ソニーがミラーレスカメラによるプロ市場攻略を宣言

デジカメWatch に、ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ株式会社の石塚茂樹社長のインタビューが掲載されています。

ソニー、ミラーレスカメラで「プロ市場攻略」を宣言

  • α9の発売は、プロ・ハイアマチュアのミラーレスカメラに対する見方を変えた事件だった。結果、フルサイズボディにおけるソニーの国内シェアは、約29%に達した(2017年上半期累計)。
  • 11月25日発売のα7R IIIは、すでに想定超える多くの注文を得ているという。「下期のビジネスの中心になると期待している」
  • この路線に続く同社が掲げる戦略が、"ミラーレスカメラによるプロ市場の攻略"だ。ご存知の通り、長らく2強の牙城となっているプロ市場に対し、ソニーがαで切り込むことを宣言した。プロ市場にこだわるのは、台数ベースでの拡大が難しくなり、金額を追うビジネスになってきているから。
  • 石塚氏はさらにレンズラインナップの強化を挙げる。「カメラは長く保有する傾向があるため、一時のシェアではなく長期でみる必要がある。長期で重要になるのがレンズの存在」
  • これまで薄かったプロとのコミュニケーションにも努める。「コンシューマーだけではくプロも含め、俯瞰して事業を進めるのが我々の見立て。プロ、コンシューマーが一体となった、総合メーカーのトップブランドを確立したい」
  • ソニー製αが世に出てから11年が経つものの、2強に寄せるプロの信頼は高い。「カメラといえばソニーといわれるのが、20年前からの願望だった」と石塚氏。「東京オリンピックは一つの契機だが、それだけではない」「最終的なゴールに達するとすれば、あと5年以上はかかるのでは」。プロ市場攻略を宣言するソニーの、次の一手に期待したい。

 

ソニーは、ミラーレスによるプロ市場攻略を掲げているということなので、今後は、プロ用のカメラやレンズのより一層の充実が期待できそうですね。3年後の東京オリンピックで、ソニーのミラーレスがどこまでプロに浸透しているのか興味深いところですね。

2017年11月 9日 | コメント(25)

コメント(25)

3割をソニーがシェア取ったんですか!?ちょっと想像してた数字よりインパクトありますね…(笑)
カメラ業界全体が暗い中、一番活気があるソニーです。
今後のカメラ業界の次のステージへ押し上げてくれると信じてます

仕事として両方併用してますが 
物撮り キャノン
ロケ ソニーです
今が一番中途半端で大変なので…
早くEマウントレンズラインナップがもっと充実してほしいです

某イメージャー分析サイトさんの「VENICEとα9のセンサーが似ている」との指摘は正解でしたか
>コンシューマー機で培った技術がプロ機に応用されるのが現状だ。例えばソニーのCineAlta最上機「VENICE」に搭載されたイメージセンサーは、スチル用のフルサイズセンサーをベースに新開発して生まれた。

個人的には是非FS5シリーズの電子式可変NDフィルターをどうにかスチル機に入れてくれないものかと願ってます

ソニー凄いな
自分はハイファイが好きだからニコンを使っていくと思うけどソニーは素直に凄いと思う
後から入ってきてここまで戦えるのは凄い
「プロ市場攻略宣言」がハッタリとは思えない勢い&性能・・・凄い

記事にもあるように
数年前までは「電器屋のカメラ」って言われてましたよね、ペンタ部のSONYロゴを隠したいとか。
開発者はカメラを楽しむという気持ちを持っていない、なんて意見もありました。
それがここまで成長した事にSONYの底力を感じます。
今後も、SONYのやりたいようにカメラ作りをやっていって欲しいです。
本当に楽しみです。

ほんの1、2年前なら「またまたそんな大風呂敷広げて大丈夫?」って思ったでしょうけど、いまやそれを現実にしつつありますからね。

ミラーレスの未来をはっきりと見せたというのはソニーの大きな功績だと思います。

ソニーは放送業界のプロ向けの実績があるので、真実味がありますね。
個人的には、多分将来は、最終出力が、
プリント主体ならキヤノン、
モニター出力重視ならばソニー、
って住み分けになる気がします。もちろんプロの世界で。
それぞれ色を合わせるのには、やはり長年のノウハウの蓄積が大事でしょうから得意分野を伸ばすのではと思います。
ソニーがプロ用にプリンター出したりキヤノンがプロ用モニターを出したら、びっくらこきますが。w

α9はまだまだ序章に感じさせるほどソニーには期待感が強いです。
ソニーの存在はカメラ業界にとって起爆剤のようなもので時代を牽引し他社に発破をかけているように感じます。
ただ金額ではなく台数シェアでいえばα6000等の存在をパパママやカメラに興味がない人にも知ってもらう広告宣伝が必要かと思いますが、そこはキヤノンのKiss等の戦略が上手く占めていますよね。
来年からフルサイズミラーレスは群雄割拠になりそうですがソニーの動向は今後も目を離せず注目せざるを得ないです。

ニコン、キャノンがミラーレスカメラに本腰を入れ始める
来年からが、勝負でしょう~
ニコン、キャノンもミラーレスに比重を置き始める時は、何らかの
ソニーにはない武器を持って、挑んでくるような気がしますね~

長年のレンズ資産があるとか、会社でレンズを共有しているとか、大きなボディでクライアントを安心させたいとか、プロならではの事情があれば、2強はまだまだ強いですが、結果としての写真だけで考えると、積極的に2強を選ぶ理由は乏しくなりました。

写真趣味が、狙った被写体をシューティングするという行為にあるなら、レフ機の存在価値は大きいと思いますが、結果としての画像の良し悪しが大事な人にとっては、行為に払うコストとして割に合わない、と思う人が多くなってきたのは確かで、自分もそうです。

ソニーの快進撃はまだまだ続くでしょう。センサーはもちろん、最近のレンズは販売本数も性能も、2強を圧倒しています。

世間一般では動体性能が高いフルサイズ=プロ仕様みたいになっていて、その動体性能についてあらゆるメディアがα9の性能を称賛しました。
その後だからこそこの発言に信ぴょう性があるのは事実ですよね。
レンズラインナップについても長い時間をかけて発展してきたCNには及ばなくても、毎年6~7本程度は純正レンズが登場していて急速に追い上げている状況と言っていいと思います。
ここ数年の新レンズはどれも評判良いですしね

α9、素晴らしいカメラだと思います。超望遠のAマウントレンズでも、かなりの性能で動いてくれます。願わくば、AマウントレンズでもAFエリアのゾーンが選択できて、テレコンが使えるようにファームウェアアップデートさえしてくれれば御の字です。アダプターを介してのテレコン仕様に強度問題があるなら、テレコンアダプターを出してくれてもいい。そうなれば、α9とα99Ⅱの使い分けもし易い。
現状、手持ちのEFレンズも問題なく動いてくれているのは本当にありがたく、2強に切り込む要素は充分だと思います。
レンズラインナップの強化との事、かなり嬉しい話ですが、金額を追うビジネスであるというのであれば、不足している超望遠は超高額商品になるわけですから、ロードマップとは行かないまでも、今後どの焦点距離を出すのか?といった情報も欲しいところです。
それこそ、先日開発発表された400mmがステイなのかゴーなのか…500mm や600mmの先行きが見えないと手が出せないですからね。

今はぶっちぎりの性能で高価格ですが、例えば7RⅡやα6500を低価格、エントリークラスの価格で出せるようになったらもう向かうところ敵無しかと。
それは本当はもう実現可能で、今は上位機の価格を維持したいだけで価格を下げれていないだけな気がします。
同センサーサイズで実質ライバル不在なのも大きいかもしれませんが。

日経新聞電子版でも石塚氏のインタビューが掲載されていましたので共同インタビューだと思われますが、そちらでもカメラ部門の好調さを言われていますね。
レンズ販売額で国内2位までシェアが伸びているそうなので、GMレンズのような高級レンズの販売も好調のようです。
あとは若い人がとっつきやすいカメラを作ってもらえれば言うことないのですが、開発の方向がシニアの方を向いているのが気がかりです。

利益率重視でプロ向けに注力するとなると、α5000後継のようなAPS-Cエントリークラスの充実は今後も大きな期待はできないかもしれませんね。
残念ですが、経営戦略としては正しいと思います。むしろこのような選択と集中を決断できるところにソニーの底力を感じます。

プロのカメラは「システム」で機能してるので、そうやすやすと乗り換えるとは思いません。
カメラ性能も「ミラーレスでないと使えない」状況にならないと使い慣れた信頼してる現在のシステム全部を変えるなんて大変なことはしないでしょう。
そういう意味では、まだまだ先の話になると思うのですが、それまでSONYさんは頑張っていけるのでしょうか。

2017年上半期累計って、上半期に出たフルサイズボディって6月発売のCANON 6D markⅡしかないですよね。

この数字で一喜一憂するのもいかがかと思いますが、この調子で各社競い合ってもらえれば嬉しいです。

逆に僕はソニーの攻勢によって2強に期待しますね。
今までは2強が盤石すぎて市場が硬直してましたので
ソニーがかき回してくれるのは面白いですね。

最近はソニーの業績が改善しつつあると言うニュースもありました。
キャノンより抜きん出たセンサー技術や、今では必須のネット関連技術を持っているソニーなら、トップになるのもそんな未来ではないかもしれませんね。
ニコンの業績も少し改善されたと言うニュースもありましたし。
キャノン、ニコンがどう立ち向かうか楽しみですね。

たしかに今までのプロはシステムでガチガチに固められているイメージですが、最近は2マウント、3マウントも全く珍しくありません。
その中で今までの一眼レフとは全く性格の違うミラーレスを提供することで市場は新たに産まれていくのではないでしょうか?
元気の無くなりつつあるカメラ業界の起爆剤になって欲しいですね。

ここしばらくのソニーの躍進は撮像素子の性能によるところが大きいでしょう。
そのアドバンテージはカメラ好きならご存知の通り。

そしてその磨き続けた撮像素子を軸に、
不満足であったボディ、レンズの穴も徐々に埋めてきた。

既存ユーザーたちが見極めていた一線をα9で越えた気がします。

プロ市場ということになると基本的な性能のほかに
堅牢性、信頼性、汎用性、周辺機器、維持まで含めたコストパフォーマンス等も
重要でしょうからそのあたりに手を打ってくるのでしょうね。

もう一つ大きく欠けているのが実績、ですが
この勢いならユーザー数の増加に伴い自然と積み上がるかもしれませんね。

優れた瞳AFや定評のあるポートレート向きのレンズなどでポートレート撮影のプロや、動画の実績で動画のプロなどを中心に結構広まってきた感がありますね。
後はソニーがあまり得意としていなかったスポーツ撮影や過酷な自然環境での撮影の実績を積むと本格的に2強の築いてきたプロ市場を取っていけると思います。

やっぱり他社レンズをアダプタで使えるところは普及に大きく貢献してると思いますね。
サブのつもりがいつしかメインにのパターンが多いと思います。

ソニーは一眼レフが老眼や重さで辛くなってきた中高年にも人気がありますが、EVFに抵抗のない動画も撮る若い世代にも人気が高いので、年齢層にあまり偏りがなさそうなのは良いですね。

①海外向け機種は言語選択に日本語が無い。(英語は理解するが、日本語であれば直観的に分かる。)②海外に於けるSCの充実が欲しい。先ずはこれからお願いしたい。

α9に200-600のレンズを付けたのを持ったカメラマンが、平昌オリンピックの記者席で構える姿が見れるのでしょうかね?
パナはG9に200/F2.8とテレコンの組み合わせで、試験投入をしてくると言う話を聞きましたよ、両機ともに実際に投入されると良いのですがね
オリンパスはE-M1Ⅱ+300mmをスポーツ報道に投入してましこよね?

もっと広くカメラ以外にも目を向けた場合、ソフトウェアとそれがもたらすシステムについてはアメリカの一人勝ちですもんね。
パソコン、携帯電話のOS(マイクロソフトとアップル)、グーグル、アマゾン、そして金融システム。

ハードウェアの比重が大きいもので先端技術が生かされているものは、カメラや自動車など限られています。

その意味で、ソニーはニコンやキヤノンと戦っているのではないと思っています。応援しています。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

このブログ記事について

このページは、2017年11月 9日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンP900後継機は中国工場閉鎖のために遅れている?」です。

次のブログ記事は「シグマが「16mm F1.4 DC DN Contemporary」を正式発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る