オリンパスED45mm F1.2 PROは極めてシャープでボケも美しいレンズ

Photography Blog に、オリンパスの大口径中望遠単焦点レンズ「ED 45mm F1.2 PRO」のレビューが掲載されています。

Olympus M.ZUIKO Digital ED 45mm f/1.2 PRO Review

  • このレンズの重さは410グラム、全長は87mmで、F1.2の非常に明るいレンズであることを考えると比較的小型軽量で、テスト機のE-M5 Mark II とのバランスはとても良好だ。
  • 他のプロシリーズのレンズ同様に、鏡筒は頑丈な金属製で品質感あふれるものだ。
  • フォーカスリングはAFモードでは非常に軽いが、MFモードにすると、ずっと重くなり、滑らかで気持ちのいいフォーカシングができる。フォーカスリングは最短と無限遠で止まる。
  • AFは非常に速く、ほとんど瞬時に合焦する。暗所でもそれほど迷うことはない。作動音は非常に静かだ。フォーカシングはインナーフォーカスで、レンズの全長は変わらず、フィルター枠も回転しない。
  • 倍率色収差は非常に良く補正されている。
  • 周辺光量落ちは開放ではいくらか目立つが、F1.4で改善し、F2.8ではRAWではいくらか見られるが、JPEGでは完全に解消する。通常の被写体では、開放でも周辺光量落ちは気にならないだろう。
  • 歪曲はRAWでもJPEGでもほとんど見られない。
  • 最短撮影距離は0.2m、最大撮影倍率は0.15倍(換算0.30倍)で比較的寄れる。
  • ボケは自然で非常に満足のいくものだ。
  • 解像力は、中央は開放では若干ソフトだが、F1.4では極めてシャープになる。隅は、中央からそれほど後れを取っていない。解像力のピークはF2.8~5.6だが、回折の影響が顕著になるF16以外はそのF値でも躊躇なく使用できる。
  • このレンズは際立った画質で、開放では若干甘いが、F1.4以降は中央も隅も極めてシャープだ。ボケは美しい描写で、周辺光量落ちや色収差は非常に良く補正されており、画質の点では不満はほとんどない。鏡筒の造りに関しても同じだ。45mm F1.2は高価でプロ向けのレンズだが、購入する余裕があるならこのレンズを大いに推薦したい。

 

光学性能に関しては5点満点の非常に高い評価で、問題点の指摘もほとんど無く、べた褒めに近い内容となっています。サンプルでは、確かに非常にシャープでかつボケも綺麗で、申し分の無い描写という印象です。

2017年11月24日 | コメント(7)

コメント(7)

個人的な感想ですが、25mmよりもAFの精度が良いように感じました。
口径食に関しては、開放ではレモン型、一段絞ると日食のような感じになり不自然さが気になります。2.8ぐらいまで絞れば口径食は消えますが、円形絞りの効果が消えます。

最短撮影距離と最大撮影倍率は17mmF1.2の数値ですね。
メーカーサイトによると正しくは0.5mで0.1倍(換算0.2倍)です。

「最短撮影距離は0.2m、最大撮影倍率は0.15倍(換算0.30倍)で比較的寄れる。」とありますが、メーカー公称値は、それぞれ、0.5m、0.1 倍(35mm判換算0.2倍相当)で、45mmF1.8 同様「寄れないレンズ」と思っていました。

原文を確認したところ「minimum focusing distance of 0.2 metres and a maximum image magnification of 0.15x (0.30x in 35mm terms).」となっていて、管理人さんの転記ミスでもないようです。

どちらが正しいんでしょうかね?

本当に0.2mまで寄れるならとてもありがたいです。
実際のところは発売するまで分からないですが……。

常識的に考えて45mmのレンズで0.2mまで寄って、撮影倍率が0.15倍なんてことはないと思いますが?

実測で0.5m弱ですね。メーカー公称値が正しいです。

金曜日に届いて早速試しました。写りには仰天しました。ボケの中で浮かび上がるようなコントラストです。カリカリした感じではありませんが、しっかり解像して写りは申し分ないです。
ただF1.8と同様に寄れないのが残念です。あと10cm寄れれば使い方の幅が広がるのですが


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2017年11月24日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンが海外の認証機関にEOS 2000D・3000D・4000Dを登録」です。

次のブログ記事は「パナソニックが12月15日のイベントでm4/3関連の新製品を発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る