える。
  • 倍率色収差は望遠端が最も弱く、開放付近では0.2%を超える高い値に達し、かなり問題がある。倍率色収差は50mmでも顕著で、18mmと100mmでは中程度~高いのレベルだが、200mmだけは問題は無い。倍率色収差はライバルに劣っている。
  • フォーカスシフトの問題は全く見られない。
  • 歪曲は、広角端は-3.90%のタル型(若干の陣笠状)で、ライバル(ニコン18-300は-5.32%)と比べると良好だ。35-50mmでは糸巻き型が強く、3%に近い歪曲は実写でも目立つ。幸いなことに200-400mmでは、歪曲は顕著に改善する(400mmで+1.17%)。
  • コマ収差は開放では望遠端を除くズーム全域で見られる。200mmは穏やかだが、18-100mmでは目立つ。しかし、それでも、極端に悪いわけでない。
  • 非点収差は15%近い大きな値で、これは望遠側(50-400mm)でも変わらないが、広角端だけは若干小さい値になる。
  • 玉ボケは明確な縁取りが付き、シグマ18-300mmほど良好なボケではないように見える。
  • 周辺光量落ちは、18mm開放で39%で、シグマやニコンと同レベルだ。50mm以降では周辺光量落ちの問題はなくなる。
  • 逆光耐性はかなり良好で、パーフェクトでないが大きな問題もない。唯一、400mmだけが例外で、画面のすぐ外側に太陽があると、フレアが画面の半分近くを覆って画像が台無しになる。幸い、400mmで太陽が画面近くに位置する写真を撮るケースは、それほど多くはないだろう。
  • AFはほとんど無音で、条件が良ければAF速度も速い(0.4-0.5秒)が、暗くなったり、望遠側で撮影するケースでは遅くなる(2-3秒)。これはテスト機のD7000だけでなく、80Dのような新しい機種でテストした場合でも同じだ。
  • AF精度は十分に調整すれば問題はないが、TAPコンソールでの調整は難しい作業だ。
  • 18-400mmの光学性能は、タムロン16-300mmや他社の18-300mmには及ばないが、ズーム域は高倍率ズームで最も広く、画質も画面の中央部分は問題はない。画質にうるさく、もっと高性能なAFが欲しい人は、18-400mmのズーム域を2本のレンズに分けた方がいいだろう。
  • 良い点:非常に汎用性の高いズーム域、中央の良好な画質、軸上色収差が適切に補正されている、球面収差の問題が無い、広角側のコマ収差がまずまず、望遠側の周辺光量落ちが少ない、効果的な手ブレ補正。
  • 悪い点:開放時にズーム全域で隅の画質が弱い、50mmと400mmの倍率色収差が大きい、18mmと35-100mmで歪曲が顕著、非点収差が少々大きい、かなり調整が必要で遅いAF。

 

タムロンの18-400mmは、光学性能は18-300mmクラスの高倍率ズームには劣るようですが、望遠端が400mmの超高倍率ズームであることを考えれば、十分な性能と言ってよさそうです。

手ブレ補正は公称値では一昔前のスペックですが、実測では望遠端で3段分を超える効果があるということなので、日中野外なら望遠端でも問題なく手持ちで撮影できそうですね。

2017年11月11日 | コメント(4)

コメント(4)

1本で400mmまでカバーできることに価値があるズームなので、写りにあれこれケチをつけたらいけないレンズかと。

どんな被写体に出会うかわからないとき持ち出すのに心強いレンズですね。
35mm判換算で600mm相当まで行けるなら切り取り逃す被写体も儘ないでしょう。
「高倍率」に特化していて価格もそこそこなので画質はこれくらいかと思います。
ミラーレスにもこのスペックのレンズを出してもらえるとシステムでより小型軽量化できるので期待したいですね。
またオリンパスの12-100mm F4のような高倍率なのに高性能というラインもタムロンには挑戦してほしいところです。

このクラスの高倍率ズームで一番画質が良いのは、
蛍石相当のFLDガラスを4枚入れた、
シグマ18-300Cでしょう。
ズーム倍率を上げるのも結構ですが、
画質が伴っていないズーム倍率は如何なものかと
思っています。

画質面は置いてもこのズーム域は唯一無比、レンズ交換が難しい場面や荷物を減らしたい向きには歓迎されるでしょう。

ただ、タムロンのレンズは暗所のAFが軒並み問題ありそう。
同じサードパーティでもシグマは健闘しているので、本気で取り組んでほしいですね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

このブログ記事について

このページは、2017年11月11日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーα7R III とα7R II、ニコンD850の比較サンプル画像」です。

次のブログ記事は「パナソニックのLEICA50-200mm F2.8-4は2018年のリリース予定」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る