ニコン24mm f/1.8 G EDは高解像力でボケも驚くほど綺麗なレンズ

OpticaLimits(旧称Photozone)に、ニコンの広角単焦点レンズ「AF-S NIKKOR 24mm f/1.8 G ED」のレビューが掲載されています。

Nikkor AF-S 24mm f/1.8 G ED (Nikon FX) - Review / Test Report

  • 鏡筒はハイクオリティなプラスチック製で、サイズのわりにとても軽量だ。
  • フォーカスリングは申し分の無い重さがあり、滑らかに回転するが、最短から無限遠までの回転角がとても小さい。フォーカスリングには少し遊びがあり、回転の方向を逆方向に変えると、数ミリ動かさないとピントが動かない。AF中心なら心配は無いが、MFで注意深くピントをあわせる必要がある場合は、この遊びにイライラするかもしれない。
  • AFは無音に近く、速度はとても速い。フォーカシングはインナーフォーカスなので、レンズの全長は不変で、前玉も回転しない。
  • 歪曲は1.5%の穏やかなタル型だ。これは24mmの短焦点としては標準的な歪曲で、建築写真など、直線的な被写体が周辺部にある場合には目立つ可能性がある。
  • 周辺光量落ちは開放で2.7EVで驚くほど大きい。絞ると改善するが、絞り込んでも0.5EVの周辺光量落ちは残る。(周辺光量落ちの値は、テスト機のD3Xのグラデーションカーブがフラットなために、キヤノン機のテストの方が約40%高い値になる)
  • 解像力は、中央は開放から素晴らしい値(excellent)だ。周辺部と隅もテストしたほとんどのF値でとても良好な値(very good)で、周辺部は中間の絞り値では素晴らしい値(excellent)に達する。解像力はとても素晴らしい。
  • このレンズには、絞った時にわずかなフォーカスシフトが見られるが、実写で目立つほどの大きさではない。
  • 倍率色収差は、周辺部で開放時に平均0.5ピクセル前後で、良く補正されている。絞ると倍率色収差は少しずつ増加し、F11で0.8ピクセルに近い値になる。
  • ボケは、非球面を使った広角レンズは苦戦することが多いが、このレンズは前ボケも後ボケも驚くほど滑らかで、とても満足の行く結果だ。玉ボケは輪郭も見られず均一だが、ボケに色付きが見られる。
  • 軸上色収差は、開放ではいくらか見られるが、絞れば改善し、F4でほとんど解消する。
  • このレンズは開放から画面全域で見事な解像力で、色収差もよく補正され、歪曲も穏やかだ。加えて、広角レンズとしては、ボケが驚くほどハイレベルだ。欠点は周辺光量落ちが非常に大きいことだが、全体的な性能はとても良好だ。
  • この良好な性能を考えると、現在の750ユーロの価格は許容範囲内だが、同じ価格帯のシグマ24mmはF1.4の明るさだ。しかし、シグマは解像力はニコンに及ばず、大きく重い。どちらを選択するかは、ユーザーが何を優先するかにかかっている。

 

光学性能の評価は4~4.5点(5点満点中)で、このクラスのレンズとしては極めて高い評価になっています。解像力は開放時でも隅まで良好で、かつボケも非常に綺麗で、とても魅力的なレンズという印象です。開放時の周辺光量落ちがかなり大きいことだけが、少々気になるところかもしれません。

2017年11月27日 | コメント(6)

コメント(6)

自分もF1.8シリーズのピントリングの遊びが気になります。MFがすごくやりづらいのでなんとかして欲しい。

私は1.8Gシリーズの金の印刷がすぐに消えてしまうのが、とても気になります。

もし周辺減光がセンサーへの光が斜めになってセンサー部まで届きにくくなるのが原因なら、裏面照射のD850では改善されたりするのでしょうか?

兄貴分の2414と同様のボケ重視の描写傾向ですね。
D7200でのテストでも良好な解像力みたいですし、ネックの巨大周辺減光も切り捨てられますし、万能画角の(FX換算)焦点距離35mmとしてむしろDXユーザーにこそうってつけの一本ではないかと。

ニコンのいう所の「3Dハイファイ」もそうですが、最近のニコンのレンズ設計方針は昔からのライカの方針に近づいているように感じています。もちろん、最新の設計技術を用いた新次元の技術だということは踏まえた上で、大まかな方針が、ということですが。

今回のレンズも、ライカが昔から取っている「周辺光量を犠牲にして、解像度に寄与する前玉の有効面積を減らすことで画質を向上させる」方向に舵を切っているように感じられます。

ボケがきれいなとの事で購買欲がそそられます。

欠点は周辺光量落ちが大きい事くらいですか、それならAPSCの

7500と組合わせて準標準35mmとしていいかも知れませ

んね。

欲しいよ~!!



コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、2017年11月27日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パナソニックGH5sは12MPか16MPの高感度に強いセンサーを採用?」です。

次のブログ記事は「パナソニックGH5sの最初のリーク画像」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る